103710 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

仙台の低料金で良心的な探偵事務所 JR仙台長町駅から徒歩5分

PR

Calendar

Favorite Blog

奈良公園・紅葉(もみ… New! ポンポコ爺 ちゃんさん

TOWNLIFE(タウンラ… タウンライフさん
NS-Park「お買い物の… NS-Parkさん
あるあるのブログ【… あるある63さん

Comments

辞めろ共犯者@ Re:無題(11/04) 金のためにストーカーに情報提供をしたの…
http://buycialisky.com/@ Re:仙台探偵日記(08/29) health care reform cialis viagrageneric…
http://buycialisky.com/@ Re:25日 仙台 杜の都探偵 調査日記 ネコ日記(12/25) why bathtubs in cialis commercialshigh …
http://buycialisky.com/@ Re:6月14日 杜の都 仙台 探偵日記(06/14) cialis tadalafil reviewscialis 200 doll…
http://buycialisky.com/@ Re:24日 仙台 杜の都探偵 調査日記(12/24) cialis soft cash deliverycialis geen ef…

Freepage List

Headline News

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

2018.10.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
いま、家には猫が1匹だけいます。

いま・・・という事は
以前は、4匹くらいいたこともありました。


ところで、いまいる猫ですが
名前は
「 みぃ~ちゃん 」

僕だけ
「 にゃんこ先生 」と呼んでます。

理由は、立派なヒゲが生えているからです。



のびのび の にゃんこ先生


これが、うちのボンズが帰郷すると
なぜか ボンズに怒ります。

ボンズが寝る布団に おしっこをしたこともあったのでした。

この理由は簡単でして
ボンズが家に居るときは、にゃんこ先生はボンズと 娘が大好きでした。

そのボンズが、学校の関係で、急にいなくなってしまったので
にゃんこ先生は怒っているんです。


にゃんこ先生の心の中
『 あんなに大好きだったのに 急にいなくなって! 怒ってる 』


動物にも心があるので
急にいなくなって ボンズが許せないのでしょう・・・


人も 同じですが
心とはやっかいなものです。


・・・  代表の奮闘はつづく  ​仙台 探偵

・・・  熱血探偵 ​武道日記






Last updated  2018.10.09 15:31:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

相談を受けてて  不審な依頼を受ける時があります。


依頼理由が変わったりする・・・ 笑


まあ・・皆さん言うに云われぬ理由があるでしょうから
あまり不審に思わなかったら受けますが


これがですな・・・


新米探偵さんが、依頼主だったりする事があります。


どこでも断られたようで
それをウチで引き受けた時の話です。


まあ・・
それは解決して・・・


2度目の依頼があった時の事です


「 桜田さん 無料(ただ)・・とは言いません。
  この場合 どうやるのか教えてくれないでしょうか? 」

どうも この依頼人さんは、自分が受けた仕事が出来なくて
やりかたを聞きたいようです・・・ショック




う~む・・・




ウチに弟子入りした方が いいかもしれないです・・・



・・・熱血探偵の奮闘はつづく  ​探偵 仙台



仙台探偵 ​武道日記







Last updated  2018.09.27 10:41:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
東京も暑かったですが、仙台はまだ東京ほどではありませんが
まだ 暑いです。

こんな日に、対象者が出てくるのを待つのは大変です。

だいたい車の中で待機するのですが
エンジンは掛けられないので、窓を全開にしてもまだ暑いです。



なら、寒いのはどうか・・・というと



誰もが寝静まった深夜・・・
暖を採ろうと、エンジンは掛けられません。


こちらも 死んだつもりで身を潜めています。



夜中の1時ころに出てくる・・・と読んでいても出てこない・・・



こうなると もしかしたら
出てくるのは 「 朝か?? 」


「 いやいや  夜明け前に出てきたヤツもいる 」



だんだん 車の中は、こちらの息でガラスに付いた曇りが
凍り始め

氷の箱の中にいるのと同じ状態になり・・・

この時は、僕は軽い肺炎になった・・




この仕事は 危険が いっぱいである。


・・・  熱血探偵の 奮闘はつづく  ​探偵 仙台



現役探偵 熱血 ​武道日記






Last updated  2018.08.22 11:59:46
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
武道日記​庭の梅の木に梅がなり、誰も採らないので、熟し、落ちていた。

おばあちゃんも 梅酒にするのは飽きたらしく
ほったらかしでありんす・・・汗


黄色く熟して 落ちた梅を集めてみました。







水を入れたが、これは失敗
煮て、水分を飛ばすのに時間がかかる。

赤砂糖を入れて
一晩置くと・・
泡が出ていた・・・

「  発酵してるんでねえべか・・ 」  ・・・ ( 東北弁である )




まあ・・
とにかくですな

これを煮詰めたのがこれです。



昨日までは、かなり水っぽかったので、焼酎で割ったら美味しいかも・・と
思っていたのでしたが、1日置いたらゼリー状になっていた。

焼いたパンに付けて食べてみたら
「 まずまず・・かな 」

「 もうすこし赤砂糖を入れても良かった 」


・・・ 熱血探偵の奮闘はつづく  ​探偵仙台


熱血探偵 ​武道日記






Last updated  2018.07.07 16:16:04
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
​よく簡単に考えている人がいますが・・・

「 パソコンで パッパッ とやれば出て来るんでしょ? 笑 」



100人中 ・・・ 95人 
・・・こういう人がいます



簡単に 判ると思っていらっしゃる・・・




そんな訳が・・・ない


​​

もっと具体的に・・・
「 戸籍は、探偵さんに頼んでくださいと言われて ・・・
  ・・・ お願いします 」



あのね・・・
戸籍とか・・・
それは 本人もしくは弁護士でないと
・・・それも 弁護士でも それ相応の理由がないと見れないんです・・​よ​


・・・ 疲れますだ



・・・ 探偵の 奮闘は つづく  ​探偵仙台


・・・ 熱血 探偵 ​武道日記






Last updated  2018.04.27 02:25:36
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
​やっと杜の都の仙台も 暖かくなってきて

天気がいい日は、土いじりだす。

これは、プルーンの木



去年も花が咲いたのでしたが、花が小さく  ・・・
それも 少しだけしか咲かなかったので


がっかり


それで、肥料を冬場に沢山あげました。
そうしたら、木は気を良くしたのか 今年は花を沢山つけました。

香りはしないのですが、花が小さくとも
これだけ咲くと 見ごたえがありんす。


冬場にキンカンの実を食べて、その種を鉢に植えたのでした。
それを、スズメが見ていたのか・・・ひよこひよこひよこ

根こそぎ穿り返して・・
もうどこに何があるのか
種が残っているのか・・・ 号泣

まあ・・  腹の空いたスズメを責めるわけにもいかず・・・

「  まあ・・ そんなもんだろ ・・ 」

・・・・ ​探偵 仙台


現役探偵の人知れずの奮闘は つづく ​熱血武道日記​​






Last updated  2018.04.08 19:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
調査が終わっての帰り道

ふと道端をみると、何かの果実がまとまって捨てられていた
遠めに、大き目の柚子?

と思いましたが、真近でよく見ると

カリンの実

痛んでいたので捨てられたのでしょう
その内の2個ばかり拾ってきました。


更に帰って・・その途中に
神社が・・・





金蛇神社でした。
たしか、昔・・刀工さんがいて、ここで刀を作ったという話は聞いていました。

縁起には

社名については次のような縁起が伝えられている。永祚元年(989年)、一条天皇の御代に、京都の三条に住む刀匠小鍛冶宗近が天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を賜り、名水を求めて諸国を遍歴していた。当社の鎮座する三色吉の地を訪れたところ、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれ、水神宮に参籠祈願して神恩を請い、宝刀を鍛えることができた。宗近は神の御加護に感謝し、雌雄一対の金蛇を斎鍛して水神宮に奉納し、都に上ったという。以来この金蛇を御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称して今日に至っている。

金蛇水神社は、古来から商売繁盛・金運円満の神として特に崇敬されており、その他にも海上安全や大漁祈願の神として信仰されている。

「 三条宗近つったら、名工だべや 」・・・( 東北弁で なまっているのである )

刀が好きだし
商売繁盛の神様なので御参りしました。

中に入ると、かなり古い神社という気がしました。



宗近は、この水で刀を鍛えたのでしょうか・・
いまの水は、白っぽくにごっていました。



神社の中を小川が流れており、それかな・・と思います。
これは、宗近が その水を貯めたものなのかもしれません

写真は、拾ったカリンの実
しかし、よく考えると


( カリンの隣は、自動精米所から頂いた、米糠である。いい肥料になります )


以前・・・拾ったカリンの実から取った、種で 
その苗木は、野放図状態のままなのである。





さらに野方図にしても・・仕方ないと思うのだが・・


探偵 仙台​           こちらの プログ もどうぞ







Last updated  2018.02.06 09:22:45
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​仙台は冬である。

調査員の話では、山形の日本海は吹雪いているようです。


以前こんな事がありました。


対象者が とあるアパートに入ったのでしたが
その部屋が判らなかった・・


2~3時間くらいで出てくるだろうと
アパートの全体が見えるところで待機することにしたのでした。


気温は段々下がっていき



車の窓ガラスが曇り初めました。



しかし、対象者は3時間経っても出てきません。


午前零時が過ぎ・・

3時が過ぎ・・・

この時間では、この部屋に お泊りコースが見えてきます。

この頃には、窓ガラスの曇りが・・・氷始め・・

氷の箱の中に居るのと・・変わらない



朝の6時・・
対象者がアパートから出てきて
その様子と、部屋を突き止める事に成功したのでした。



この仕事は、何気なくやっていますが・・
結構大変です。



​​​・・・​探偵 仙台






Last updated  2017.12.06 00:00:53
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
杜の都は仙台で 22年間地域に密着して探偵をしてきました。



衆議院選挙がありますが、今回の選挙は結構大事です。

​​​日本が現在置かれている状況を・・・もう少し詳しく説明します。
日本の政党には、いろいろありますが
いま日本が置かれている状況を判りやすく解説。


中国は、韓国ロシアに反日統一戦線を提示
それにそって中国・韓国は反日運動を熾烈化させています。

中国は南京事件をユネスコ登録し
韓国は、慰安婦像を世界中にばら撒き、日本を貶める事にやっきになっています。


この反日の理由は、日本の領土を奪う事です。


早い話が国際的に日本を貶め、中国が侵略のカードを切ったとき
誰も助けないようにする為です

このため、日本とアメリカを切り離そうとしているわけです。
中国は、日本とアメリカの関係が邪魔でしかたない。

このいい例が、フィリピンでした。
在住米軍をフィリピンから追い出したとたん、領土を中国に奪われました。
フィリピンはどうすることも出来ませんでした。

領土を奪われ、国民の非難がありましたが
大統領は「 中国と戦争しろと言うのか・・勝てるわけがない・・」





旧民主党は、アメリカから離れ、中国よりの政権でした。
これは間違いない。

遠いアメリカより、お隣の中国と仲良くしたほうがイイ
・・という発想でしょうか。

友達になれば、尖閣にだって、無理なことしてこないはず・・
( 自分がそうだから相手もそうだとは・・限らない これは日本人的な発想 )

当時、小沢一朗議員は、岩手から出ていますが
お隣の県だったので、よく覚えています。

訪中の時
「 私は、中國共産党軍の「野戦軍司令官」と言ってました。



中国が、日本を国際的に貶め、孤立させ、尖閣・沖縄を占領しようと
していますが ( 中国は、尖閣・沖縄は中国の領土だと言っています )
そのために策を二重・三重に張り巡らせています。

その例が、TBS 新聞朝日など マスコミの偏向報道です。
ニュースを見ていると

中立であるべき・・国営TVのNHKにも入り込んでいる事が判ります。

間違いなく・・中国のブラックマネーがマスコミ、政界に入ってきてます。


中国でもあるまいし、偏った情報を流されたら、それが真実かと思ってしまいます。
選挙では、どの政党がいいのかよく調べて投票すべきだと思います。


日本が置かれている状況は・・・・それだけではない・・・


ヘタしたら日本は、中国に領土を取られ、取り込まれてしまう危機・・もそうですが
その中国自体が、実は大変不安定な国家です。

その理由が、中国共産党というのは、派閥があり・・トップは任期があります。
順次、トップにつけば、甘い汁が吸える訳です。

判りやすく言うと・・軍も、国民の為の軍ではなく、共産党の為の軍で
これがいくつかの区に別れ、それぞれの区で、軍はそれぞれ甘い汁を吸っている・・というのが
中国の軍隊のようです。

その中で・・・習近平氏は・・・
この甘い秩序を壊してしまった・・・

これを、民衆は汚職と賄賂の構図を壊した・・と喝采ですが
その甘い汁を吸う構図を壊された人たちは・・恨みます・・

それは武装した軍を巻き込んだ恨みになってきているはず・・


更に北朝鮮の核ICBM・・

戦略的に、北朝鮮が核ICBMが完成した時
アメリカは、もう北朝鮮を攻撃できません。

この段階で・・アメリカの選択肢は・・2つしかない。

北朝鮮をその前に叩くか、核を容認するか・・・

中国は、アメリカに付くと思いますが
アメリカが北朝鮮を叩いたとき、中国が尖閣を襲う事が想定されます。

何故そう思うか・・・
アメリカは、同時に2つの戦争はしたくないはずだからです。



アメリカが、北朝鮮の核を容認した場合・・・
こんどは、日本を海に沈めると公言している国が
日本に届く核ミサイルを持つ事になります。

どちらに転んでも日本には 危険が一杯です。

日本に出来ることは、同盟を増やしながら、アメリカとの絆を深めつつ
ロシアと友好状態を作る( プーチン氏も国民も親日 )

普通の独立した国として 主権を持って
自国の防衛に努めながら、周辺諸国と同盟関係を作っていく事が、
一番いい作戦と思います。


次の選挙では、よくよく考えて投票したいと思います。






探偵 仙台



​​​

​​






Last updated  2017.10.15 08:55:24
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.11
カテゴリ:カテゴリ未分類

アメリカの大統領にはこういう都市伝説がある。
20年間隔でその年に演出された大統領は死ぬ・・・

この呪いは、部族の領土を白人に奪われ1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたインディアン部族、ショーニー族の酋長(あるいは予言者であったテカムセの兄弟テンスクワタワ)によるものとされるという。
その「呪い」は20年ごとに選ばれる大統領の死を呪ったものといわれる。
いくつかの資料では、テカムセが死んだとき彼の母親が呪いをかけたとされるが、
確固たる証拠はない。また一連の出来事が「インディアンの呪い」によるものとする明瞭な出所もない。

該当の年に選出された大統領は皆、在職中に死去した。(参考として、その期間以外の20で割り切れる年に選出された大統領も記す。)


    • 1800年 - トーマス・ジェファーソン、任期満了、退任17年後の1826年に死去した。
    • 1820年 - ジェームズ・モンロー、任期満了、退任6年後の1831年に死去した。
    • 1840年- ウィリアム・H・ハリソン、1841年4月4日に肺炎で死去した。
    • 1860年- エイブラハム・リンカーン、1865年4月14日に暗殺された。
    • 1880年 - ジェームズ・ガーフィールド、1881年7月2日に暗殺された。
    • 1900年- ウィリアム・マッキンリー、1901年9月14日に暗殺された。
    • 1920年- ウオレン・G・ハーディング、1923年8月2日に心臓発作で死去した。
    • 1940年 - フランクリン・ルーズベルト、1945年4月12日に脳溢血で死去。
    • 1960年 - ジョン・F・ケネディ 、1963年11月22日に暗殺された。
    • 1980年 - ロナルド・レーガン、1981年3月30日に暗殺未遂、任期満了、退任15年後の2004年に死去した。
    • 2000年 - ジョージ・W・ブッシュ、いくつか事故(後述)があったが任期満了、存命中である。

←リンカーン暗殺


今回が、その呪いに該当する年なんだよね・・・・

トランプ氏は、どうなっちゃうんだか・・・


心霊探偵とすると・・・笑
こういうのは・・・・『 ある 』
( 念のために言っておきます・・、こういうご相談はご遠慮します )

結論がでないし、気持ちが悪いし、怖いから・・・
素行調査・浮気調査が・得意分野です。お任せください。


以前、眼の前で見てしまった。

おばあさんがいきなり暴れだし
「 ・こ・い・つ・ を殺してやる 」
・・・と叫びながら11階のマンションの窓から飛び出そうとして
窓に向かって突進し始めた事があり・・・

これを見て・・・

あああ~、昔・なんかあったんだな・・・


こういう憎しみの炎はなかなか消えない。
年月が経っても、炭火のように、づっとくすぶってます。

縁に触れる事があると、炎を上げて燃えるようです。


末代まで祟るというのも・・
どういう状況になるかというと、憎しみの度合いによって違ってくるようです。

このアメリカの都市伝説も、オカルトチックに見れば
このインディアンの酋長さんが、アメリカの存在は許さない・・という意思表示で
それが、判るように定期的な大統領の死・・という事でメッセージを表してます。

この定期的な死・・という処に意味があります。

以前の案件で
「 うちの家は、家系が続かない。何故なんでしょうか・・ 」
というのがあった。

理由を聞けば
「 長男がみんな死ぬか・・、生きてても皆・気が狂ってしまう家系なんです。
そして、生まれてくるのは皆、女の子なんです。 」

「 でも、今のお父さんは、いるわけでしょ? 」
と聞くと。


「 長男が皆そういう状態なので、長男が絶えると、養子をもらうんです。
この原因を調査して欲しいんです。」



・・・闇は深い・・信じるか・信じないかは・貴方次第








Last updated  2016.11.11 10:24:36
コメント(0) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.