1223219 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せんだって日記

全1351件 (1351件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014.01.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
せんだって、長らく使ってたポーチが壊れた。
ケータイとタバコを入れて腰につけとくのにサイコーのやつだったのだけど、同じのがもう無いっぽい。

今度はこれ欲しい。かーわーいーいー。
これに、MOLLEシステムの小バッグとかぶらさげるんだー。


マイメロディ スクールゴムベルト

マイメロディ スクールゴムベルト
価格:1,050円(税込、送料別)







最終更新日  2014.01.10 17:46:33
コメント(1) | コメントを書く
2014.01.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさん。『厨二病ポーカー』をやりましょう。

『厨二病ポーカー』とはなにか。カードゲームです。とてもおもしろい。

cnb001

【基本ルール】
人数:2~15人くらいまで。
漢字が一文字ずつ書かれたカードがあります。
漢字を組み合わせて「厨二病」っぽい言葉を作ります。技の名前、タイトルっぽいの、病気の名前、巨大な組織の名前、なんでもいいです。「っぽさ」が大事です。
勝ち負けは参加者の合議制で決まります。

【ゲームの流れ】
●ポーカーと同じルールで各人が5枚ずつ持ちます。
●いらないカードを場に捨てて、山から同じ枚数とります。
●厨二ワードができたらコールします。そこから一周して、最後は順番にカード開示になります。
●このラスト一周の間は、山から手札を引くだけでなく、場の捨て札でいちばん新しいカードを交換することもできます(麻雀で言う「ポン」のようなもの)。制限なしで、交換が終わるまで続けます。
●コールした人から順番に五文字の厨二ワードをプレゼンし、最もおもしろかったもの、上手だったものを合議で決めて、終了です。



ちょっと流れを見てみましょう。
手札を捨て、山から取るというポーカールールで進みます。
最初の「完成しましたコール」がかかったら、ラスト一周は最新の捨て札を取ることができます。

cnb002

この場合は「恋」とか「最」とか。
交換したい人がなくなるまで続き、交換がおさまったら次の順番の人が通常通り手札を捨てます。

ラスト一周が終わったら、最初のコールの人からプレゼンです。
手札をさらすときに、どのように前置きするか、どう見せるかが大事です。実はウケることが目的なんです。

たとえば、まずはこう出るとします。

cnb003

ライトノベルの学園伝奇ものでライバルが拳を光らせて放ちそうな技名です。強引な英語読みなんかもアリです。

次の人が悔しそうにこう出します。

cnb004

惜しい、惜しいです。あと一枚足りなかった。
つまり、ラスト一周の「ポン」は手札をなんとか揃えるための救済策であり戦いの場なのです。

そして最後の人が「中2の発想ではあるんだけど……」と前置きし、こうです。

cnb005

厨二病じゃねえじゃん!
だって手札が揃わなかったんだもん!
でもおもしろかったら勝ちです。
ルールで負けてもおもしろければ勝ちです。

ならば、ということでエクストラルールで遊んでみようとなるのは必然です。
「ロマンポルノの題名縛り」「外食チェーンのキャッチコピー縛り」など、いろんな追加ルールを思いついては時間を忘れて遊ぶことになります。

ゲームの骨格がしっかりしてるのでどう遊んでもおもしろくなります。
そして、この骨格を作ったのは僕ではありません。

【このゲームの発祥】
『厨二病ポーカー』は『バイオレンス・ノベル・ポーカー(以下VNP)』が元になっています。
『VNP』は、1985年か1986年に仙台SFクラブの成澤雅紀さんが考案し、同クラブでルールが整備されました。
80年代半ばにバイオレンス・ノベルと呼ばれた小説ジャンルがありました。『VNP』はそれっぽいかっこいいタイトルを作るゲームです。完成度が高いゲーム性によってこれまでに何回か復刻されるほどの伝説的なゲームです。

大阪大学・菊池誠先生の解説
http://www.asahi-net.or.jp/~dm6k-kkc/DCFinal/VNovelPoker.html

当時、松島SF大会で遊んだ様子をSF作家の山本弘さんが雑誌に書いていました。その記事を読んだ某高校のシミュレーション同好会(TRPGを遊ぶための同好会)有志が真似ました。白紙の名刺カードと筆ペンで作れるので複数のセットができあがりました。
バイオレンスノベルのタイトルを目指してるのに「回転大熊猫」とか「怪力女子校」とか、どうしてもおもしろ方面に流れてしまいます。
というより、ルールの逸脱がおもしろくなってしまうんですね。

高校を卒業して20数年経ちました。
ライターの田下広夢 @TaoriHiromu さんが主催する「代々木ゲームルーム」に参加したことがきっかけで高校のころハマってた『VNP』を思い出したものの、しかし僕がやっていたのはもうバイオレンスノベルポーカーではない。
とりあえずインクジェット名刺カードに漢字を書いて持ってったら大好評。『厨二病ポーカー』という名をいただくことになりました。

いや、たぶんね、1986年あたりに同じことしてた奴らって日本のどっかにまだまだいると思うんだよね。同じ基本ルールからいろんな変化をした、変なセットがいっぱいあると思うんだよね。そういうの遊んでみたいじゃないですか。ゲームの平行進化っていうか意図せぬ変異っていうかさ。
過去に遊んでた人らがもっと出てくるといいなと思ってるんよ。冬眠明けの虫みたいにゾロゾロとさ。眠そうにさ。






最終更新日  2014.01.07 03:25:13
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.09
カテゴリ:life hack
本とか書籍とかマンガの「自炊」について相談を受けたので、ここらへんちょっと整理したいと思う。


基本的に本読みの人は紙で持っておきたい。だけど家の収納には限りがあって、これ以上持っておけないってところに来て、自炊を考えたり電子書籍にしたりって選択を迫られることになる。何を残して何を自炊するのか。
非/破壊スキャン→スクラップ→処分という流れ。


問題点は「収納」と「読み方」なんだと思う。


単純に量の問題だけで考えればぜんぶ電子書籍化でいいわけだけど、思い入れとかあるし。


あと、資料として読み返す場合など「ページのこのへん」とか「この厚みの部分」とかの文字以外の情報が大事だったりする。アイデア出しなどの場合、じつはそれって重要な部分だよね。


で、僕の場合は、家の容積の関係で、できるだけ処分する方向に改めた。古書マニアじゃないからできることだけど。


大事な本や好きな本は紙で持っておくけど、まだ買えるものや電子化されてるものは手放した。
売るとか図書館に寄付するとかひとにあげるとか。
文庫化されてるならそっちに買い換えた。


これからも読みたいものは出てくるし、ほかにもゲームとか模型とか映画とかあるし、一生かかっても読み切れない蔵書は、抱えてられない。


で、悩みどころは資料価値のことなんだけど。
僕は、本の中身よりも背表紙がズラッと並んだ状態を眺めるのが好きだ。それはひとりブレインストーミングにとって有効な儀式なので。


家に置いておける量なら、その中の欲しいフレーズなんかは記憶できる。逆に言うと、背表紙見て記憶から即座に呼び出せない程度では役に立たないわけだ。


問題は雑誌。雑誌は貯まるし嵩張るし資料性は高いしで、もっとも厄介な相手。


僕はやはり基本的には雑誌は処分なんだけど、欲しい部分はスキャン(またはiPhoneで撮る)して、Evernoteやtumblrに投げちゃう。PCにローカル保存もする。
それだけじゃ不安なんで、テキストを「写経」するようにする。
一度書き起こしすることで、いちおう自分で納得するわけです。記憶のチャンネルを増やすというか。だから、妻に内容を話したりもする。
このお話は「身体に入れた」と実感しておくわけです。
あとで実際に使えるかどうかはわからないけどね。


この「写経」が、「本のこのへん」とか「この厚みの部分」みたいなメタ情報の代わりになる。と思う。なればいいな。っていう。


本一冊まるまる自炊はしたことないけど、時間と手間とのバランスが取れるならやったほうがいいとは思う。


だけど、マルで自炊したい本はきっと持っておくと思うんだ。
なんとなく自炊したいっぽい本って、突き詰めて考えると、たぶん部分だけが大事だったりするんだ。
だから部分スキャンと「写経」でスクラップするか、そのまま持っておくか、どっちかになるはずなんだ。
そう思ったら、処分に関する悩みは減ったのね。


で、読まれ方問題なんだけど。


資料性についてはまあ、上に書いたようなことで。


量で困るのは、雑誌もそうだけど、マンガよね。
冊数出てるマンガをぜんぶ持っておけないじゃん、てのが昨今の売れ行き不振だったりするじゃん。


あるゲームデザイナーの方に聞いたんだけど、その人は『美味しんぼ』をぜんぶ自炊してタブレットに入れたんだって。
入浴中だろうが移動中だろうがどこででも全巻読めるようになったわけよ。


そしたら電子書籍なりの読み方ってのを見つけたらしいんだわ。


テーマを決めて全巻読み返す。あるキャラクターの視点中心にしたり、食材に絞って読んでみたり。


めちゃめちゃ再発見があるんだって。


これは電子書籍にしたことで、百を超える巻数ぜんぶを一気に読める状態だからできる、新しい読み方だよね。


だからたぶん、量の多いマンガは電子書籍のほうが圧倒的に便利で有利なんだけど、紙の本じゃないとできないことがあって。


それは「友達に貸す事」なのね。


友達に本を貸すってコミュニケーションじゃん。しかもかなり大事なヤツ。
貸し借りで二回会えるし、そのときに感想を話すのは楽しい。
自分では選ばなかったようなジャンルの、面白い本、音楽、ゲームに触れるチャンスじゃないですか。世界が広がるヤツじゃないですか。


だから、あーこれあいつに貸したい読ませたいって思うものは、紙の本で持っとくのがいいよね。なんとなく、今のところは。


絶版本は電子でどんどん復刻されるといいのに。Jコミみたいに。不良在庫にならず、地味にダラダラ稼いでくれるわけでしょ。それは著者にとっても版元にとってもすげーいいじゃん。絶版→電子化ってシステム化しちゃえばいいのに。


まとめると。
●大切な本は持っておく。
●友達に貸したいものは持っておく。
●処分する場合は「まるごと自炊」「スキャン&写経スクラップ」のどちらか。
●文庫化されてるものはそっちに買い換える。
●背表紙見ただけで記憶を呼び出せないなら自分にとって重要ではなかったと考える。
●絶版本は電子で復刻キボンヌ。






最終更新日  2013.07.09 14:30:53
コメント(2) | コメントを書く
2012.12.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
これは気になる。しかしたけえ。


積ん読本棚 幅35×高さ130cm









最終更新日  2012.12.06 03:30:40
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類






最終更新日  2012.12.06 03:20:12
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.10
カテゴリ:life hack
わが家で愛飲しているりんご酢がある。
物産展で試飲してあまりにおいしかったので一本買って帰って妻に飲ませたら好評で六本取り寄せたらちょっと多かったので義母と義妹にあげたら好評で、いまは義母がお友達に薦めてまたファンが増えているという状況。

義母が東北物産展でこのりんご酢を探していたら、ちょうど同じものを探して会場をさまよっていたおばあさんと知り合いになった、という話がある。

これじゃないとダメ、というファンが多いのだ。

事実、ハチミツりんご酢なら巷にあふれているわけだが、カネショウのハチミツ入りんご酢はモノが違う。水で割ったものひとくち飲んだ第一印象は「うわ、おいしい!」ってやつだ。

そもそもオレはこの類いの健康ヘルシーなものは好きじゃない。
だのに、おいしい、というその一点で愛飲しているわけで、これってすごいことなんだぜ。
どっかのおばあさんが物産展で探し回るのもうなずける。カネショウのはちみつりんご酢を知ったらもう他のは飲めないもの。
この夏の消費は多かった。炭酸水で割ってもいい。冷たい飲み物としても安あがりだしね。


取り寄せる時に毎度検索するのが面倒なので買い物メモ的に。

ネット販売で送料無料になるのは6000円以上からだが、いちどに六本は、ちょっと多い。ひとりぐらしのおばあさんならなおさらだ。
まあおかげでオレはまとめ買いの購入口になってポイントを掠め取ることができているわけですが。








最終更新日  2011.09.10 10:04:47
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
twitterなどでけっこう見られたんだけど。
原発の爆発以降、知的で冷静だと思っていた人たちが被曝に対しておどろくほど強い恐怖を示し、浮き足立っていたり、不安やデマを拡散したりしていた。
その恐怖心のあらわれに驚いた。

僕はそこまで放射線が怖くないからだ。

いやもちろん怖いけども。
なんというか、慌てて逃げ出したり正気を失ってしまったり冷静さを欠いてしまったりというほどではないのである。マスクしないと外出できないとか、水道水を飲めないとかにはならなかった。
信頼している理系の人たちの意見をtwitterで読んで、東京はまだそこまでの状況ではないと思っていたのだ。

しかし妻は違った。
心なしかそわそわして、ネットや本でいろいろ勉強しはじめた。

僕の変に落ち着いた態度と、即席の勉強によって、妻はほどなく落ち着いた。
つまり、視野を狭めて恐怖するだけの態度をやめた。妻が言うには「影響はわずかだろうけど、逃げ出すよりも検体として生きるほうが価値がある」ということだ。

僕と妻の、放射線被曝への反応の違いはなんだろうということになって、原爆教育の違いだってことになった。

原発がアレしたとき、妻は僕に「ピカドンが起きることは無いんでしょう」と確認したがった。
なるほど。
僕は子供の頃、あまり強烈に原爆教育を受けなかった。妻は『ガラスのうさぎ』や『黒い雨』などの教材によって「原爆は恐ろしい。核は怖い」という恐怖を教えられていた。

恐怖だけを教えられていた。

どういうふうに怖いのか。なぜ怖いのか。どこまでなら危険ではないのか。
そういうホントに大事な部分は教えられず、恐怖だけを教えられたっぽい。

原爆教育は子供の心に恐怖だけを植えつけるものだったのだろうか。

恐怖は視野を狭くし判断力を鈍らせる。もうそういうものである。

普段は知的で冷静な人が、あっというまに視野を狭くし慌てふためいてしまった。そこには逆らいがたい恐怖があったのだろうか。

恐怖は無知に根ざす。

原爆教育は、放射線の恐ろしさだけを植えつけ、対処法は教えないものだったのだろう。被曝は程度問題だから子供には難しいってのもあるだろうし。

放射線を「対処の仕方をしらない見えない恐怖」としてしか教えられていなければそうなっちゃうよね。無知のままでは怖いだけだ。

妻は数日勉強してどの程度危険なのかを知った。その結果、落ち着いて対処する用意ができた。

最近は慣れてきたとはいえ、少し前はパニック寸前だった。年寄りが無意味に水を買い占めたりな。
いや、無知ゆえに食べられる食料が廃棄されたり農業や漁業などの経済活動が縮小したりしているのはいまも同じだ。
原発が落ち着いたとしても食料は貴重になっていくはずなのに、無知からくるパニックで貴重な魚や野菜が廃棄されているのが現状だ。

冷静に対処しないといけない場合なんだから、恐怖ばかりしているヒマはない。

なにが言いたいのかって、放射線被曝に対する人々の反応の違いで。

いつからマジで逃げないといけないのか判断できる人は放射線の怖さも知ってて、プチパニックになってる人は放射線をとにかく絶対恐ろしいものというあいまいな感じに考えていて。
その差には、原爆教育、ピカドンへの根深い恐怖心があるのではないかと。
原爆教育って、どんなんでした?
「怖いから、もしもの時はこうしなさい」っていう処方箋とセットでしたか?
そうじゃないなら、それはよくないと思います。


【送料無料】朽ちていった命

【送料無料】朽ちていった命
価格:460円(税込、送料別)







最終更新日  2011.04.07 02:14:52
コメント(4) | コメントを書く
2011.03.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
生きてます。
家族も無事です。

みんながんばれ。
ケンカすんな。笑え。大丈夫。

冗談を言い合え。
身体に触れ。
眉を上げろ。


じゃ、そんな感じで!






最終更新日  2011.03.13 22:35:17
コメント(4) | コメントを書く
2011.02.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
外国から異常な量のアクセスがある。
クローラーでもなさそうだけど、これはなにごとかしら。






最終更新日  2011.02.11 01:58:30
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
去年の話だけど、敬愛する仲里依紗が出るってことで映画『時をかける少女』(http://tokikake.jp/indexp.html)を観に行った。


僕は進研ゼミのCMで「数学終わったらスイカ」っつってた時からの仲里依紗フェイバリットラーである。アニメと実写で『時かけ』を制覇した里依紗の「時かけ女優」の姿を見たいと思うのも無理はないだろう。


そして僕は『時をかける少女』というテーマは何度でも使われるべきだと主張している。アニメでも映画でもドラマでも、新人監督の腕試し的な場に、あるいは登竜門として、『時かけ』というお題がジャカジャカ使いまわされればいいと思っている。少女がタイムリープして通過儀礼的な冒険をするお話であればそれは【ジャンル:時かけ】だ。傑作から名を上げる者もいていいし、そこには失敗もあっていい。そう。失敗があっても【ジャンル:時かけ】は傷つかない。


ネタバレするので、以下注意。





























違和感というのか、これが21世紀の映画だったのだろうかという観客サイドのタイムリープ感に目眩がして面白かったです。


これまでの『時かけ』はタイムリープの原因は未来人が持ってきていたけれど、本作はお母さんがタイムリープ薬を“発明”するというSF的にひじょうに意欲的な出だし。
タイムリープのCGの奇妙なダサさはルネッサンス期の前衛のようでした。


登場人物の動機付けがよくわからず興味が右往左往した記憶があります。とくに人探ししないといけないはずの里依紗が自主制作映画の手伝いに夢中になっているところなど、もどかしくてしかたがありませんでした。


そう。


新人監督のデビュー作で「自主制作映画をつくる若者」を描くのは社則で禁止にしていただきたいです。
ばかじゃなかろうか。
高校生が書いた高校演劇で演劇部の話を描いたものは知ってるけれど、これは全国ロードショーされるプロの作品ではないですか。
マンガや小説で、新人のデビュー作がそんなふうな痛々しい自伝的なものなどありますか。映画だけですよ。
映画というメディアはかようなまでに古臭いノスタルジアや安いナルシシズムを許してしまうものなのでしょうか。
監督てめえ何様だオメエのダセェ青春なんか知ったことかクソくらえと思いながら仲里依紗の姿を観ることになろうとは、悲しいです。
がんばっている俳優たちがかわいそうじゃないですか。


しかし仲里依紗は走っていました。
あのひたむきな表情で。あの良い姿勢で。
本当にいいんだよな。
仲里依紗主演『時をかける少女』は春休みのアイドル映画です。
彼女の走る姿、それが映画です。
彼女が泣く、それが映画です。
ここまでくればもう仲里依紗は倉岡銀四郎なみのスターです。


仲里依紗の姿に充分な動機と破綻の無いストーリーを与えたらそれだけでよかったのに、制作サイドの歪んだ自己愛と映画村の田吾作センスをてんこ盛りにしたせいで役者がみんなかわいそうな感じになった映画、そんな感想をもちました。


新人監督デビュー作で自主制作映画マニアの若者がメインとか、絶対のタブーでしょう。映画屋の正気を疑う事実です。21世紀に作られた映画なんです。


しかし【ジャンル:時かけ】は失敗を許すもの。里依紗の実写がこうなってしまったのは本当に残念ですが、僕は次の「時かけ」に期待します。






最終更新日  2011.01.12 02:17:29
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1351件 (1351件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

プロフィール


せんだって日記

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

せんだって日記@ Re[1]:ちびくろさんぼ復刊に際して「黒人差別をなくす会」親子を思う(03/02) 差別主義らへさんへ 教養が「解る」とは…

バックナンバー

2019.10

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.