052127 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

緑の選挙サポートセンター   ~選挙に出ようよ~

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


タヌキ1947

カレンダー

お気に入りブログ

緑の選挙サポートセ… タヌキ1947さん

コメント新着

ゆきぼー@ Re:ずいぶん久しぶりです。(06/30) 社民党の党官僚の硬直を教えてください。
みつる@ Re:18年ぶりの再会(再び続き)(05/06) 高松市でお会いして以来、ご無沙汰してい…
タヌキ1947@ 動画があります 動画で我慢してくださいね(-_-;) とても…
タヌキ1947@ Re:今日カーは見たのですが(08/26) ryuayuさん >8:00ぐらいにカーは見たの…
ryuayu@ 今日カーは見たのですが 8:00ぐらいにカーは見たのですがご本人は…

ニューストピックス

2010年06月30日
XML
カテゴリ:参議院議員選挙
結局、参議院選挙はできなくなりました。期待した方には申し訳ありませんでした。いつか顛末を書く日が来るかもしれませんが、今はご容赦ください。
さて、この選挙は難しい。このままの民主党を許すわけには行きません。でも選挙の布陣そのものは、小沢氏が準備したものです。九月の民主党代表選には、小沢氏かその後継者が立つでしょう。彼を勝たせるためには、この参議院選は重要です。しかし、その手柄を簒奪しようとする菅氏をはじめとする、新自由主義グループがいます。この路線は、非常に危険です。特に前原グループは確信犯です。稜雲会グループとも言いますが、彼らは数年前から独自のフラクションを作り、勉強会も重ねてきました。彼らの目指すものは、彼らの主観的意図とは必ずしも一致しないかもしれませんが、小泉‐竹中政治の再来にならざるを得ないでしょう。日和見の菅氏はその御輿に乗ったのだと思われます。どうしても、何が何でも総理になりたいという執念が、菅氏の行動原理の根底にあります。これは昔から、知る人ぞ知る彼の弱点でした。僕はこれを恐れていました。最悪のタイミングで、最悪の顔ぶれで、出てしまいました。
そうなると、この選挙はどうすればいいのでしょうか。まず選挙区で、小沢氏に近い候補者がいれば問題ないでしょう。特に複数区では、小沢氏に近い人を支持すべきです。比例区はどうでしょう。社民党か、国民新党と言いたいところですが、社民党の硬直した体質はいただけません。特に党官僚は最悪です。共産党はどうか?僕は入れません。みんなの党その他雨後の筍のような新党は、論外です。幸福実現党に議席を与えてはいけません。彼らの狙いは、ナチス党の日本版だと思われるからです。悩ましい選択を迫られています。
今こそ、みどりの政治勢力がひつよな時期なのに、その重責をあえて担おうとするグループが出てきません。これがこの状況の最大の壁だと思います。僕はこの状況を突破したいと思い、香川県での試みに期待しました。しかし残念ながら、企ては実りませんでした。
ならば、準備しながら、次の機会を待つしかありません。そして、次善、次次善の選択をするしかありません。比例区は社民党の保坂展人氏を、応援します。






最終更新日  2010年06月30日 20時43分00秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.