3096021 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いい会社ってどんなだろう

石切り場のお話!!

 私は 25年間トヨタ自動車にいました。
その間 いろいろ教えていただいたのですが その中でも特に大切にしている
教えがあります。
きっと 今の立場で 社員の皆さんに呼びかけていくときの 中心の考え方になっているし これからもそうあり続けると思っています。

それは トヨタ自動車で 私の尊敬するある役員が よく話してくれた お話
なのです。
寓話に 託した 仕事に対する思いを とても参考にさせて頂いています。

 「お前 部下に教会を見せとるか?」
いつもそう聞かれていましたが・・・・その意味が分かったのは
実はつい最近のことなんです。

 教会・・・・いったいなんだと思いますか?

 後から この記事を見てくださいね
http://plaza.rakuten.co.jp/sennjyou3033/diary/200904050000/



旅人   砂漠を抜けて 一人の旅人が 歩いています。

  あるとき 旅人は 石切り場を通りかかりました。

  そこでは 3人の男が 大きな石を切り出しています。

  人に会うのが久しぶりな旅人は 男に声をかけました。

旅人:「仕事は どうだい?」

  男は答えます。

男一「きつい仕事だよ。 すごいほこりさ。暑いし 明日にはやめるのさ」

  別な男に また同じ事を聞きます。

男二「一日働くと 子供たちを養えるのさ」

  三番目の男は なんだか楽しそうです。

男三「丘の上に 今教会を作っているんだ。 そこからなら見えるだろう。
   完成すると 1000年もの間 人々が祈りをささげるのさ」



教会.jpg


そうなんです。 石切り場にいたって 彼は教会を作っているんです。

 誰が 一番仕事をするか 明らかです。

 誰が 一番 前向きでいられるか それも明らかです。


この"教会” 高校野球で言えば「甲子園」 アポロ計画の「月面着陸」 

と言う意味。

会社で言ったら 2050年ビジョンみたいなものでしょうか


やはり 目標があって それが見えていて 共有する事が大切だと 

教えてくれています。

        
このお話が気に入ったら
クリックして応援を!!
人気blogランキングへ




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.