3098847 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いい会社ってどんなだろう

2020年06月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 「モノの流れをつくる人」を再読しながら大野さんの考え方を確認しているのですが

大いに共感したことがあって これはかつて天竜清輝を経営していたときに考えていたことと重なったんです。



 それは目標値に関することなのですが・・・その赤丸は何か?と大野さんが聞くところから始まります
生産性向上の目標値を立てて頑張ります・・・という部長に対し
そんな先のことが分かるのか?と さらには分かっているならなぜすぐにやらないんだ・・・と



 著者の原田さんが理解したのは

目標値は大切だが 目標値ばかりを気にしてプロセスを忘れるな・・・ということ。
あくまで生産性向上は結果というスタンスなんです。


 天竜清輝にいた頃 今年の目標売上高は○○億円・・・という目標を立てていたこともあったのですが

果たしてこの目標は社員にとって自分事にできる目標だったのか?と考え

結局は 「自分たちが今年到達したい姿」のイメージ目標に切り替えたんです。

 プロセスを考え そのプロセスを踏んだ結果自分たちはどんな働き方をしているのだろうか?
これをみんなで話し合ってもらって 各部署ごと発表し 見学者の前でも発表する

その方が自分事になるだろうし 何よりイメージの方が親しみがわくはず・・・って


 トヨタ自動車の現場評価は対前月 対前月でどれほど生産性を高めたか?

言い換えれば先月の自分たちに勝とう・・・っていう想像しやすいシンプルな目標でした

 大野さんの教えはきっとこういう形で引き継がれていたんじゃないかって思うのですが

その延長上につくってきた天竜清輝の各部署が自主的に決める目標について

​​事業承継を記録したガイアの夜明けでは 「予算がない」という形で取り上げられました



 ​中小企業にありがち​​な問題を見つけました・・・という形で放映されていましたが​​

なんとも残念。 あの番組は 放送前に確認するなんていうことは決してしない
日本経済新聞がスポンサーの番組がスポンサーの番組ですkぁら 日経の見方は数字って

そういうことなんでしょうが・・・​​


​​ なんだか悔しかったことを思い出しながら 一方で日経は分かっていないなぁって

ちょっとうれしい記述でしたよ

人気ブログランキングにポチっと応援してくださいね







最終更新日  2020年06月27日 16時31分26秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


sennjyou3033

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.