1516151 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

韓国ソウル便り 私の韓国レポート番外編

全122件 (122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

韓国で食べる

2017.04.20
XML
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる

rblog-20170420211901-00.jpg

rblog-20170420211901-01.jpg

ジョンの盛り合わせ。日本でチヂミと言われてますよね。あれは方言で、標準語ではジョンと言います。

マッコリに合うジョン。この店に数週間後に行くと、盛り合わせがメニューから外れてました。
調理に時間がかかりすぎるというのが理由。人気店ならではの大胆な決断。普通はジョンの盛り合わせは定番ですからね。

マッコリもたくさんの種類があるのですが、最近分かったことは、一番安くて一番一般的な「長寿マッコリ」が一番うまい。

甘すぎないのが点数高いわけです。

マッコリとジョン、韓国で一番楽しい取り合わせかもしれません。






最終更新日  2017.04.20 21:19:05
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.17
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる
rblog-20170417093054-00.jpg

rblog-20170417093054-01.jpg

無事に週末を乗り切りました。(笑)
15日土曜日の北朝鮮太陽節の軍事パレードにて新型ICBMや特殊部隊をお披露目。
16日は例によってミサイルの発射と即失敗。(一線を勘案してのわざと失敗説から米サイバー攻撃による失敗という説まで)

しかし韓国で普通の日常は流れてます。
金曜日は雨の中、日本人の社長より早い時間からの飲みのお誘いでマッコリを。
土曜日は新しいキムチ冷蔵庫が運ばれてきて、日曜日の夜は日韓の社長たちと突然のミニ夕食交流会。
そこで食べたのが上の鳥。ダッカルビと看板にあったので、てっきり春川式の鉄板の上でキャベツなんかと辛く焼いたような、何とも中途半端に調理され、無意味に辛いアレかと思ったのですが、炭と網で焼く鳥でした。

参加した社長の店(狎鴎亭ロディオ付近)で、韓国ブランドのクラッチバック付きトートバックをセール価格(ま、アウトレットですね。かなり安かった)で購入して妻への誕生日プレゼントにしてしまい、お得感ありの日曜日。

今週も頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.04.17 11:14:32
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.23
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる
rblog-20170223090244-00.jpg

美味しそうに見えますか?
ノンヒョン洞「モクチャコルモク」これは食堂が並んだ道だという意味ですが、そこに行って来ました。

韓国の哲学を学んでいるという京大生、彼とは大阪で某プロデューサーの先生から紹介されたのですが、ソウルで再会して一杯やろうということになりました。

この青年と日韓関係について大いに語り合ったというか、京大生相手に日頃語りきれない思いを一方的に吐き出したみたいになりました。

もちろん彼が何かやってくれることを期待してですけれど。

料理の方ですが、二人で食べきれないほどの蒸し貝が運ばれてきました。
大きさだけで雑といえば雑なんですが、韓国焼酎のアテとして、なかなか雰囲気あるのではないでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.02.23 09:13:13
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.20
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる


韓国でも日本の「深夜食堂」や「孤独のグルメ」が人気だ。こういう番組フォーマットを日本では俗に「飯テロ」と呼ぶらしい。

「深夜食堂」に関しては、ドラマ性が非常に高いので「飯テロ」とは思わないが、「飯テロ」とは食欲を刺激し、かつ食欲の代理満足を満たす映像のことだと勝手に定義してる。

食べることは、人間の本能なわけだから、このフォーマットは、万国共通に人気のジャンルになると考えられる。

韓国では。

インターネット放送、韓国のニコニコ動画に匹敵する「afreeca TV」、僕は見てないが「飯テロ」フォーマットは当然のごとく人気だという。

韓国語では「モッパン」。食べるの「モッタ」に、放送の「パンソン」の合成語なのかと推測される。

テレビでは長らく、日本のようなグルメ番組がなかった。まだまだ生活の余裕のない、もしくは貧困も存在する韓国で国民的な意識として贅沢なレストランの紹介は憚れたのであろう。

これはかつてゴルフ番組も同様で、朴セリがLPGAで活躍する前はテレビでゴルフネタは存在しなかった。

ところが最近、料理番組やグルメ番組が登場し、料理人がテレビの人気スターとなったのである。
そうなると次は「飯テロ」の出番となるのも当然の流れ。同時にインターネット放送での人気フォーマットがテレビに流れ出すという動きと相まって、今後「飯テロ」ブームはしばらく続くと思われる。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.02.24 11:31:34
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.09
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる


最近、インスタントラーメンを食べる「飯テロ」動画にハマってる。

韓国でも日本のドラマ「孤独のグルメ」はケーブルテレビ局で流されていて、地味に人気がある。
何のストーリーのないこのドラマを年老いた義母と一緒に見ることがあったが、主人公井之頭五郎の食べっぷりに義母も「面白い」と言っていた。

ちなみに韓国語のタイトルは「孤独な美食家」

人間、自分とは何の関係もない他人様が食事をする姿を見て面白く思う不思議な動物だ。食欲が刺激されること自体が幸せを感じる要素なのだろう。(健康だから食欲も湧くしね)

あるユーチューバーの方が飯テロ動画をアップし始めた。顔出しのユーチューバーではあるが、顔が映らない、食卓を限りなく本人に近い目線で捉える絶妙な固定アングルのみで、喋りと簡単な調理(ラーメンだからね)と食べを映す。

音も良く撮れていて、グツグツと鍋が煮える音、ラーメンをすする音…うーんリアルすぎる。

画質、アングル、音質が絶妙で、就寝前に見ては無意味に食欲を刺激され幸せに浸る自分は何なのか?




さて韓国ラーメンネタはあるのかとYouTubeを検索すると留学生らしき若い日本人女性が沢山の動画をアップしていた。

こちらは画質アングル音質のこだわりはないが、うら若き女性が恥ずかしげもなく一心不乱にラーメンをすする姿が、しかも秘密であろう女性の一人暮らしの部屋の中で映し出されている、というわけで(実際はそんななまめかしい訳ではありませんよ)結構の視聴数を稼いでいるようだ。




私は、炭水化物を基本的に摂取しない主義だが、この韓国ラーメン動画は画質アングル音質にこだわり、作ってみたいと思った。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2017.02.09 10:42:48
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.19
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる


今日はサブブログであるアメブロと同じネタになります。
(MacBook Airの調子が悪いという理由もありまして…)

すごくオシャレなYouTubeチャンネルを偶然発見。
驚愕のオシャレ動画レベルと料理レベル。

料理が超オシャレな撮影アングルなどによって、あまりにも美しく演出されてまして、思わず見とれてしまいました。一人の方が料理も撮影技術も卓越されているので、もう大変なことになっているわけです。
足して2じゃなくて、相乗効果で何倍にも…って感じです。

まあ、就寝前に見つけたのでちゃんとチェックしたわけではないですが、ちらっと見た夜空のタイムラプスも素晴らしい。妻も感嘆してました。

で、美しすぎるキムチレシピの動画がありましたのでリンクしておきます。
シロップを使うところは日本式キムチですが、そんなことは関係ないですから。








最終更新日  2017.01.19 08:36:54
コメント(1) | コメントを書く
2017.01.10
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる
rblog-20170110094957-00.jpg

仕事場を出て、帰りに同僚と静かに語れるお店。
貴重な空間です。

日本はそういう文化がありますね。
もしくは一人になれるお店。

なかなか韓国で見つけにくい。
いろんなシチュエーションでお店に使い分けをしたいのですが、多様性はこれからの韓国。
ゆえにビジネスチャンスもそこにあったりするので、密かには狙っているのですが…

最近偶然に見つけて、なんか小さな喜びを感じてます。

ビールを飲ませる店。カウンターもあって、こぢんまりとしていて雰囲気もそこそこ、そしてリーズナブル。

最近はビールのお店、増えてきているようです。
クラフトビールとか、海外の多様な生ビールとか。

大型スーパーでも日本のスーパードライ、一番搾りなどのビールが日本よりも安く入手できるようになり、それ以外の多様なビールも安く買えます。
それによって韓国ビールも少し美味しくなった気がします。かなり危機感を感じているでしょうからね。

デイリーワインも含めてワインの輸入も増えているはずなので、安くワインを飲ませるワインバーなんかができてきてもいいのかなと思いますが、ワインはまだまだ割高感がありますね。
オシャレで安いワインバー、市場さえ熟成すれば面白いと思います。






最終更新日  2017.01.10 10:03:20
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.31
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる

rblog-20161231114517-00.jpg
仕事納めから忘年会への流れ。

日本のような年末年始お正月気分が微塵もない韓国ですが一般に忘年会は開かれます。
かつては日本式に忘年会と言ってましたが、近年では送年会と言われることが多くなってます。

さて言わずと知れたコプチャン。


rblog-20161231114517-01.jpg
これが一般的なコプチャンです。辛いです。
しかしこの店のメインはこちら…


rblog-20161231114517-02.jpg
赤くても辛くないコプチャン。
こちらが美味しかった。

まっ、基本のは辛いのでビールが進みます。でも韓国焼酎でやるというのが、基本かな…

韓国焼酎ですが、ソウルではチャミスル対チョウムチョロムの二強対立構造。
僕は料理に合わせやすい甘くないチャミスルがいいかと。


さて話は在日のスタッフの在日のことで盛り上がりを。
聞いてみると在日の人はアイデンティティに悩む。というか関心が強く、常に共通の話題になるとのこと。
逆にニューカマーという日本に住みはじめた韓国から来た韓国人の場合(僕の逆バージョンですね)アイデンティティーに悩まないわけで。
そして民団と総連の対立構造も外から思うほど単純ではないわけです。
彼女の場合、民団の活動をバリバリやって来たらしいのですが、妹は総連系。で、二人で互いの会長を同じ飲み会に誘おうと画策してみたりと、そんなびっくらポン的話を聞くと、人類学をやってた僕なんかすると面白くて仕方がない。

日本の国際化は、同じ日本に暮らすマイナリティと呼ばれる在日の人々と共同体をなしていくことだと僕はそう考える人間ですね。未来に対し孤立主義という方向性で進んでいくのは違うと考えますから。







最終更新日  2016.12.31 11:45:19
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.29
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる

rblog-20161229204010-00.jpg
クァメギ!秋刀魚を干した韓国の食べ物です。あまり好きではなかったのですが、魚の脂分が摂れそう!ノリに巻いて美味しくいただいてます。


rblog-20161229204010-01.jpg
僕の1番好きな韓国料理「牛肉大根汁」平凡な家庭ですが、牛肉と大根の旨味の調和は、日本では体験できません!

兎に角、今日は精神的にどっと疲労感が来た。
数年間こういうことの繰り返しだった。

でもね、こういうのは自分の足らなさなわけです。僕も課題山積みの人間なわけですよ。
心を修正して、前に向かって進んで行こうと年の瀬に頑張るわけですよ。






最終更新日  2016.12.29 20:54:29
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.25
テーマ:韓国!(12736)
カテゴリ:韓国で食べる

rblog-20161225123432-00.jpg
クリスマスイブだからではないのですが、知人の小さな忘年会がこの日になって、簡単に夕食を。

鴨鍋とでもいいましょうか、ヘルシーをテーマにしたような薬草の入った鍋です。
韓国では、痩せるとかカロリーとかの女性的健康志向というより、力を出すとか病気からの回復のような割とガチの健康志向食がテーマになる場合が多いのです。(実際の効き目は定かではないが)
韓流ドラマ「チャングムの誓い」での王宮料理のテーマもそうだったと記憶します。

スープはとでも美味しかったですね。
締めにご飯を入れて、いわゆるおじやにするのですが、白いご飯でなく栄養価が高いと言われる黒いコメが出てきました。

お店自体はごちゃごちゃしてて汚い。でも土俗的健康のコンセプトには合ってる、地元の人しか行かない店です。
気分は高揚しませんが、こちらの人に合わせて暮らしていると慣れてしまうというか、何というか…

ちなみに僕の最近の健康管理は糖質制限食です。






最終更新日  2016.12.25 12:34:34
コメント(0) | コメントを書く

全122件 (122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019.09

カテゴリ

お気に入りブログ

澳門・香港を行く (… New! としひでちゃんさん

プロフィール


whitebear319


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.