183222 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Serendipity

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

湘南通信

2009.05.02
XML
カテゴリ:湘南通信
3日目。
朝10時にチェックアウトし、この日は室内プール(25メートル×6コース)で3時間ほど泳ぎました。

相方ちゃんは元水泳選手なので、一緒にプールに行くと泳ぎに対していちいち親切に指導してくれます。

っていうか。

スパルタ。

厳しい。

なんで二人で旅行しているのに、こんなふうにしごかれているだろうか、と疑問になり、途中でじゃぐじーに逃げました。

このプールはすごぉぉく古い設備で今にも天井が落ちてきそうでした。
泊り客も滅多に使用しないプールです。

外の屋外プールはとてもきれいですが、これはまだシーズンではありませんので、室内プールはがらあき。

地元のご婦人たちの水泳教室をやっていました(みなさん元気で50メートル8本ダッシュとかやってました)

リゾートプールではなく、あくまで体育会系プール。

一番深いところは2メートル70もあり、シンクロの練習(地元のご婦人ではない・注)をされていました。

泳ぎ終わって2時過ぎ。

1時間に1本の路線バスがホテル前にくるまであと30分ほどあったのでホテル内の敷地を散歩。

おおいそ

本当に気持ち良いプール&ビーチですなー。
注:プールに水が入っていればですが、この時期はからっぽですわな。


さて。

このあとはバスで駅まで行き、今度は夕飯を目指し、東海道線と横須賀線(ええ、スカセン。ですね・笑)で逗子方面へ戻ります。

逗子駅に到着し、ここからまたバスで葉山の森戸海岸に向かいました。

森戸海岸沿いにある神社、森戸神社は小さい神社ですが、いつも来るとお参りしており、今回も夕日のきれいな海沿いを望むこの神社にお参りにいきました。

hayama


このあと、めざす定食やさんにてちょい早めの夕飯、無事にお目当ての「刺身定食」2000円をいただき、無事に帰路につきました。


大満足の2泊3日でしたとさ。







Last updated  2009.05.02 21:13:59
コメント(6) | コメントを書く


2009.05.01
カテゴリ:湘南通信
翌日29日。

祝日の湘南がいかに混むか。

それは想像を超えた状況。
従ってわれわれは10時にチェックアウトし、早めに江ノ電に乗って鎌倉へ。
(ホテルは七里ガ浜にあります)
ちなみに連休中、江ノ電を利用される方は要注意。長谷など、あまりに込んでいる駅では、電車が来ても乗れない場合があります。

鎌倉駅につき、荷物をロッカーに預けて、なんと初「レンタルサイクル」・笑!!
駅前で普通のママチャリを4時間借りて、一人1800円。
レンタサイクル屋さんはいろいろあるのですが、JRの鎌倉駅正面出口の脇が一番底値だとおもいます!!

で、おひるまで時間があるので、自転車に乗って再び海のほうへ。
天気はとてもよいですが、海岸はまだまだ風が冷たく、海水浴という人はさすがにいませんでしたが、ウィンドサーフィンを楽しむ人がたくさん沖のほうに見えました。

11時半にはいったん駅の近くに戻り、かねてより行ってみたかった居酒屋さんのランチの定食でおひるタイム。
相方ちゃんは、三崎マグロの定食900円、わたくしは生しらす定食900円をいただきました。

ボリュームもさることながら、マグロもしらすもとても美味!!!
カウンター8席ほどのぼろい(すみません)お店ですが、知る人ぞ知るって感じなのか、12時過ぎたら、外には列ができていました。
とても写真をとれる雰囲気ではなかったので残念ながら画像なしです(すみません)。

こちらはお店にほど近い場所にある、「レンバイ」こと鎌倉野菜の市場です。
農家の方々がとれたての鎌倉野菜をこちらで販売しています。
小さい市場なのですが、地元のレストランはじめ一般の方々に愛されている市場。

れんばい

ここから、また自転車です。
鎌倉は自転車で移動すると、ほんと、ちょうどいい大きさの街である、ということを実感しました。
バスや車は渋滞するし、あるくと遠いというところにもさくっといけます!!

このあとは竹寺で有名な報国寺に向かいました。
私の一番好きなお寺です。

報国寺1

マイナスイオンいっぱい!!という感じで本当にほっとします。
静かな竹林の中で、うぐいすの声がここかしこで聞こえます。

報国寺2

報国寺3

そしてこの先にあるきれいなお屋敷のあるお庭へ。
旧華頂宮邸です。

バラも植えてあり、あと半月あとがどれだけ美しいだろうか、と妄想!!

おうち

自転車でぐるぐると鎌倉の山~海をサイクリング。
風もきもちよく、体も動かし、本当に最高でした。

午後3時には自転車を返し、この日のお宿はぐっと離れて大磯に行き、大磯プリンスホテルです。
東海道線で大船から20分ぐらいでした。
駅前からホテルまでは路線バス。
みちすがら、海岸沿いには大きなお屋敷が並び、大磯が古くから保養地として大切にされていたことがわかりました。
ちなみに、私は人生「初」の大磯。
こんなにのんびりして(何もない・笑)のどかなところとは思わず、駅前で呆然としました。。

お宿のほうは、シーズンオフのお得なプライス(2名で7000円!!)で宿泊できました。

お部屋の前には広い広い、海岸が広がります。
眼下には、これからシーズンを迎える準備で清掃をしている有名なプールが広がっていました。

きれいな大磯の夕日です。。。

大磯の夕日






Last updated  2009.05.01 13:20:20
コメント(6) | コメントを書く
カテゴリ:湘南通信
ばたばたと旅行にでかけてしまい、順序が逆になってしまいました。

まず、うちの会社のGWについて

4月29日(水)~5月5日(火)までの7日間になり、6日(水)は祝日ですが会社です。

景気の波をどっぷりかぶった製造業系のわが社ですが、普段は365日のなかで祝日はGWとお正月を抜かすと、すべて出勤日なのです。
ラインのある工場や研究所だけでなく、管理部門(いわゆる一般的なデスク系のお仕事)は総務・法務・人事、等すべて合わせて出勤しています。

そのため、年間労働日数はこうしたGWやお正月、お盆などで、大型連休をもうけて調整しているわけです。

私は正規外従業員のため、あまりこのメリットはないのですが。

今回は派遣会社の有給休暇も1日使って28日火曜日から、と、1日多く連休をスタートしまして、28日、29日、30日、と2泊3日で旅行に行ってきました。

行先はいつもの(笑)、鎌倉、葉山、そして今回「初」の大磯です。

1日目は電車で都内をゆっくり出発し、鎌倉に午後3時ごろ到着。
鎌倉から由比ヶ浜に向かい、小さな商店街を抜け、そのまま由比ヶ浜まで歩くと、気持ちのよい海が広がっています。

由比ヶ浜

湘南の海は気持ちがよく、ほんと、こういうところでお弁当などを食べたくなるのですが、危険なんです。

なぜなら、上空を仰げば、観光客のごはんを狙う凶暴なとんびがぐんぐん旋回しています。

彼らは大変頭がよく、まず、人間の隙を狙います。(狙えるまで旋回して上空から観察しています)
隙ができたら、勢いをつけて低空飛行をしてきて、強烈なキックで、人間が手に持っているごはんやパンを蹴ります。
びっくりした人間が思わずそれを落とすと、すかさず、蹴ったとんびは旋回して戻ってきて、低空飛行し、落したごはんをばくっとくわえて飛び去ります。

とんびがこうなったのも、そもそもは海岸に食べ物を持ち込み、ゴミを捨てたりしていた人間の責任があるので、とんびを悪者扱いできません。
今ではこの海岸一帯には、とんびがゴミをあさらないようにゴミ箱は一切なく、また、地元の人やこの実態をわかっている人は一切海岸でごはんを食べたりしません。

もしも今後こちらに観光で行かれるかたがいらっしゃれば、たとえどんなに気持ちがよくても海岸でごはんを食べないよう、要注意です。
(親切な地元のひとは「とんびが狙うから危ないよ」と注意してくださいますが、若いカップルは「?」って感じでそのままハンバーガーとか食べていて、ものの1分後、食べ始めたばかりのハンバーガーをかっさらわれていました・苦笑)

さて、夕日の時間。
海辺の近くのすかいらーくに行くと、5月10日で閉店、との張り紙。
ロケーションはいいけど、さすがに平日の入店も少なく、景気のあおりで、いよいよ、となったのでしょう。
このすかいらーく、たぶん10年以上はここにあったのに、、、。
海の見える席からはきれいな夕日が見える席でビールを飲みました。
このあと、この日のお宿、いつもの「鎌倉プリンスホテル」に向かいました。







Last updated  2009.05.01 11:51:04
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.19
カテゴリ:湘南通信
ずいぶんまた間があいたけど、この前の湘南旅行の続き。

2日目は横須賀から鎌倉に移動しました。

この日は祝日だったので、混雑が予想されるため、早めに移動。

11時ちょっとすぎに鎌倉駅に着きましたが、駅前の混雑に辟易し、お昼御飯はここからちょっと離れた七里ガ浜のレストランtiki's tableにしました。

以前、雑誌にちょこっと出ていておいしそうで気になっていたお店。

鎌倉野菜と地のさかなの料理が看板です。

11時半オープンで、40分に行ったので2階のゆったりとしたテーブル席に座れました。
1Fはカフェっぽい感じ。

若いおにーさんのウェイターも、感じがよくてGOODです。

さて、お食事は。

すごぉくおいしかった、野菜(バーニャカウダソース添え)

sarada


さざえのピザ(プレゼンテーションは貝がのってますが、ちゃんと中は食べやすくきってあるので、ソースごと上にどかっと出してピザとしていただけます)

pizza

いわしのパスタ。(骨がカリカリにして上に置いてありました。)
トマトソースがおいしかったです。

pasuta

白ワインがすすむメニューでした(笑)

お食事のあとは、海辺をてくてく。

歩いていると、地元の凧揚げのグループが、でっかいこいのぼりがいくつも連なった巨大な凧揚げをしていました。さすがに、地面にささった杭につながれてました。
こいのぼりも、「およげたいやきくん」な気分なんでしょうな~
(まぁ、たいと違って鯉は海ではおよげないのですが)

koinobori

わたしたちは本当に海が大好きなので、海を見ているのが何より楽しく、結局また夕暮れまでずっと海にいました。

この日は、日が暮れてから界隈のお店にちょいとサンセットのカクテルをのみに行き、この日のお宿、鎌倉PARKHOTELに行きました。

(続く)






Last updated  2008.05.19 22:11:06
コメント(3) | コメントを書く
2008.05.10
カテゴリ:湘南通信
なんだか勤め先で毎日毎日いろぉんなことが起きて(ここでは書けないのが残念だー)、ばたばたしてました。

GWがあけてしばらくよい天気が続いていたのに、今日はずいぶん肌寒く、雨雨

すでに1週間ちょいたってしまいましたが、GWの湘南方面の旅の日記を書いておこうと思います。


4月28日 1日目(葉山~横須賀)

相方と去年いった葉山は、二人とも大好きな場所なので、今回も絶対行こうね~と。

朝小田急で一気に逗子方面まで行き、そこからバスで森戸海岸のほうに向かいました。
地形としては、森戸(漁村)~一色海岸(御用邸がある)~長者ケ崎(音羽の森ホテルがある)までの海岸線。

お昼を森戸近辺でとりました。
去年いったお店があまりにおいしく、今回も行くと、なんとお休みで(T0T)。

近くはいろいろレストランもあるのですが、ここまできてフレンチとかイタリアンって気にもなれない(実は入ろうとしたら、感じ悪くてやめたお店もあるし・笑)、我々はさまよったあげく、去年改装中でいけなかった「魚寅」という和食のお店に決めました。

この日はまだ平日だったのですが、おばちゃま~おばあちゃまのグループが多く、20分ほど待つことに。

ここで食べたのは、二人とも「お刺身定食」。
ごはん、サラダ、お味噌汁、茶碗むし、お刺身(5種類くらい)で1900円。
我々はこれに生しらす(大好物・笑)を頼みました。

で、でてきたのはこちら。

魚寅

お刺身は若干少な目に見えましたが、マグロの赤身が上質なところと、海老が甘くて大きくてぷりぷりしていて、原価がここにかけられているのが分かりました(苦笑)

コースの茶碗むしも美味しいし、これはバリューのある内容で大満足。

おなかもおさまってひと安心したわれわれは散歩しつつ、長者が崎まで歩くことにしました。
およそ7キロくらいの道かな。

途中、相方がかねてより食べてみたかったというこれ。

葉山コロッケ

旭屋さんという肉屋さんの看板商品です。

私はさすがにもうおなかいっぱいでやめておきました。

実物はこちら

コロッケ実物

ちっちゃっ☆(爆)
これで70円。

一口味見させてもらいましたが、「ふつうのコロッケ」でした。
おそらく、サーフィンとかやっておなかがすいたときに、揚げたてをはふはふ食べるのがおいしいのでしょうねー。

海岸を散歩していると御用邸が見えます。このかべの向こう側がそうです。

御用邸

ようやくたどりついた長者が崎。
きれいな夕焼けでした。

長者が崎

この日はここから横須賀に移動。
相方は田舎から東京に出てきたとき、しばらく横須賀で働いていました。
横須賀のどぶ板通りなどを案内してもらいましたが、女の子が一人で夜歩くのはちょっと危険な感じです。

軍もののお店やドルが使えるお店が並んでいて、海外のリトル東京のような不思議なまちでした。

横須賀の夜は近所のデリのテイクアウトとワインで食事しました。

翌日は鎌倉に移動しま~す。






Last updated  2008.05.10 13:06:44
コメント(5) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.