443479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SESAME AND GINGER

PR

Profile


amidajoe

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:強い子のミロパン(10/06) cialis soft generic link lipitor ualcoh…
バーバリー バッグ@ xnadsdaq@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
グッチ 財布@ xlfyofc@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
バーバリー マフラー@ tkaouy@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) バ…
バーバリー バッグ レディース@ jgoxmelnpgf@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…

Archives

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List

Headline News

2009年10月10日
XML
スウィート週間も、最終日です。
最後は、ウエディングに関する、ホーチミン・シティでの思い出を。


二度のホーチミン旅行の内、一度目の旅は4月の終わりでした。
その時期のホーチミンはそれはもう蒸し暑く、4人で行ったのですが、その内一人がダウンしてしまったほど。
それが強く頭に残っていた事もあり、二度目の旅は12月にしました。

12月は乾季なので、気温は30度ぐらいあるものの、4月とは比べ物にならない快適さでした。

そして、過ごしやすい季節=結婚シーズンと言うのは、万国共通のようですね。


日曜の夜、夕ご飯の後に腹ごなしも兼ねてプラプラしていると、あちこちのホテルの前にウェディングボードが飾られている事に気づきました。
それとなく見てみた三つのボードに書かれていた名前は、一組は新郎新婦共にベトナム人、一組は新郎さんが西洋人、もう一組は新婦さんが日本人でした。

「この西洋人は、アメリカ人って事は、ないよねぇ・・」とか、「凛々しき大和なでしこが日本から遠く離れたこの土地で、ベトナム人のだんな様と生きていく事を決意したのねぇ・・がんばれ!」などと、私の頭の中で好き勝手な想像が浮かんだのは、言うまでもありません。

写真は、また別の披露宴に遭遇した時のものです。
民族衣装をまとった女性達が、新郎新婦orゲストを待っているようでした。
周りが暗かったので、なお一層華やかに輝いてみえ、思わず写真を撮っちゃいました。


日本の花嫁衣裳は白、中国は赤ですが、ベトナムの花嫁さんは何色なんでしょう?
そして、やはりアオザイを身に着けるのかしら?
あの、脇から少し覗く素肌がほんのりセクシーですよねぇ。
私は実際に見た事はありませんが、高校生の制服もアオザイで、なかなかよろしいですよ。
・・・・おっと、おぢさんが入ってしまいましたわい。


スウィート週間は一応これで終えますが、これからもスウィートな気持ちで、アレコレ書き続けていきますよ~ん♪






Last updated  2009年10月10日 11時13分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[2007年12月 ベトナム] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.