442626 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SESAME AND GINGER

PR

Profile


amidajoe

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:強い子のミロパン(10/06) cialis soft generic link lipitor ualcoh…
バーバリー バッグ@ xnadsdaq@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
グッチ 財布@ xlfyofc@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
バーバリー マフラー@ tkaouy@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) バ…
バーバリー バッグ レディース@ jgoxmelnpgf@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…

Archives

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List

Headline News

2010年12月02日
XML
私が見つけられないだけなのかもしれませんが、誰も書いてくれない台湾ドラマ「鐘無艶」。

我慢しきれず、思わず自分が書いちゃいましたわ、第16話。

そのドラマが、11月28日(日)に最終回を迎えました。
結局、全19話だったのですね。

最初の頃、視聴率がいま一つだと聞いたので多分全15話前後だろうと読んでいたのですが、この長さになったと言う事は、その後少しは上がったのかな?

しかし最終回第19話は、2話分を無理矢理1話にしたような駆け足ストーリーでした。
次のドラマの開始日が確定していてどうしてもこの日で終えないといけなかった、のかなぁ。

二番手嬢・迎春が、突然韓国ドラマの敵役のような嫌な策士女になっちゃって、主人公カップル齊宣無艶カップルを邪魔しまくり、それでも足りずに自殺騒ぎまで起こしちゃうし。

でも一番あり得ない行動をさせられたのは、二番手君・拓也@秋のコンチェルトこと、霍華でしょう。

病気が再発し又視力を失って入院しているのに無艶に頼まれて齊宣に伝言を伝えに行き、その後手術は成功して目は見えるようになったものの足が不自由な状態なのに、無艶の為に迎春を諭しに行くし。
こんなに尽くしてるんだから、もっと無艶に強くアタックしろよ!と思いましたけど、病気が再発した時点で完全に身を引いちゃってるし。

ま、その功績を称えたのか最後のショットは彼でしたけど。

出演者は好きな人が多かったのですが、贔屓目に見ても「よかった!お勧め!」とは言いかねますわ。

でも、久し振りに台湾ドラマで明道君を見られましたので、それで良しとしますわ。(えらそ?)
そして、そんな事を言いながらも多分、DVDを手に入れることでしょう。

それにしても、やっぱりかっこよかった呉慷仁くん。
そろそろ次回あたりは、一番手くんに昇格かもしれませんね。






Last updated  2010年12月04日 15時04分33秒
コメント(0) | コメントを書く
[台湾・香港・中国ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.