469971 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SESAME AND GINGER

PR

X

Profile


amidajoe

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:強い子のミロパン(10/06) cialis soft generic link lipitor ualcoh…
バーバリー バッグ@ xnadsdaq@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
グッチ 財布@ xlfyofc@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
バーバリー マフラー@ tkaouy@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) バ…
バーバリー バッグ レディース@ jgoxmelnpgf@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…

Archives

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Freepage List

Headline News

2011年04月29日
XML
テーマ:中国&台湾(3417)
カテゴリ:好きな音楽
私のC-POPの入り口は、マンダリンではなくカントニーズでした。

「90年代の」香港シンガーなら、ほとんど知っていますわ。

嬉しい事にあの頃活躍していた方々の多くが、今も第一線にいらっしゃいます。
特に男性陣は。

香港四天王、しかり。

ポスト四天王、しかり。

あ~♪
この際、書いちゃお~。
(以下の人名は敬称略で書かせていただきますので、ご了承のほどを)

香港四天王(四大天王)とは、ジャッキー・チュン(張学友) アンディ・ラウ(劉徳華) アーロン・クオック(郭富城) レオン・ライ(黎明)の四人ですね。
彼らは私には、「じょん・ほっやう」、「らう・だっわぁ」、「ごっ・ふぅしん」、「らいめん」(広東語読み)です。

そうそう。
「黎明」と書いて「夜明け」の意味があるという事を、らいめん氏のおかげで知りました。
○○文明の黎明期、とか言いますよね。


ポスト四天王については不確かなので調べてみたら、こちらは色々な組み合わせがあるみたいです。

新四大天王が、ハッケン・リー(李克勤) アンディ・ホイ(許志安) レオ・クー(古巨基) エドモンド・リャン(梁漢文)の四人。

四小天王が、イーソン・チャン(陳奕迅) ルイス・クー(古天楽) エディソン・チャン(陳冠希) ニコラス・ツェー(謝霆鋒)の四人、みたいです。

この四人は、陳奕迅こそ今の香港で実質人気ナンバーワン・シンガーらしいですが、他の三人は俳優メインじゃないのかな?
一人は、トンでも写真流出スキャンダルで芸能界から引退してるし。

私が2010年に買ったBIG FOURは許志安・梁漢文に張衛健と蘇永康でしたが、この4人はポスト四天王ではなかったのかしらん?

ただの仲良し四人組? 

一方の女性陣は、ケリー・チャン(陳 慧琳 )やサミー・チェン(鄭秀文)、かろうじてフェイ・ウォン(王菲)ぐらい、かなぁ。


はぁ~書いたわぁ、懐かしい名前の数々。

満足です!


しかし2000年以降は、新しい歌手を知る情熱もなく香港POPSからすっかり遠ざかっておりました。
それが台北(台湾)にハマり、台湾ポップスを良く聴くようになり、ついでに香港ポップスもちょっぴり再燃焼。

そして知ったのが、泳兒 (ヴィンシー)と彼 陳柏宇(ジェイソン・チャン)の二人です。

まず2010年1月に香港で買ったのは、写真左の「Can't be half」。
ジャケ買いです。
かなりお顔が隠れていますが、韓国俳優チソン氏にちょっと似ている?と思って。
え~、実際はあんまり似ていなかったです。
でも、一昔前の香港ポップスとは違う程よいドライさが気に入りました。

そして12月の台北で、わざわざ香港系CDが多く置かれている西門町まで行って買ったのが、写真右の「PUT ON」。

一体彼に何が起こったの~?と思うぐらい、別人のような様変わり。
これは買うのをやめようかと思いましたもの。
だって、がんがんロックな内容を想像させるジャケットでしょ?

ところが。
聞いてみると、なんと、前作よりも良くも悪くも香港ぽい、しっとり度高めの曲が多くて、二度ビックリ!
中には、日本の歌のカバーが(「僕は君に恋をする」by 平井堅氏 and 「エール」by いきものがかり)2曲入っていました。
この選曲からアルバムの雰囲気が判っていただけるのでは?
えぇ、全般的にこんなトーンです。

中身と外身のギャップ、あり過ぎです。

試行錯誤中なんでしょうかねぇ。
日本のお笑い界みたいに香港の音楽業界は上が揺るぎない地位を築いてますから、空いている椅子を探すのは大変なんでしょう。

私には1枚目の方が良かったのですが、取りあえず、もう1枚は買ってみるつもりです。

そして。
日本から、小さく「ジェイソン、加油!」






Last updated  2011年04月29日 13時09分37秒
コメント(2) | コメントを書く
[好きな音楽] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


またしてもお邪魔します   スタッフZ さん
amidajoeさま、香港明星@90年代にもお詳しいのですね!
これはじっくり腰をすえて拝見させていただきます!

私も97~99年に中国にいたので、四天王大好きでした。
特にジャッキー・チュンが!!!あの頃、カラオケで歌う曲はジャッキーか蘇永康か鄭中基に決めてました。

ただ、広東語の難しさに挫折して、今は王力宏と陶吉吉メインで活動(?)しております!

ということで、今後ともよろしくお願いします!!!

PS 拙ブログ(FC2版)のリンク集に加えさせていただきますね♪ (2011年06月04日 00時59分05秒)

Re:またしてもお邪魔します(04/29)   amidajoe さん
スタッフZさん
私は四天王の中では、黎明でした。コンサートも一度行っちゃいましたから。
台湾では、王力宏君も好きですが、なんと言っても盧廣仲くんがお気に入りです。
いつか生るーくんを見てみたい!と真剣に願っている、今日この頃です。

リンクしていただけるなんて、光栄です。
私はリンクの仕方が未だ分かってなくて出来ないのですが、そろそろ真面目に調べてみます。 (2011年06月04日 11時42分40秒)


© Rakuten Group, Inc.