441043 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SESAME AND GINGER

PR

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

好きな物・事

2011年06月15日
XML
カテゴリ:好きな物・事
先月、とあるチャリティオークションパーティーに生まれて初めて参加させていただきました。

そこそこ張り切って参加したにもかかわらず、みなさまの男前な入札金額のつけ方にビックリするやら感心するやら。
小心者の私は、いつも初期段階で諦めてしまうトホホな次第。

でも、一つだけ。
皆さんが一息ついているような隙間を縫って、手に入れたのが、これです。

            ハトカー3.jpg
ハトカー(×パトカー)ボールペンを、400円でゲット。

ただの鳩じゃございませんのよ。

            pic.jpg
私の大好きな豊島屋の鳩サブレーの、ハトです。

実際使ってみるとかなり重くって実用性は低いんですけど、机の引き出しを開くたび、これが目に入ってホンノリ癒されています。


・・・と、話を締めるつもりでしたが、アップする前にいつものように一応調べてみたら。

あらん♪

これって、車輪がちゃんと動くなぁと思っていたら、なんと、この車の部分はボールペンから取り外してミニカーとして使えるんですって。

チョロQ(?)みたいに、少し後ろに動かすとピューンと前に進みます。
その上、定価600円でしたので何気に安く買えてたんですね、ワタクシ。

それに本店でしか買えない、なかなかレアなボールペンだったようです。

大事にいたしますわん♪






Last updated  2011年06月15日 11時07分25秒
コメント(2) | コメントを書く


2011年06月11日
カテゴリ:好きな物・事
IAT(居酒屋あやしい探検隊)に勇気を振り絞って入隊してから、私の狭い交友関係もすこぅし広がりまして。

最近は、副隊長のikechanさんを介してEcafe(英語で会話&美味しい物を食べる会)にも、時々参加させてもらってます。

そこでおしゃべりした、私同様IATの隊員&ブロガーでもあるAZAさんの、料理が出される度に撮影されてるカメラが、カメラが、なんか・・

            po1_img2.jpg

素敵!

前のめり気味な気持ちで「そ・それは、どんなカメラなんですかい?」と伺うと、リコーのGXRだそうで。
少し前に一眼レフカメラ道に足を踏み入れたikechanさんが「これってなかなか通好みの機種なんだよ」と教えてくださいました。

コンパクト一眼になるのかな?
でも、レンズを交換するのではなくレンズ部分(ユニット)を交換するので、レンズにホコリが入る心配が無いんですって。

いいなぁ、いいなぁ。

でもでも、ルミックス一眼を買ってまだそんなに経ってないしぃ・・。

ダメよ、ダメよ、ダメよ、ダメよ。わたし!!


しかし、翌日から理性に反してググりまくる右手が~バイバイ

それでも価格.comや買った方の感想を読んでいる内に、次第に気持ちも落ち着き、やっぱり一眼は贅沢だわ~と欲望の炎は鎮火しかけました。

ところが、

どっこい。

検索しているうちに目に入ってしまった同じリコーのコンパクトデジカメGR DIGITAL IIIに、気持ちがグラグラ。ぐりとぐら。

コンデジの割に定価はかなりお高いのですが、発売から2年近く経っている為、幸い(不幸?)な事に、3万円台まで価格が下がっています。

そうなのよねぇ、ルミックスは小さいとは言えバックには入れづらいのよねぇ。

え~、え~。



・・・・・・・・・・ぽち。

            リコーカメラ.jpg
買っちゃった~♪

るん♪♪

F1.9と1眼並みの明るさのレンズ。
マクロ(接写)も1cmまでOKと、私好み!
ブログ用の写真を撮るのに、ピッタリじゃありませんこと。

まだまだ使いこなしきれていませんが、今のところの感想は、色合いが心持ちクールかなぁ。
でも、満足です!

後は・・可愛いストラップが欲しいかなウィンク


おまけ
私が購入したのは、楽天の「デジカメ.オンライン」で。
SDHCカード8GB分(4GB X2枚)+液晶フィルムもついてのお値段なので、ほぼ底値ではないかと思いますわ。






Last updated  2011年06月11日 11時02分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年05月21日
カテゴリ:好きな物・事
昔々。
姪が小さかった頃、キュウリやプチトマトの家庭菜園を少々しておりました。
可愛い姪に野菜を摘む楽しさを味あわせてやろうという、優しい伯母心です。

その姪も今ではすっかり小憎らしく成長し、いつの間にかホームセンターに苗を買いに行く事も無くなりました。

その同じ頃に、ジントニックのお供にと買ったのが小振りなライムの木です。

ご存知のように我が県は柑橘類の生産地として有名です。
温州みかんとか、伊予柑とか。
あぁ、今は清見とかハルカとかセトカとか、女子の名前みたいなのも沢山出てますね。

そして、檸檬も沢山収穫されています。
国内産として売られている檸檬って、愛媛産がそこそこあるんですよ。

うちにも2年ぐらい前に母が気まぐれに買って来たの檸檬の木が1本、ひっそりと生息してます。
去年は3個ぐらい収穫出来たのかな。

いか~ん。
またしても話が横道に入ってる!

私の、ライムの木の話でした。
一昨年はこれまで最多の17個収穫出来たので、こりゃぁ翌年は裏年だろうと思っていたら、案の定、去年は0個でした。

そして、今年。
春先に肥料をパラパラ撒いたのが功を奏したのか、沢山の白い花が咲きました。
            ライムの花1.jpg
みかんの花に似てますね。

            ライムの花2.jpg
そして、花びらが散った後にクコの実ぐらいの大きさのライムの赤ちゃんが。
全ての花が実を付ける訳ではなくて、割合で言うと5個に一つぐらい、かしら。

実を持っていても大きくなる途中で落ちてしまう事もあるのですが、さぁて、今年は何個収穫出来るかな?







Last updated  2011年05月24日 16時43分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年05月04日
カテゴリ:好きな物・事
只今、BS日テレにて毎週木曜日夜11時より放映中の台湾ドラマ、「モモのお宅の王子さま」。

既に全話視聴済み、DVDだって持っている、にもかかわらず。
美しいデジタル画像の可愛いレイニーちゃん見たさに、再再再度チャンネルを合わせておりますわ。(以前書いたドラマの話は、ここからどうぞ)

先週は、MARSの再スタートの為に身を引いた黙黙(モモ)でした。
誰も悪意を持っていない、みんなそれぞれが相手を思っての行動なのに・・・。
だからこそ、歯がゆくて切ないのですね。

今週は更に!モモの切な可愛さアップですからダブルハート


ところで。
私がこのドラマを初めて見た時、レイニーちゃん以外に目を引いたのは、モモの暮らしている家、の壁紙でした。

            壁紙1.jpg
リビングの黄色いお花もいいし、

            壁紙2.jpg
モモのお部屋のピンクのお花もラブリー♪


実は、ですね。
私の部屋の壁紙が、窓を明けっ放しにしたまま外出した為に(それも数度)できた雨染みが気になってまして、このドラマを見るたびに、あんなのに張り替えたいなぁと思ってましたの。

そこで、知り合いの内装業者さんに依頼してサンプルを何枚か取り寄せてもらったんです。
            壁紙3.jpg
ドラマのような、あんなに鮮やかな花柄は見つけられませんでした。
かろうじて、写真下の花模様が一番大柄なんですが、色が・・。

柄も大切ですが、色も重要。
オレンジ系か黄色系の壁紙にしたかったんです。
でも、この花柄はベージュ。

それならいっそ派手さで写真左上のストライプにしようかとも思ったり、心揺れてゆらゆら悩む事1年。



            壁紙4.jpg
結局、私は無難な日本人でした。

私が使用しているコンフォーターケース(掛け布団カバー)がどれも大柄なデザインだった事もあり、細いオレンジ系ストライプ、遠目には無地の様に見えるものを選んじゃいました。

ドラマのお部屋のようには出来ませんわね~。

やっぱり。






Last updated  2011年05月04日 10時38分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月28日
カテゴリ:好きな物・事
2011年、春の砥部焼まつり。

私にとって毎年恒例の行事ですが、ここ何年か、あまり購入はしていませんでした。
欲しかった器は既に揃い、食器棚も一杯になってしまいましたので。

でも、今年は「日本経済復興の一助になれば」と、かなり買う気で向かいましたの。
たとえ微々たる消費でも、0よりはマシでしょうから。

               2011 砥部焼祭5.jpg

砥部町の体育館に数多くの窯元さんが参加して、毎年盛況なこのおまつり。
ほとんどの物が定価の2割引で買う事が出来ますからね。
段ボール一杯買って帰路につく方もよく見かけますよ。

砥部焼は、普段使いの食器としては少しお高めの値段です。
それは、ぽってりと厚い(土を多く使う)ことと、その多くが手作り成形・手書きの図案だからだと思います。

ぽってりと厚い=重いんですけど、その分丈夫ですし保温性も高いと思います。

            2011春 砥部焼祭.jpg

私が買おうかなと思っていた窯元さんは残念ながら参加していませんでしたが、竹山窯さんで30センチぐらいの角皿&小振りの湯のみ2個を購入いたしました。
大皿で3600円でした。(多分定価は4500円)
絵柄があまり砥部焼らしくないですが、たまにはこんなのもいいかな、と。

サンドイッチやカップケーキなどをのせて、優雅なティータイムを満喫しようかしら~。






Last updated  2011年04月28日 11時02分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月26日
カテゴリ:好きな物・事
「猫に小判」猫

「ブタに真珠」ぶた

「無用の長物」

「宝の持ち腐れ」

つまり・・・「身分不相応で無駄」ってことですね。

周りも、自分もそう思うのに、買い替えてしまいました。

スマートフォンを。
それも、iphoneではなくdocomoのレグザフォンを。
「docomoでiphoneが使えるのを待つ」と言っていた、く・せ・に。

女心なんて

♪風の中の羽のようにいつも変わる~♪んですのよ。


意を決し、鼻息荒く買いに行ったのは去年12月20日頃でしたが、手に入ったのは一ヶ月以上経った今年1月下旬でした。
私が買おうと思うくらいですから、スマホ人気が上昇しているのでしょうね。

そして、よくわからないままそれを手にオーストラリアに行き、よくわからないまま帰って来ました。
当然、「必要な情報を携帯にサクサク入れて」なんて芸当は、出来る訳ありません。
かろうじて、シドニーに着いてからと帰る時の電車の時間を自分でポチポチ「スターメモ」に入れられたぐらいです。

あ、電話はかけられました。(当たり前!)


そんな情けない私が今までになんとか出来た事は。

家でwifiが使えるので、携帯も普段は3Gをカットするようにしたこと。
3G機能にしていると数日で上限金額になってしまう、と聞いたので。

それから、いくつかの無料アプリ(青空文庫やゲーム、英語と中国語の辞書機能)を入れたこと。

たまに音声検索して遊ぶこと。(嵐のauCMでその機能に気づいた私)
タップ(指で操作すること)が多少スムーズに出来るようになったこと。

そんなもんですわい。
普段は「不携帯電話の女」と言われているワタクシですから。


不満が一つ。
以前のFOMAより電池の持ちが明らかに短いです。
ちょこっとゲームをすると、あっという間に減ります。
他のスマートフォンも、こんなもんなのかしら?

それ以外は、満足していますわ。

相変わらず不携帯電話ですけどあっかんべー






Last updated  2011年04月26日 11時02分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月20日
カテゴリ:好きな物・事
「3月休みなし」の敵(かたき)を取るかのように、休みの日は出歩いております。

とはいえ、今回はほぼ毎年出掛けているお祭りです。

それは。


               2011 砥部焼祭2.jpg

春の砥部焼まつり!

自称「地味な砥部焼応援団」ですから。
団員は一人ですけど、ね。

私が見た感じでは、例年とほぼ変わらない人手のようでしたが、実際はどうだったのかな?
沢山売れていたらいいのですけど。

            2011 砥部焼祭1.jpg

会場前で、ちょうどイベントが行われていました。
ご近所から招待された「ユルキャラ」くん達です。

あらん、左端にいるのは去年「秋の砥部焼祭り」で一緒に記念写真を撮った地元の「とべっち」くんです。
一緒に写真を・・と言う勇気が今回は出ず、遠くから見ているだけでしたわ。

               2011 砥部焼祭3.jpg
外会場には、「陶器神社」も設置されていました。
それぞれのお椀に馬が書かれていますが、砥部焼と馬は何か関係があるのでしょうかね。

               2011 砥部焼祭4.jpg

また、いろいろな食べ物・飲み物なども売られていたのですが、そこで私が買ったのは、「清見タンゴールド 生絞りジュース」(250円)です。

注文すると、可愛い女の子達がその場でスクイーズしてくれました。
そうそう。
自慢じゃないですけど、我が街の「カワイイ女子率」は、結構高いんですよ。
嘘だと思うなら、伊予美人を確かめに来て下さいませ♪

と、チラッと観光アピールをしてみました。

「可愛い女子が絞ってくれる生ジュース」は、1杯に3個以上の清見タンゴールドが使われている、なかなか贅沢なジュースです。
柑橘王国、愛媛ですから。
量もたっぷり、お味も酸味が程々で美味しかったですわん。


肝心の砥部焼ショッピングについては、またその内に~♪






Last updated  2011年04月20日 10時03分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月19日
カテゴリ:好きな物・事
こう見えて、香りに敏感なワタクシ。

苦手な香りが多くて、強い香りのオーデコロンを嗅いで気持ち悪くなる事も度々あります。
百合の花の香りも、ダメですねぇ。

一方、最初は苦手だったけどその内気にならなくなった匂いもあります。
例えば、香港のご飯の香りとか。

香港のインディカ米(粘り気の少ない長粒米)の香りが苦手な日本人って案外多いと思いますが、私は最初こそ気になりましたけど、今では「美味しそ~な香り、ジュルゥ♪」とパブロフの犬になっちゃいます。

そして。
疲れた時、沈んだ気持ちの時、それですっかり持ち直す・・・とまでは行かなくとも、気分を癒してくれる香りもあります。


そんな私の、最近お気に入りの香りは、これですの。

               2010 11月28.JPG

柔軟剤です、奥さん!

一時、ダウニーの香りに凝った事もあったのですが、その当時置いてあるお店(ドンキー)がうちから遠く、その上、行く度に種類が減っていくので段々足が遠のき。

その点、この柔軟剤「ハミングフレア フレグランス・コレクション」は、近所の大きなスーパーで買えます。
一般的な日本の柔軟剤よりは多少お高めの値段ですが、角のない柔らかな香りなんです。
これを使うと、取り込んだ洗濯物たたみの面倒さも、ちょっこし優雅な気分で助けてくれますの。
たたみながら、時々タオルに顔を近づけてクンクンしてしまいます。

3種類ある香りの中で、私のお気に入りはティアラ。
心持ちアジアンな香りです。


我が街の場合だと、時期にもよりますが、今のところヤマダ電機が底値です。
家電子ちゃんがヤマダ電機に行くと必ずこの売り場に立ち寄り、値段が安い時に大人買いしてますわん。






Last updated  2011年04月19日 11時02分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月08日
カテゴリ:好きな物・事
日本の、多くの家庭にあるであろうオーブンレンジ。

でも、殆どはレンジ機能しか使ってないんじゃありません?
かく言う我が家のオーブンも、たま~にケーキやパンを焼く位です。

数ヶ月前、うちの15年ぐらい使っていたシャープのオーブンレンジの寿命が来てしまい、買い替える事になりました。

今回も、シャープ?

それとも、パナソニック?

はたまた、東芝?

い~え。
家電子ちゃんが買ったのは、これ。
            2010 12月1.JPG

リンナイ、です。
電気ではなく、ガスオーブン電子レンジ、です。

買ったガス屋さんに「滅多に売れない。この3年ぐらい売れた事が無い」と言われてしまった、ガスオーブンです。

売れないのも判ります。
だって、今時レンジ機能がめちゃショボイですから。
最大レンジ出力1000W当たり前の世の中なのに、500Wですから。
「牛乳を温める」なんてワンタッチ機能なども、全くありませんから。

でもね。

欲しかったの。

ガスオーブンが!


なのに、買って数ヶ月経ってもオーブン未使用で、ママンから「どうしてコレにしたの?」と批判を浴びていたワタクシ。
が、先日、とうとうガス栓を開けましたわ。

無印良品で買ったケーキキット「シャルロットケーキ」を買いましたので、姪相手に、スパルタお菓子教室です。

無印のそれは、殆どの材料+紙の型まで入っている便利なキットです。
その上セールで安かったんですの。

周りのスポンジ部分を作るのに物差しとペンが必要だったりと多少面倒臭かったですけど、直径15センチのケーキが一応それらしく出来上がりました。
            2011 3月8.jpg

写真はそこそこ素敵に撮れてますが、実際は壁面のスポンジ部分が割れたりしてます。
でも、二人には満足な出来でしたわ。

そして、やっぱりガスオーブンは電気より「いい!」気がいたしました。

思い込みかもしれませんけど、ね。

次にいつ利用するのかわかりませんけど、ね。






Last updated  2011年04月08日 11時36分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年03月17日
カテゴリ:好きな物・事
私の新しいパソコンの左上に、チョコンと彼女が小首をかしげて座っています。
少し前に写真を載せた、彼女です。

彼女は、古いパソコンの左上でも座っていました。

   2010 9月16.JPG  こんな風に。

そんな訳で、古いパソコンから新しいパソコンに引っ越した彼女を、私は「ロッタちゃん」と命名しました。
えぇ、「ロッタちゃんのひっこし」です。

ご存知です?

ロッタちゃん。

何年か前、映画がちょっと話題になりましたよね。
ロッタちゃんと彼女の友達「ブタのバムセ」(ぬいぐりみ)が。

映画の題名は「ロッタちゃん はじめてのおつかい」でした。

51AfcrzEAEL._SL500_AA300_.jpg

でも、元々はスウェーデンの児童書です。

51BPMAV5X0L._SL500_AA300_.jpg 
世界のどうわ傑作選 「ロッタちゃんのひっこし

私が好きだった世界子供文学全集の中にこの本があった、と思います。
小学校の頃、図書館で借りてこの全集をよく読んだなぁ。(ものすご~い遠い目のワタクシ)


ある朝とても機嫌が悪いまま目が覚めたロッタちゃんは、お姉ちゃんやお母さんと喧嘩して、ブタのぬいぐるみ・バムセと近所のおばあちゃん家に引っ越しちゃうんですよね。
最初は鼻息荒くおばあちゃんが用意してくれた屋根裏部屋を片付けたり飾り付けたりして悦に入っていたのに、夜になると寂しくなっちゃって、結局半べそを書きながら家に戻ることに。
でも、自分のベットの中で「あの部屋も、私の部屋よ」みたいな事を思いながら眠りにつく、最後まで小生意気なロッタちゃん・・だった様に思います。

なにせ何十年も前の事なので、内容に今ひとつ自信が無いのですが、大きく違っては無い、はずです。
このロッタちゃんの本は、他にも2~3冊あります。

「チクチクするから、いや!」とセーターをはさみでジョキジョキ切ったり、下から屋根裏部屋の窓を介して食べ物を受け取る為にロープ付きバスケットを作ったりするロッタちゃんが、なんとなく羨ましかった小学生の私でした。


生意気でワガママなロッタちゃんですけど、微笑ましくて、ほんわり癒されるお話ですよ。






Last updated  2011年03月19日 10時11分35秒
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.