000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SESAME AND GINGER

PR

X

全9件 (9件中 1-9件目)

1

盧廣仲(るーくん)

2011年05月28日
XML
台湾人アーティストの中で、ワタクシ一番のお気に入りは、彼♪

盧廣仲(ルー グァンジョン /クラウド・ルー)君です。
私の周りで彼の事を知っている人なんぞ皆無ですから、一人でひっそり応援しています。

一人=乏しい情報収集力なので、未だに知らない事だらけ。
ライブをしているみたいなんですけど、いつどこでやっているかなんて全然分からないし。

るーくん!

せめてブログで告知ぐらいして!
なんで去年秋から全然更新されてないの~?

そんなだから、彼について何か書きたくてもネタがありません。
せっかく、彼の為のカテゴリーも作ったのに・・・。

あ。

去年の12月に1日がかりのコンサートが開かれた事は、かろうじて知ってます。

でも、これも、ねぇ。
私が台北から戻って来たその週に開かれると知った時の悲しみったら。

と言っても、チケットは瞬く間に売り切れたそうなので、知っていたとしても行ける可能性なんて無かったでしょうけど。(と、自分を慰めてみる)

せめて、このコンサートのライブCDかDVDを買いたいと思っているのですが、今のところはまだ発売されていないみたいです。

まさか、出ないってことは無いよね?

るーくん?

            盧廣仲くん1.jpg
今の所、彼の一番新しいCDは、去年の夏に出たこれ。
4曲入りのEP盤「四菓冰」です。

演奏はほとんどギター(or ウクレレ?)のみの、シンプル&手作り感たっぷりのCDです。
あぁ♪
相変わらずの耳に心地よい歌声ですこと。

ただし。
2曲目が、切ない曲調で「拜託 ? 不要 不要・・(お願いだから~しないで)」と歌っていたので、失恋ソング?と歌詞をちゃんと読んでみたら、なんと、

蚊子?
蚊の話?

蚊に寄って来ないでと言う歌、ですか?

う~ん・・・。

でも、好きだけど。

               盧廣仲くん2.jpg
ついでにこちらは、アルバム「七天」制作時の彼の姿を追ったDVD「革命前夕的録音日記+」です。

以前、何かでチラッと書いたのですが、台湾らしい、ゆる~い「情熱大陸」のような内容です。
真剣にアルバムを作ってはいるのですが、ホントにユルいです。

印象に残った事と言えば。
最近はほとんどデジタル化で機械に頼る事が多いと思っていましたが、彼の場合はアナログな部分も少なくないみたいですね。
「再見勾勾」の手拍子を、スタッフと共に手が真っ赤になるまで録音してましたわ。
あとは・・後半、るーくんの家族(パパがわりと男前)も出て来ました。

自分は買っておいてなんですが、よほどのファンでも特に買う必要はないでしょう。(ファンにあるまじき発言?)


本日これを書いていて気づいたのですが、フルアルバムが出たのは一昨年の秋だったんですよね。
てことは。
ライブCDもですが、そろそろオリジナルフルアルバムが出てもいいのでは?

両方なんて贅沢は言いませんから、取りあえず、どっちか出して~!






Last updated  2011年05月28日 11時30分40秒
コメント(1) | コメントを書く


2010年12月29日
年の瀬も押し詰まってきたと言うのに、私が書くのはこんな事。

私がブログを始めたのは去年の7月でした。
そして最初に書いたのが、彼・盧廣仲(CROWD LU)くんのアルバム「100種生活」でした。

 2010 12月14.JPG いいんですよねぇ、このアルバム。

一時は、何日もこればかりエンドレスで聞いてました。

その後も彼のCDは何枚も買っています。(「七天」とか)

そして。
台北の街で、ホテルのテレビで、彼を見かけると嬉しくって写真を撮りましたとも。
こんな話こんな話こんな話

そればかりか、台北の地下街で懐かしのマジンガーZを見つけても、「彼の歌に無敵鐵金剛ってのがあったわぁ・・」などと思う私。(こんな話

もう、一人前のファン!だと思っておりました。

しかし、実は!

1年半以上彼の苗字を間違って覚えていた、トンデモ野郎でした。

そんなだから、私が台北から帰った同じ週に彼のコンサートがあったりするんですわ。

えぇ、罰ですね。

とってもいいコンサートだったらしいです。
はい、そうでしょうとも。

彼はサービス精神旺盛らしく、なんと朝から夜まであったそう。・・行けた人が、羨ましい!

えぇ、えぇ。
苗字さえ正しく覚えていない私に、行く資格はございませんとも。




・・・・でもね。

彼のそのコンサートの告知CMを見たら、ナンカ見覚えがあるものを彼が持っているんです。

 2010 12月13.JPG それが、これ。

ある友達が「私っぽい」とプレゼントしてくれたんですよ、これ。

明和電機のオタマトーンです。
音符の線の黒い部分を押さえると電子音が出る、単純な楽器です。
押さえる場所によって音の高さを調節でき、音符くんの頬を押さえると口が開いて音が少し震える仕組みになっています。

正直、たんすの肥やし状態(友よ、すまん!)だったのですが、「いやん、同じ物持ってるぅ」と、ちょっと嬉しかったワタクシです。

やっぱり、細~~い縁があるのかしら~♪るる~♪
思わず盧(るー)君カテゴリーを作っちゃいましたわ。過去の記事も、こちらに移行するつもりです。


とりあえず、コンサートのライブCDが出たら、きっと買いますわ、盧(るー)くん。






Last updated  2010年12月29日 11時16分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年12月06日
私の台湾お気に入り歌手ナンバー1は、廬廣仲くん。

私は「るー君」と呼んでおります。(ファンの間では「隊長」と呼ばれているらしいですけど)
あ、一応英語名もお持ちで、えっと・・Crowd Luだから、クラウドくん?
でも、おそらくこの英名を台湾で呼ばれることは、まずないでしょう。

台北で彼の姿(勿論実物ではなくポスター等で)を見かけると、周りの目も気にせずカメラを向けちゃうぐらい好きなくせに、なんと彼のブログを今日の今日までチェックしておりませんでした。


なぜか、どこか、抜けているワタクシ泣き笑い


兎にも角にも、どれどれ・・と覗いてみると・・・・・・


なんですと~?

12月18日に、コンサート?

そして、その告知は10月の中旬から既にされていた~。


それを知っていても行く事はおそらくなかったでしょうけど、でも、なんか悔し&悲し。

結構大きな体育館で行われる(小巨蛋)ので、今もしっかり人気があるのでしょうねぇ。
赤の他人な日本のお姉さんは、陰ながら喜んでおりますわ。


多分、日本からコンサートに行く人もいらっしゃるでしょうね。
ブログをお持ちなら、少しでいいですからコンサートの楽しさを報告してくださいね目がハート






Last updated  2010年12月06日 16時05分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月25日
4月の台北で。

何時のようにホテルの部屋でゴロゴロしながらテレビを見ていたら、ルー君がCMに出ていて、「まぁ、びっくり!」だった話を以前書きました。(詳しい話は、ここ )

ルー君とは、台湾の私のお気に入りシンガー盧廣仲くんです。
過去に彼のアルバム、「100種生活」や「七天」の話などを書いています。

彼は、ビジュアル的にはお世辞にも「帥(ハンサム)」とは言えない外見です。
見た目だけで言うと、アキバ系お笑いタレントのよう。
マッシュルームカット・黒縁めがね・Tシャツ・半ズボン、にギターが彼の基本です。

私は、彼の唄と彼の声が、好き。

少しこもった柔らかい声で、飾らないシンプルな歌を歌ってくれます。
それに格好だって、実は何気にお洒落だと思います。

台湾での人気の程度はわかりませんが、ソコソコはあると思います。CMに出るくらいですから。

そう。
だって、テレビだけじゃなく街中でも見かけちゃったんですから。

             2010 春台北 37.JPG

まずこれは、コンビニの入り口に張ってあったもの。
TVCMと同じ商品ですね。
まぁ、髪の毛のキューティクルが天使の輪だわぁ。(褒めるのが、そこ?)

             2010 春台北 47.JPG

そしてこちらは、バスの側面に張られていたクレジットカードの広告。
あら、歯並びが綺麗。虫歯も無いみたい。(・・そこ?)

この写真は、信号待ちで止まっていたバスを撮ったのですが、何枚も撮っていたら通り過ぎる台北小姐に笑われちゃいました。
ちょっと恥ずかしかったです。

「ルー君たら、出世したのねぇ。お姉さん、嬉しいわ」と、なんだかウキウキしてしまい、普段なら買わないような彼のレコーディング過程を撮影したDVDまで買ってしまいました。

これが、台湾らしいヌルイ「情熱大陸」のような内容でした。

でも、私は嫌いじゃないよ、ルー君。
いつか、あなたのライブを見てみたいです。






Last updated  2010年12月24日 11時43分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月06日
テーマ:中国&台湾(3307)
皆様におかれましては、楽しい黄金週間を過ごされましたか?
ワタクシは体調がいま一つで、おうちでTV三昧でございました。それもまた、楽しからずや・・。


さて。今日も台北のお話です。

旅先でホテルの部屋にいる時は、ずっとテレビをつけっぱなしにしています。
私の台北での定宿はチャンネルが100以上あるのですけど、私が見るのはほぼMTVとドラマ(台湾&韓国)のみです。チャンネル数にして、せいぜい5局ぐらいでしょう。

そんな偏った視聴ですから実際とは少し違うのかもしれませんが、きょうは台湾のCMを見た私の感想を少々。

私が見た限り、今の台湾CM女王はドラマ「敗犬女王」主演の楊謹華(シェリル・ヤン)嬢です。
少なくとも、4本のCMに出てらっしゃいました。
その内の一本は、「敗犬女王」の相手役・阮經天(イーサン・ルアン)君との、ドラマそのままな、お熱いセクシィースチュエーションだったので、ナカナカ羨ましかったです。

一方のイーサン君も、リプトンのミルクティー(テトラパック)のCMにも出てました。
これって、前の旅までは王力宏(ワン・リーホン)君が出ていたのを見ていた覚えが。
リーホン君は、暫くCD出してませんもんねぇ。

現在BSで放映されている「桃花タイフーン」の、三男兄ちゃんも、クォーカーの飲むオートミール(北海道味?)のCMに出てました。見慣れない商品だったので、ちょっと買ってみようかと思ったのですが、現品が思いのほか大きかったので諦めました。


などと書いています

ワタクシが一番 ビックリ&嬉しかったのは、なんと言ってもルー君・盧廣仲君のCMです。
初めて見た時は、一瞬目が点になりました。彼がコマーシャルに出るなんて思いもしなかったので。

商品は、地球に優しい、軽量化されたペットボトルに入ったミネラルウォーターです。
日本では、阿部寛さんが似たような商品(い・ろ・は・す)に出ていますよね。(あ、台湾でも「いろはす」販売されていて日本のと同じCMが流れていました)

ルー君のCMは、最後に小さく絞られたペットボトルを持って「いぇ~!」とにっこり笑ってますが(写真のように)、どうもこの「いぇ~!」は、彼の決めポーズ(口癖)のようですね。

ともあれ。
「ルー君、頑張ってるねぇ」と、又しても近所のオバチャン お姉さん状態になったワタクシでした。

ちなみに。
この写真を撮るの、すっごい大変でした。何時このCMが出てくるか分かりませんから。
がんばったんですよん!ぐー






Last updated  2010年12月24日 11時44分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月12日
テーマ:中国&台湾(3307)
去年10月の台北旅行で。

彼の新しいアルバム発売をCD屋さんのポスターで知り、「なんてラッキ~!」と喜んだり目がハート
実は、発売が私が帰った10日後だと知り、「なんて不運!」と悲しんだりしょんぼり
そんな、思い出の1枚です。

結局、その後YesAsiaで買いました。

それが、盧廣仲君のアルバム、「七天(ちぃてぃぇん)」です。
四ヶ月聞き、満を持して(?)感想を書かせていただきます。

正直、やはりファーストアルバム「100種生活」程の衝撃 (といってもどど~ん!では無く、じわじわ~~と来る波動砲のような類)は、感じられませんでした。

でも、同じくらい良いです。
洋楽同様、殆んど歌詞の意味は追わず、メロディラインと彼の声を心地よく感じているだけですが。
一応、私的お気に入りは、最後の曲「再見勾勾」です。ごーごーぼーい、ごーごーがーる♪

妹に「飽きないの?」と呆れられるほど、暫くの間は一日中繰り返し聞いていました。

私には、「聞かせる・CDだって持っている」のに数曲聞くとお腹一杯になってしまうアーティストが何人かいますが、彼の歌声はぜ~んぜん大丈夫なんですねぇ。


その後YouTubeで、台北の2009年・年越しコンサートに出ている動く彼&歌を視聴しました。

話をしている時の彼は見た目そのまま、お宅君のようにキョドっていて、とてもアーティストには見えないんですけど、歌いだすと・・うわぁ流石!でした。
ワタクシ、ちょっと涙が出そうになりましたもん。(年とともに、涙もろくなっているせいもありますが)

台湾の芸能界・CD業界も色々大変みたいですが、これからも細く長く、音楽を楽しみながら頑張って欲しいなぁ・・と親戚のオバチャンみたいな気持ちも持ちつつ、応援しています。

そう言えば。
私の初ブログの記事は、彼でした。

これまで書いた彼に関する話は、こちらこちらこちら などです。






Last updated  2010年12月24日 11時39分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年12月22日
テーマ:中国&台湾(3307)
12月の第二週辺りから、頭の左上隅で「年賀状は~?」とブツブツ呪文のようなことばが聞こえ始め、今ではかなり大きく響いている今日この頃、皆さんは、まだ聞こえない振りが出来てますか?
やるからぁ~これ書いたら、やるから~~~た・・たぶんほえー


すっかり私の日常生活の中に馴染んでしまっている、盧廣仲くん。
2009年、私的シンガー・オブ・ザ・イヤーは、間違いなく彼です!

11月の終わりにYesasiaから届いた2ndアルバム(七天)もお気に入りですが、その話は後日させてもらうことにして、本日は、盧くんの別の話を。

10月の台北旅行。
いつものようにホテルの部屋でMtvを見ていると、廬君らしき人が出てきました。
動いている廬くんを見るのは、始めてかも~。
あらん、今回はバンド編成の曲なのねぇ~と思って聞いていましたが、なんか・・違う?
ヴォーカルの彼はマッシュルームカットに黒縁眼鏡ですが、よ~く見ると、別人です。

彼らは、「宇宙人」というバンドでした。

このマッシュルームに黒縁眼鏡スタイルは、今年の台湾芸能界の流行と言えるかも。

現在、台湾で放映されているアイドルドラマ「海派甜心」でも、主人公が前半その格好でしたから。
尤も、後にかっこよく変身する為の前振りなんですけど、ね。
そう言えば、10月に買ってソコソコ気に入っているCD「寂寞、好了」の蔡旻佑くんも、眼鏡はかけていませんが、マッシュルームカットです。

そんな思いを持ちながら、街を歩いていると、またしてもマッシュルーム君ポスターを発見。

ホントに、流行っているのねぇ、街中で見かけることは無いけど・・と思いつつ、近づいてジックリ見てみると・・盧くん本人、でした。

今までCDの写真でしか見たことの無かった彼ですが、大きなポスターでアップで見ると・・・・・・・。


いいの、私は彼の歌&歌声が好きなのだから・・ウィンク






Last updated  2010年12月24日 11時40分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月27日
テーマ:中国&台湾(3307)
♪空に~そびえる白金の城~スーパーロボット~マジンガーZ~♪

この歌を懐かしいと思うあなた、同世代ですね?

その当時の友達(女子)がかなりのアニメ好きだった事もあり、彼(?)の事は結構覚えています。
ロケットパンチとかブレストファイアー等の武器を、持っていましたよね。
そうそう、書いている内に思い出してきました。その内、女性型のロボットも現れましたっけ。
彼女の武器は胸から打ち出されるロケットでした。あれは、子供心にちょっと引きましたけど。

そんなマジンガーZに、台北で再会しました。
場所は、台北駅地下街にある玩具屋さんの店先です。

♪懐かしぃ~あの人に~人ごみの中でぇ会った~♪ (Good luck and Good bye by ユーミン)

まだ、売られているんですねぇ。
チャンネルの多い台湾のテレビ事情ですから、今でもどこかの局で再放送されているのかな?


私の今年のお気に入りアーティスト・盧廣仲くんのファーストアルバム「100種生活」の中に、「無敵鐵金剛」と言う曲があります。

私のなんちゃって理解だと、鉄金剛は超合金ロボット。
そして、超合金ロボットと言うと、マジンガーZではないか・・と、思うんです。
廬君の歌詞の内容は「鋼鉄ロボットは無敵で強い!悪者だって一撃で倒す。そう、君と同じだよ。だから、僕もそうなりたいんだ」(超意訳)なんですが・・・。

この「君」は、男性なんでしょうか?女性なんでしょうか?普通に考えると、男性ですよねぇ。
でも、私は勝手に強い女性とその彼女にあこがれる気弱な男子の歌だと思ってます。その方が、可愛くないです?


ところで。
マジンガーZは、韓国でも人気だったみたいです。
2005年の高視聴率ドラマ「私の名前はキム・サムスン」の中でも、ヒロインのサムスンがこの主題歌を口ずさんでいましたもん。

日本のアニメ、ホントにワールドワイドになってますよねぇ。スゴイっす。






Last updated  2010年12月24日 11時42分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月13日
6月の台北旅行で山ほど買ったDVD・CDの中での私のベストは、彼・盧廣仲のデビュー・アルバム「100種生活」。

見た目は全くイケてないです。
マッシュルームカットに黒縁眼鏡、そして顔立ちは秋葉原系。
ある意味、インパクトあります。
多分、それを狙っているんじゃないかな。

でも、歌はよいです。

声質は違いますが、なんとなくオザケン(小沢健二)を髣髴させます。(悪までも私のイメージ)
私はオザケンのファンであったことはないのですが、このCDを聞いている内に気になってきて、思わずググッちゃいました。
何でも、彼は今アメリカを基点に環境問題に取り組む活動をしているらしいです。

話が反れました。

槙原敬之・KAN・東野純直辺りが好きな人なら、きっと好きだと思います。

しばらくは、ヘビーローテーションです。


ひよこ追記
彼のアルバム「七天」についても書いてます。興味のある方は、こちらへ どうぞ。






Last updated  2010年12月29日 13時50分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.