470049 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SESAME AND GINGER

PR

X

全10件 (10件中 1-10件目)

1

小さな発見・遭遇

2011年04月15日
XML
カテゴリ:小さな発見・遭遇
先週日曜日は、我が街では県議会議員の投票日でした。

県民の権利を駆使すべく、最寄りの小学校(投票会場)に行きましたとも。

天気がよかったので、お散歩がてら。

右手に投票はがき、左肩にカメラを携え。

            2011 4月桜.jpg

               2011 4月落桜.jpg

            2011 4月さくら草.jpg

            2011 4月チューリップ.jpg

(写真・上より)

雲一つない青空に、桜。
やっぱり、しみじみ、きれい。
この美しさに一抹の切なさを感じるのは、日本人だけなのかなぁ。

地に落ちた桜もまた、いとをかし。

小学校には、いろいろなお花が咲いていました。
これは、桜草かな?

そして、おそらく低学年の生徒達が育てたと思われるチューリップの鉢がいくつも並べられていました。

私、チューリップが好きなんですよね。
ちゃんと考えた事がありませんでしたが、私の好きな花ベスト3は、「ポピー」「睡蓮(蓮)」、そして「チューリップ」だと思います。


そしてこれも、生徒達が育てたであろう


            2011 4月キャベツ.jpg


キャベツ?






Last updated  2011年04月15日 11時36分37秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年04月14日
カテゴリ:小さな発見・遭遇
毎朝見ているフジテレビ「めざましテレビ」の中のワンコーナ「走れ!! めざまし調査隊」で本日(4月14日)、やっと台湾の日本に対する義捐活動について報道してくれてました。

かなり遅い気がしますけど、そして台湾派としては台湾の人たちの優しさの大きさが報道しきれていない気はしましたけど、してくれないよりはずっとマシです。
ちょっと、溜飲が下がりました。

しかし。
そこで、またしても自分の間違いに気づきました。
私が台湾の義捐金活動について書いた時に貼った画像は、「相信希望 Fight & Smile」のものではなく、その前日のものでした。
どちらも、台湾の義捐金を呼びかける番組ではあるのですが。

最近、ポカ文が多いです。

反省!

  中国地図.jpg

さて。
本日は、英語や中国語のムダ知識を、つれづれに。

これを書こうと思ったきっかけは、先日の英会話教室でヨーロッパの地名の話をした事からです。

案外知られていないと思うのですが、「日本で使われている地名をそのまま言うと、英語圏では通じない」事が、チョコチョコあるんですのよ。

例えば、イタリアのフィレンツェ (Firenze) は、英語ではフローレンス (Florence)です。
オーストリアのウィ-ン(Wien)は、ヴィエナ(Vienna)です。

パリだって、英語読みはパリス(Paris)です。
パリと言えば、エッフェル塔はアイフルタワーですから。

地名ではないですけど、栗の「マロン」も英語じゃなくフランス語ですよ、奥さん!
英語だと、チェストナッツ(chestnut)ですから。


一方、中国の地名だと。

香港は「ホンコン(Hong Kong)」と世界的に呼ばれていると思いますが、中国本土では「シャンガン(Xiang Gang)」です。

「ホンコン」は、広東語読み。
「シャンガン」は、北京語(中国標準語)読みです。

香港は1997年6月まで中国じゃありませんでしたから、広東語読みの方が定着しちゃったんでしょうね。

これって、強いて例えると大阪が世界的には「なにわ」と呼ばれているって感じなのかな?

広東語、というと。
日本人は「北京」を「ペキン」と呼びますが、個人的推測ですけど、これも広東語読み「Pak King」から転じたんじゃないかと思うんです。
こちらは、全世界的には「ベイジン(Beijing)」ですから。

また、日本語の返事「はい」も、本来は日本語にはない言葉で、広東語の「係(はい)=YESの意」から来た、という説があります。

「へ~」ボタン、押してくれました?


話が少し外れますが。
私がまだ広東語も北京語も興味が無く英語だけ細々と勉強していた頃、英語ネイティブの先生と中国の話をしていて、「まお・つー・どん は○○だったよね」と言われ、「?? それは誰? てか、そのふざけた音の並びは、なに?」と思ったことがありました。

なんとそれは、毛沢東主席の事でした。
まお・つー・どんは、ペキン語発音に沿っていたんです。

明らかに、「もうたくとう」よりこちらの方が中国人には通じるでしょうね。
でも、私がこの音の並びに慣れるのには、しばら~く掛かりましたわ。


出来ないなりにも複数の言語を学んでいると、「ほほぅ、面白い!」と思う事が度々あります。
言語には、その国の文化・国民性が強く反映されてますしね。

ちなみに。
私が広東語で「うまいなぁ」と思ったのは、頭の、頭頂部分が薄い方の事を「地中海」と呼ぶ、と聞いた時。

言い得て妙!






Last updated  2011年04月14日 11時07分06秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年03月22日
カテゴリ:小さな発見・遭遇
♪ぽぽぽぽん
が、巷で流行っているらしいですね。

微妙に字余りなセンスが何とも言えませんが、あれだけ何度も見ていると嫌でも脳に刻まれちゃいますわ。


だから・・と言う訳でもありませんが、今日はあのCMには出てこない、動物ネタをひとつ。

大人の一人旅の割に、なぜか行っている動物園。
シドニーでも行きましたわ、タロンガ・ズー(Taronga zoo)。

動物園については、その内詳しく書くとして、今日はそこで撮った写真を二枚ご披露しますね。

                   2011 シドニー103.JPG

タロンガ動物園は、一つ一つの檻(スペース)が広くて、飼育されている一種類の動物の頭数も多いです。
キリンも5頭以上いたんじゃないかな?
その上、おなじスペースにシマウマ君も同居していました。

            2011 シドニー・シマウマ.jpg

なぜか、そのお尻の丸さと縞柄の美しさにシャッターを押してしまいました。

シマウマ君と、おしりあい♪


ところが、帰国後、写真を見直していて気づいちゃいました。

なんとワタクシ、台北でも似たような写真を撮っておりました。

引かれる被写体が同じというか、同じようなものに出会ってしまう運命と言うか。

それが、

これだぁ!



                2010 年末台北47.JPG


念のため説明しますと、台北の街中で見かけた歩行者用信号機「シマウマ君(勝手に命名)」です。

なぜ、この信号機がデコ信号機になっているのか、全く不明です。(後方にある柱と関係があるのかなぁ?)
もちろん、近くに動物園などはございません。
ほかにも、こんなお茶目な信号機があるかどうかも、不明です。

でも、こんな事をサラッとやってる台北が

好きです♪






Last updated  2011年03月22日 11時24分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月03日
テーマ:中国&台湾(3417)
カテゴリ:小さな発見・遭遇
                    春節をお祝い申し上げます


本日2月3日は、旧暦のお正月(春節)です。

恭喜、恭喜、恭喜發財! 過年快楽! 身体健康! 歳歳平安!

日本では365分の1な平日ですけど、周辺諸国である韓国・台湾・中国は、新暦のお正月よりこちらの方がホントの新年ですから。

香港で「年中無休」を掲げているお店でも、春節のお休みは3日~5日しっかり取る処が多いです。

ただし、春節と言うと爆竹パンパン爆弾のイメージがありますが、香港は住宅が密集されている為、禁止されてます。
なんでも、どうしても爆竹で祝いたい香港人は、それが許されているマカオに行くのだとか。



旧暦って理にかなっているなぁ・・と思うのは、大抵この時期に大きな寒波がやって来る事。
そして、旧暦が過ぎると冬が終わりを告げ、段々暖かくなり、春がやって来るんです。

実は、我が街には「椿まつり(お椿さん)」と呼ばれる、商売繁盛を願うお祭りがあります。

毎年、今時分に開催されるものの日程が微妙に違うこのお祭り。
でも、我が街の住人は「お椿さんが終わると春が来るけん」と話すんです。

ワタクシ。
何年か前にやっと、「なんで毎年日程が違うんだろ?」と疑問に思い、調べてみました。
すると、旧暦の1月7日から三日間開かれているから、だったんです。

あぁ、だからかぁ・・と、深く納得いたしました。
旧暦の方が新暦より季節の移り変わりに、より沿っているんでしょうね。


今日は春節らしい写真が見つからなかったので、「香港らしいめでたい」のトラムの写真を貼ってみました。

ピンクの車両と2台連結のように見えますが、ただ詰まっているだけですよん。
トラムが何台も詰まるのが、香港では日常茶飯事の風景ですから~。






Last updated  2011年02月03日 11時13分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年01月11日
カテゴリ:小さな発見・遭遇
2011 1月12.JPG お正月明けの私の年中行事は、道後温泉・湯神社の初子祭です。


元々は、道後の老舗旅館に以前勤めていた友達が教えてくれました。

ここで100円払って買うおみくじ(自分の誕生日の枠に入っているものから選ぶ)がちょっと面白くて、それから大体毎年出かけています。
ですので、未だ何の神様なのか、どんな御利益があるのか、ちゃんと分かっておりません。

そんな、本末転倒気味なワタクシですが、今年は妹と二人でお参りに。

このお祭りは、福引や1日に数回餅撒きがあります。
そして、私たちが行ったのが、たまたま餅撒きの時間直前だったので参加してみることに。
遥か昔、姪が幼児の頃に一度参加した事があるきりですから、ホント、久し振りです。

しかし。

バックを斜め掛けにして準備万端で向かったのですが、全然私の方には来ないよ~?
・・・と思っていましたら、突然お餅が目の前に。

「きゃ~びっくり」と驚く私のバックの上に、小さなピンクのお餅が1個乗っかってました。

結局、私が手にしたはこの1個のみ。


2011 1月13.JPG 私より少し前方に陣取った妹は、3個ゲットしてました。


妹曰く、「地面に落ちたのを拾った私より、落ちてないお姉ちゃんのほうがラッキーだよ」だ、そう。

え~、ほんとぅ? なにかいい事、あるかな~♪






Last updated  2011年01月11日 17時04分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月20日
カテゴリ:小さな発見・遭遇
我が街は、観光都市です。

とは、言うものの。
讃岐うどん阿波踊り坂本竜馬などの強いセールスポイントが無いので、青い国の中で一番目立たない存在かもしれません。

が、しかし!

日本最古といわれる道後温泉があります。

今年も12月に放送される「坂の上の雲」記念館もあります。

ジャコ天とか五色素麺とか、美味しい物だってあります。。

それに、地道に観光客に対してのサービスだって、しておりますよん。

そのサービスの一つが、これです。

             2010 9月32.JPG

松山市が運営しているレンタサイクルです。
私はマイ自転車があるので借りた事はありませんが、調べてみました。

朝8時半から5時まで、一日300円で借りられます。
市内四ヶ所で借りる事ができ、そのどこででも返却可能だそうです。

まぁ、便利!

我が街は、公共交通機関があまり充実していませんし、街自体もさほど大きくありませんから自転車利用は、いいと思いますよ。

ただし。
自転車はちゃんと決まった駐輪場に止めましょうね。街中なら、デパートの地下や商店街の中にありますから。
この写真を撮った自転車くん達は、残念ながら違法駐輪です。

             2010 9月31.JPG


よろしかったら、我が街に遊びにおいでや~♪






Last updated  2010年10月20日 11時01分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月18日
カテゴリ:小さな発見・遭遇
昨日は「台北の可愛的」を紹介しましたが、実は、私の住む街にだってあるんですのよ、可愛的。

それは、バイクの「ナンバープレート」です。

見ての通り、雲の形なんですよ~。
         2010 9月25.jpg

色だって、排気量によって白・黄色・ピンクとあります。

それに、表示も「道後・松山市」なんです。
今までのナンバープレートは「松山」のみなので、これも特別なんです。

これは、ですねぇ。

去年から来年に渡って放送される、NHKドラマ「坂の上の雲」をキッカケに作られた、小さな観光アピールなんです。
放送が始まるより前の2007年から、交付されています。(尚、通常の四角いプレートもあります)

我が街だって、なかなかヤルでしょ?

私も是非付けたいのですが、これはバイクのみのプレートなんです。
ウチには、二輪は自転車しかないんですよねぇ。

四輪(自動車)にも付けさせてくれたら、いいのになぁ・・いいのになぁ。


そう言えば、子供の頃読んだ童話に「ノンちゃん雲に乗る」っていうお話がありました。
このプレートが付いていると、雲に乗っている気分が味わえる、かなぁ?


あ~、付けられなくて、ホントに残念ですわからん






Last updated  2010年09月18日 10時49分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年10月07日
カテゴリ:小さな発見・遭遇
スウィート週間、三日目です。

シルバーウィークにオーストラリアに行っていた友達から、お土産のチョコを頂きました。

彼女(Rポン)はオーストラリアのパースが大好きで、確か今回で三回目のパース旅行です。
私にはもう一人、4年間パースに住んでいて帰国後も毎年のように旅行していたパース好きの友達(Yさま)がいます。(でも、なぜか数年前より韓国に浮気しています)

私自身は、シドニー&タスマニアは行きましたが、パースはまだ未訪です。
風光明媚で魅力的な街だそうなので、いつか行ってみたいなぁとは思っているのですが。

Rポンの今回の旅でのハプニングは、
パースに夜遅く着いた彼女が、予約していたユースホステルの部屋(二段ベット二つの四人部屋)に入ると、既に先客が一人眠っていたので起こさないよう静かに彼女も床に就いたのですが、朝起きてみると、その同室者が男性だったそうです。

彼女はビックリしながらも、その男性(アイルランド人)と少しお喋りしたそうですが、その日の夜、彼女が部屋に戻ってみると、もうその彼はいなかったそうです。
彼女は「私は別に気にしないのになぁ。」と笑ってましたが、ユースって男女関係なく部屋を割り振られるのでしょうかね?
多分、スタッフの手違いだと思いますが。

旅行で出会った楽しい事もいやな事も、やがてはいい思い出になりますよね。
私も、結構色々ありました。
飛行機に間に合わないので、神戸-関空間をタクシー利用して18000円払ったりね。
ま~だまだありますが、それらはまた、その内に。

ともあれ。
Rポンのお土産、ありがたくいただきま~す♪






Last updated  2009年10月07日 10時32分54秒
コメント(3) | コメントを書く
2009年08月03日
カテゴリ:小さな発見・遭遇

案外知られてないことですが、愛媛の家庭ではポンジュースの出てくる蛇口を設置できます。
申し込むと、1週間ほどで業者さんが来て付けてくれます。

以前はミカンジュースのみでしたが、最近は伊予柑・ポンカン・きよみ等、数種類から選べるようになりました。
お店で買わなくても、いつでもミカンジュースが飲めて便利ですよ~。




・・・そんな訳、無いですね。

でも、そんな気分を味わえる「ポンジュース蛇口」に出会える場所があります。

私が見かけたのは、空港でした。

夏休みや冬休みになると出現するようですよ。

嬉しい事に、無料でいただけます。


「愛媛のまじめなジュース」、太っ腹です。







Last updated  2009年08月03日 11時03分05秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年07月17日
テーマ:徒然日記(19802)
カテゴリ:小さな発見・遭遇
私は地方(青い国)在住ですが、わりと芸能人・有名人に遭遇してます。

今を去ること2年前、東京の友達sに会いに行った時のこと。

友達Aちゃんから友達Bちゃんの家に行く為に乗った、土曜の昼下がりの山手線。
車内は混んではいませんでしたが座席は埋まっていたので、ぼんやり立ってました。
ふと見ると、壁にビールの宣伝ステッカーが貼ってあり、そこに松山ケンイチ君が笑ってました。
「あぁ、彼もビールのコマーシャルに出るくらいメジャーになってきたのね~」と思いながら目線を隣の車両に移すと、2メートルほど先にひたすら携帯を操作している青年が。
結構背も高くて、180センチはありそう。
えらく熱心にいじってる子だわぁと思いながら目線を元に戻しかけて・・あれ?
彼は、今見ていた松山ケンイチ君じゃない?

でも、私以外は誰も気づいていないし、彼もそれからすぐ恵比寿で降りてしまいました。

いまひとつ自信がなかったので戻ってから確認しましたところ、盗み見して覚えておいた頬のほくろがちゃんとあったので、彼に間違いないと思います。

ところで。
あの携帯は、ドコノだったのかしら・・。
まぁ、2年前ですけど。

そして。
2ヶ月ほど前の日曜、地元のうどん屋さんに妹と行った時のこと。

食べ終えて店の外に出ると、私と入れ違いに入る男性数人の中にドラマ「BOSS」に出ているケンドーコバヤシ氏らしき人が。
今ドラマを撮っている彼がこんな所でうどんを食べるはずがない・・と思いつつも妹に同意を求めると、彼女はケンドー氏をその時点で知りませんでした。(私の妹は世間情勢にかなり疎い)
で。
やっぱり別人かしらん?と、翌日友達にメールすると、友達の同僚も見たそうで。(イベントがあったらしい)
これも、本人でした。

そして、そして。
1ヶ月前の、台北での事。

お昼ご飯を食べるために入ったジモティ率の高い餃子屋さんで、ケンタロウ氏らしき人に遭遇。ただし後姿なので、本人率は60%でしょうか。
でも、パナマ帽を被り頬ひげを携えがっしり目の体系は、かなり彼っぽかったんだけど。
(日本語のガイドブックを持っていたので、日本人なのは間違いないです。)

私的には、ケンタロウ氏に会えたのが一番嬉しかったのですが、人に話すと羨ましがってくれるのは、松山ケンイチ君かケンドーコバヤシ氏の方です。

ケンタローさ~ん。
「男子ごはん」見てま~す!
料理の本も、結構持ってま~す。
勇気を出してその場でちゃんと確かめて、本人だったら握手してもらえばよかったなぁ。

さて。
4人目のケンちゃんには会えるかしらん。






Last updated  2009年07月18日 10時20分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.