2011年06月24日

エコアンダリアで夏帽子を編んでみた 2011年

夏の年中行事になっている、かぎ針で編むつば広帽子。

一つ目はマニラヘンプヤーンで編みましたが。

二つ目は、夏帽子を編むと言えばまずコレが基本、ハマナカ エコアンダリアです。

とは言え、私は過去に何個も編んじゃってるもんで、単色糸はすっかり飽きちゃってて、この頃はかすり染めを使う事が多いです。

使用番号は、224番(紺系)と221番(白系)。
紺を4個、白をちょっこしアクセントに使いました。
使用かぎ針は、本は5号なんですが私は編み目がきついので、6号と7.5号を適当に使い分けました。

  紺帽子1.jpg
トップ&サイドを編んで、暫し休憩。

  紺帽子2.jpg
我が家の大猫熊(パンダ)くんに、ぴったりサイズ?

ちなみに彼は、上野動物園のパンダくんです。
でも、最近やって来たリーリー・シンシンではございません。

こう見えて、案外高齢です。


  紺帽子4.jpg
なんて事をやりつつ、出来上がりました~。
そんなに根をつめて編まなくても、2~3日で編めると思いますよ。

  紺帽子3.jpg
全体はこんな感じ。
ブリムの幅(長さ)は12センチぐらいですが、端が丸まっているので実質は10センチぐらいかな。

同じ製図で編んでも、マニラヘンプヤーンより堅い感じに仕上がりましたわ。
紺色のグラデーションは気に入っているのですが、アダルティーな私には、心持ちクタッと柔らかい印象のマニラの方が合ってるかなぁ。

  41510865.jpg
前回も書いてますけど、使用した本は、これ。
ナチュラルなかぎ針編みかごバッグと帽子」の、この表紙の帽子です。


ひよこおまけ
今まで編んだ帽子をズラッと並べて、写真を撮ってみました。
興味のある方は、こちらから、どうぞ♪





TWITTER

Last updated  2011年08月03日 11時57分17秒
コメント(0) | コメントを書く
[作ってみた/手芸系] カテゴリの最新記事