829149 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セタガヤーナな毎日

2008.04.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

散歩犬足跡から帰ってきたところです音符


もうすぐ、二子玉川では、花みずきフェアなんかもあるんでしょうけど、花みずきも満開さくら

そして、アゼリアも散歩道をきれいに飾っていました。


アゼリア


スカーレット・レッドが、鮮やか手書きハート


ところで、ミラノ&コモで、セタガヤーナがいいな~っと思ったこと。

それは、藤の花が、家々をデコレーションしていたこと音符


藤って、和のイメージが強い花だと思っていました。

藤棚のある家も少なくなっちゃったので、あまり東京では見かけなくなりましたね。

セタガヤーナは、つる性のプランツが、けっこう好きなんです。

クレマチスとか。。。


そんな、藤の花、ミラノ&コモでとても人気があるようなんです。


藤


これは、ミラノ市内のかなり交通量がある交差点の近く。

何年物の藤の花でしょう?


コモ湖


これは、イメージだけのコモ湖畔のフォトですが、街並みのカラーが、淡いオレンジ色のテ

ラコッタ・カラー、山吹色のようなイエローなんかが多いんです。

そこに、紫の藤の花、とっても似あうんですね手書きハート


もうすぐ、東京と同じように、アゼリアが咲き始め、やがて、アジサイに変わるそうです。

なんでも、シーボルトのころに、日本からこういった花々が伝わったそうです。


あっ、そうそう、コモ湖のジョージ・クルーニーのヴィラは、地元では「オレアンドウ(キョウ

チクトウ)の家」と呼ばれ、人々に愛されているそうですよウィンク







Last updated  2008.04.28 09:11:49



© Rakuten Group, Inc.