710889 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セタガヤーナな毎日

2010.10.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
京都Day3、京都滞在の最後を飾って、丸山公園内にあるギャラリーeN Artsまで、陶

芸家・青木良太さんの作品展を観に行きました音符


eN Arts

  eN Arts → ***


eN Artsは、「Life with art」をコンセプトに、オウナーのロウ直美さんが

企画運営するギャラリー。

丸山公園にあった古い料亭を買い取り、現代アートのギャラリーに改装したの

が、3年前の11月。

そのオープンのときにセタガヤーナは伺ったので、3年ぶりです、訪れるの。


セタガヤーナの出張スケジュールがリスケになって、直美さんのロンドン出張と

かぶっちゃったんで、今回は残念ながらお目にかかれなかったんですけど。


ロウさんとセタガヤーナは、お仕事でもプライベートでも、とても長いおつきあ

いがあるんです。

直美さんは、美しくって、エネルギッシュで、文句無しのハンサムウーマンです手書きハート

美しい直美さんの画像がないのが、ほ~んと残念なんですけどw

あっ、世田谷人なんですよ!

ギャラリーの企画展のときだけ、京都に行ってるの。


さてさて、いつも前置きが長くなっちゃって、ごめんなさいぽっ

いよいよ、注目の若手陶芸家、青木良太さんの作品をご紹介しま~す音符

青木良太

研ぎすまされた美しさと品があるゴールドの器きらきら

見事です!


青木良太

セタガヤーナが目をみはったのは、コレ。

ベージュの器に、軸薬のマジックで浮かび上がったキラキラのきらめききらきら

器そのもののフォルムも美しすぎます手書きハート


青木良太

  青木良太 → ***

青木良太

右の赤い器のレッドは、みごとなイタリアン・レッド。

こんな赤って、実は陶芸ではなかなか出せない赤なんだとか。

直美さんレッドだと思いました。


eN Arts

直美さんは、もともと雑誌などでも活躍するテーブルデザイナーとイタリア料理

研究家だったので、青木良太さんの器を使ったテーブルアレンジメントもデイス

プレイされてました音符

アーテイステイックでスタイリッシュきらきら

eN Arts

青木良太さんの作品は、同時開催の小山登美夫ギャラリーでは、王冠がテーマに

なってるとかで、王様のお茶会をイメージしたテーブル。

アンテイークのイギリス製シルバーの茶器がうまくミックスされてて、ため息も

のでしたあ手書きハート


青木良太

eN Artsのお茶室も直美さんの手にかかると、こんな風音符

和と洋のミックスがステキですね手書きハート


この青木良太作品展、今月30日まで、金/土/日のみ開催中です。

京都へいらっしゃる方は、ぜひどうぞウィンク






Last updated  2010.10.24 21:07:25

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.