115141 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

趣味株日記

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

エンタメ系

2007.08.29
XML
カテゴリ:エンタメ系
株のほうは・・・・なので、試写会の話題を。

ひと足早く「クローズド・ノート」の試写会に行ってきました。
上映前には行定勲監督の舞台挨拶があり
色々面白い撮影秘話を語って下さいました。

監督は、主演の沢尻エリカさんのことを
「ナチュラル・ボーン・アクトレス」(生まれながらの女優)
と呼んで大絶賛でした。

監督のお気に入り女優、竹内結子さんの存在感がありすぎて
主役の沢尻さんを食ってしまうから、
沢尻さんを立てての発言なのだろうなぁ・・・
とちょっとスレた考えが浮かんでしまったのですが
映画を見た後、その考えは当らずとも遠からずかな、と思いました。

沢尻さんはもちろんかわいらしかったけど
やっぱ、竹内さんは美しいかった!
伊勢谷さんも、カッコイイ~!!

この伊勢谷さん、現実の世界でも主役の沢尻さんではなく
子持ちの竹内さんに魅せられてしまった(あくまでゴシップですが)
というのも映画と同じで、それが何故か納得できるかのような映画でしたよ。。。

ま、沢尻さんはとっても若いので
年齢的にも、伊勢谷さんと竹内さんはお似合いですけどね。

あれ、映画評のつもりが、芸能ネタになってしまいました。


正直言うと、監督が言うほど沢尻さんの演技は素晴らしいとは思わなかったな。
(撮影現場で、監督との相性はとてもいいのかもしれないけど)
それに、あの役は沢尻さんでなくとも良かったような。

竹内さんみたいな素晴らしい先生や
あんな素晴らしい生徒達なんて、イマドキいないよ!
とツッコミつつ鑑賞していた私は、日本映画ファン失格かな(^^;

でもそのうち、ハリウッドでリメイクされるかも?
と思えるような内容でしたね。


そして映画の中で象徴的に出てくる万年筆。
私もちょっと、欲しくなりました。
まぁ使う機会もないですが。

ちなみに私の友人は、この映画の原作を読んで
すっかり万年筆コレクターになってしまったほどです。

映画が公開されたら、パイロットコーポレーションとか
セーラー万年筆の株価が上がるかも(?)

それからマンドリン。
いいですね~
私もやってみたくなりました。(影響されやすい私・・・)


ほのぼのとした気持ちになりたい方は
来月末、ぜひ映画館へどうぞ♪






Last updated  2007.08.29 22:51:34
コメント(2) | コメントを書く


2007.06.28
カテゴリ:エンタメ系
"カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、
各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ"
『ボルベール <帰郷>』の試写会へ行ってきました。

今朝のめざましTVでも特集してただけあって
かなり「映画らしい映画」というか、
いかにもカンヌで賞を取りそうな映画という印象でした。

舞台はスペインの田舎。
まるで昔の日本のように濃すぎるムラ社会、親戚、家族の情、迷信・・・
などなど、一見「八ツ墓村」化しそうなテーマを
これまた濃すぎるラテンの血が、この映画を決してドロドロしたものにはせず
むしろあっけらかんと描かれていました。

フランスのように垢抜けていない、素朴なスペイン、いいですね~


ペネロペ・クルスはとっても美しかったです。
ハリウッド映画のペネロペより断然素敵!と思ったのは私だけかな?

そしてかわいい女性陣!(この映画、男がチョイ役しかいないんですね)

室井滋さん風(?)な、かわいいお姉さん、お茶面なお母さん
思春期の、愛らしい娘・・・

女性が強くたくましく、そしてとてもかわいらしいのが
この映画の見どころのひとつかもしれません。


ところで。

「北京ヴァイオリン」の連ドラをやってるんですね~

知りませんでした。

人気映画を連ドラ化するのは、どこのお国も一緒なんですね。






Last updated  2007.06.28 23:59:52
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.17
カテゴリ:エンタメ系
疾如風
徐如林
侵掠如火
不動如山

疾きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、
侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し


いよいよ風林火山に、「越後の龍」長尾影虎(上杉謙信)役で
Gacktが登場です。
NHKは、「おはよう日本」でGacktのインタビューつきで
朝から特集を組むほどの力の入れよう!

これは見ないわけにはいきません。

やっぱりカッコイイですね~!!
(たとえ史実の人物像と違っても)

「利家とまつ」の時のミッチー(及川光博)以来の
ナイス配役かも。


この上杉謙信、歴史ファンの間では人気のキャラですが
結婚をせず、子供もいないので、大河ドラマの主役にはなれないみたいですね。

大河ドラマ後半戦は、Gacktで楽しむことにしましょう。
(もちろん内野さんが一番楽しみですが)



ちなみにこの画像は、菖蒲園のもの。
まだ少し早く、3分咲きといったとこでした。
 






Last updated  2007.06.17 22:28:27
コメント(4) | コメントを書く
2007.05.07
カテゴリ:エンタメ系
今日は「眉山」の試写会に行ってきました。
色々と書きたいところですが、公開前ということで
今回はネタはバラさないことにしますね。

上映中、あちこちからすすり泣きが聞こえてきましたが
私は昨夜、原作をしっかり読んで予習したせいか??
あまり泣けませんでした。

あ、決して面白くなかったわけではないですよ。

でも、原作と映画は別物って感じですね。

原作は2時間もかからずに読める内容なんで
淡々とした原作をかなり踏み込んで濃く描いた、とでも
言いましょうか。

それにしても松嶋菜々子さん、
徳島出身という設定にはちょっと無理があるくらい
美しすぎでした。(徳島の方スミマセン)

上映後、犬童監督と山田辰夫さんの舞台挨拶があり、
撮影裏話なんかを語ってくださいました。

徳島、阿波踊り、眉山・・・
行ってみたくなりましたね~(でも遠い(^_^;)


今日は株式市場のほうも全面高で、
なかなか良いGW明けでした♪






Last updated  2007.05.07 23:42:38
コメント(4) | コメントを書く
2007.04.15
カテゴリ:エンタメ系
まいど!

の掛け声とともに幕が開く吉本のおばはん・・・じゃなくて
ジャズシンガー綾戸智絵さんのコンサートへ行ってきました。

現在最もチケットが取れないアーティストと言われる彼女が
こんな田舎にもツアーでまわってくれるとは、何ともありがたいことです。
そういえば彼女、下積み時代に石川県の某ジャズライブハウスで
歌っていたらしく、北陸には愛着があるのかもしれません。

彼女をナマで拝見するのはこれが始めてですが、
ステージに立つ彼女は、なぜか昔から知ってる
近所のおばちゃんのような雰囲気。

でもピアノの前に座ると別人。
やはりタダモノではない。
あのピアノタッチと歌唱力には脱帽です。

何より歌ってて、すごく楽しそうで羨ましいったら。

歌よりも期待してるやろ?と自虐するMCとパフォーマンスは
期待通り爆笑の連続で、久々に腹の底から笑わせてもらいました。

また彼女の歌に対する想いにも、深く感動しました。

皆さんが聞いてるのは私の歌の歌詞ではない。
だって、英語の歌詞なんて、意味わからないでしょ?(笑)
皆さんは、私の歌を通じて湧き出た皆さんの想いを
心で聞いてるんです。
そしてその想いを私がキャッチして演奏しているんです。

・・・という意味のことを、関西弁で熱く語っておられました。


お笑いと歌とピアノで3度美味しい綾戸智絵さん、
かな~りオススメです!
お近くの街にツアーに来られたら、
ぜひ足を運んでみて下さい。

ちなみにオープニングはアメージンググレイス、
締めはテネシーワルツでした。

  







Last updated  2007.04.15 22:01:31
コメント(6) | コメントを書く
2007.02.24
カテゴリ:エンタメ系
レイトショーで「ドリームガールズ」を観てきました。
60年代モータウン界の表と裏が、歌と人間ドラマで
巧みに描かれています。

とにかく歌が素晴らしい!!のひと言。
オスカー当確と噂のジェニファー・ハドソンが歌う
「ワン・ナイト・オンリー」は、私にはド演歌に聴こえました。
R&Bて、演歌なんですねぇ・・・
アメリカのことはよく知らないのに、何故か懐かしい感じ。

久々に、サウンドトラックを購入しようと思わせてくれる映画でした。
ミュージカルも、是非一度観てみたいな。

音楽好きな方、必見です。


ところで映画の前に、ガレットとクレープのお店に行ってきました。
ガレットなんて、都会でしか食べられないもんだと思ってたので感激!
お店の雰囲気も、フランスのカフェバーのイメージでいい感じ。
良いお店を発見しました。

このガレットは、そば粉で作るいわばフランス風お好み焼き。
シードルでいただくのが本場流のようです。
galette

この、手作りソーセージ付きのガレット・コンプレと、
バニラアイス添えクレープのセットを食べたので
かな~りカロリーオーバーです(^_^;






Last updated  2007.02.24 11:25:49
コメント(2) | コメントを書く
2007.01.26
カテゴリ:エンタメ系
昨年末のお約束どおり、今年の映画第一弾は「愛ルケ」。
レイトショーで、つい先ほど観てきました。
原作のファンには不満も多々ある映画だったようですが
私は原作を読んでいないので、特に違和感なく観ることができました。
特に涙するような映画ではないと思っていたのに
気づけば涙がホロリ涙ぽろりという場面が何度かありました。

注目の寺島しのぶさんと母親役の富司純子さんの親子競演は
まさにピッタリの配役でとても良かったです。
富司純子さんは、登場シーンは少ないのに存在感アリアリ。
まさに北陸の女という感じでした。
それから、佐藤浩市さんファンの私としては、今回は刑事役だったけど
主役のトヨエツの役をやっても良かったんじゃないかと思ったり・・・
津川雅彦さんも、いい味出てました。

ひとつ文句を言わせてもらえば、この作品の中で、
ハセキョーだけがどうも浮いてます。
不倫の渦中にある検事ハセキョーの目を通して、トヨエツ達の恋愛の心理を
映し出そうとしていたのはわかるけど・・・
あんなドロドロで色っぽすぎる女検事には、
ちょっとやりすぎ感が否めません。

ところで、この映画もまた「失楽園」同様、TVドラマ化されるみたいです。
またまた世間に不倫ブームがやってきそうな気配。
しかし、イマドキの一部の人々の乱れた性に比べたら、
この「愛ルケ」は究極の愛の形を描いた「純愛」と言えるので、
妙な勘違いをして欲しくないですね~。

また、どうしても「失楽園」と比較してしまうけど、
この「愛ルケ」は「失楽園」よりは息が苦しくないというか、
呼吸がしやすい映画でした。

映画館は30代以降の女性でいっぱいでしたが
冷め気味のカップルや男性陣にも、ぜひ観て欲しい映画です。

PS.トヨエツが韓流スターぽく見えてしまうのは私だけ・・・!?






Last updated  2007.01.27 00:10:02
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.07
カテゴリ:エンタメ系
今日は2年ぶりのスノーボードへ行ってきました。
寒波が来ているというのに、学校のスキー大会が近い姪が
どうしても連れていってくれとだだをこねるので
仕方なく出かけることに・・・
(老後の面倒見てもらうかもしれないし、恩を売っとかないとね)

山は思ったとおり、荒れ模様。時折吹雪く場面も。
天気予報で警戒を呼びかけていたせいか、
連休中にもかかわらず、スキー場はガラガラでした。
しかしおかげでスキー学校の先生にマンツーマンで教わることが
出来た姪は、半日ですっかり一人前に滑れるようになってたし
天候不順の今日行って、結果オーライだったかも。

しかし!
やはり歳とると、寒さがこたえますねぇ・・・
滑りながらも「温泉入りたいなぁ」とばかり考えてました温泉


ところで、いよいよ今夜から「風林火山」が始まりました。
内野さんの演技、なかなか光ってます。
やはり大河の主役は、舞台で派手な演技がこなせる人に限りますね。

個人的には、山本勘助の最大のライバル上杉謙信役のGacktさん
(TVドラマ初出演だそうです)の登場を楽しみにしてまーす♪






Last updated  2007.01.07 20:37:31
コメント(6) | コメントを書く
2006.12.26
カテゴリ:エンタメ系
今日は「江原啓之スペシャル・天国からの手紙」を見るため
あわてて帰宅してきました。
TV局の思うツボにはまってると承知しつつも涙、涙涙ぽろり
でありました。

今年は私の身にも色々事件があったので、
その後江原啓之さんや美輪明宏さんの本などに
救いを求め、読み漁った時期がありました。

身勝手なもので、一ファンとして江原さんに対しては、
霊的な行為よりも、もっと(私みたいに)日常生活に悩んでいる人々への
カウンセリングや啓発をして欲しいと期待していたのですが、
今日の番組を見て考えが変わりました。

家族を突然失った人達は、私なんかよりうんと
生きることに苦しんでいるんですね。(当たり前)
まずはそのような人達を救うことが何より優先すべき彼の仕事なのだと
今日はつくづく感じました・・・

家族を失った人達の人生の修行に比べれば、
私の経験なんてカスリキズにも値しません。
私みたいな軽症患者は、これからも良い本や話を沢山見聞きして、
学んでゆきたいと思います。

ちなみにこの番組の直後、裏番組では超能力者ナンシー・マイヤーさんが
ホリエモンの元側近、野口さんの謎の死を解明するようです。
これもなかなか面白そう♪
日本の警察は、これで再捜査するんですかねぇ・・・??


さて、株式市場のほうは今日で2006年度相場が終了(受渡し日ベース)しました。
今年度の反省は週末にでもするとして、まずは明日からの来年度相場に
期待したいと思います。
とりあえず鉄鋼関連だけでなく、新興にもおこぼれが欲しい~!






Last updated  2006.12.26 21:48:06
コメント(6) | コメントを書く
2006.12.24
カテゴリ:エンタメ系
「硫黄島からの手紙」観てきました。
今日はなぜか涙腺緩みっぱなしで、開始直後から涙々でした。
結論から言えば、日本人なら観るべしという感じです。

渡辺謙さん、ほんといい仕事してました。
二宮君も、素晴らしかった。
彼がジャニーズファンの客寄せパンダとして起用されたのであったとしても、
彼はそのお役目以上の任務を果たしていたと思います。
そして仮に、その思うツボどおりになったとしても、
戦争映画など興味の無いジャニーズファン達が
硫黄島の激戦を知るということには、大変な意義があるでしょう。

それから私が一番注目だったのは、二宮君演じる西郷の戦友野崎。
松崎悠希さんが演じていました。
演技が光ってたのは勿論ですが、人懐っこそうなルックスと雰囲気が
かなり私好みでした。(お気に入りの美容師さんにちょっと似てるかも)
映画では落ち着いた感じだったけど、調べてみたら、まだ若手なんですね。
「ラストサムライ」がハリウッド・デビューだったようです。
ブログも発見しました。
ミュージカルもやる俳優さんのようなので、今後要注目!です。

そしてクリント・イーストウッド監督、
まさに日本人そのものの視点でよくぞここまで、アッパレです。
私ら日本人に西欧のバックグラウンドが無いため
深く理解できない洋画があるのと同様、この映画を見た外国の人には
なかなか理解できない部分もあったでしょう。
たとえば、日本人にしかわからないような「御霊となって靖国に帰る」といった
大和魂的な表現、それをあえて強調した監督に脱帽です。


この映画を鑑賞している間私は、
硫黄島の激戦から60年余りで、日本人の生活も魂も
すっかり変わり果ててしまったということを
考えずはいられませんでした・・・
それを感じただけでも、私にとって有意義な映画でした。

さて、おそらくこれが今年最後の映画館です。
今年は確か5~6本見たから、例年よりは映画によく行ったほうかな。
来年も、ぜひスクリーンで観たい!と思える映画が
沢山現れることを期待してます。
とりあえず新春は「愛ルケ」でスタート♪






Last updated  2006.12.24 21:46:43
コメント(2) | コメントを書く

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.