074165 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

shanti life

anyo ようこそ 赤ちゃん

あなたは神さまが授けてくださった

私たちの宝物です

あなたの小さな耳に

たくさんのうれしい知らせが届きますように

あなたの小さな瞳に

たくさんの幸せな景色が映りますように

あなたの小さな鼻に

たくさんの芳しい香りが満ちますように

あなたの小さな唇に

たくさんの美しい言葉が宿りますように


あなたの人生が笑顔であふれていますように

   
2013.03.25
XML
テーマ:ささやかな幸せ
カテゴリ:カテゴリ未分類
初めてこのコンサートに行ったのは
光がまだ入園前、

日記を遡ってみたら
2008年の2月、光はまだ3歳になる前で。

一度だけうっかり忘れてしまったけれど、
それ以外は毎年、光と二人、楽しみに出掛けています。

まだ小さかった光に
本物を音を聞かせてあげたくて
このコンサートのポスターを見つけた時は本当に嬉しかったな。

それから、5年。
1年分ずつ大きくなる光と
その年々それぞれにとても素敵な思い出があって
とてもとてもすかいらーくさんには感謝しています。

そして今年は格別に忘れられない思い出ができました。

コンサートは1部クラシック、2部ポップスからなるのだけれど、
冒頭の音を聞いた瞬間(マナティ・リリック序曲)から
目の奥がツンとして
そして2番目、渡口公康氏作曲の「南風のマーチ」を聞きながら
なぜだか涙がぽろりん、ぽろりん。

こらえてもこらえても、こぼれていきます。

ふと隣の光を見ると、
なんと光の瞳からも涙がぽろりん。

この曲を聞きながら
光も私も、なぜだかぶるくんを思い出していたんです。

悲しい曲じゃなかったのにどうしてなのかな。
とても不思議。


さくらの花がほころび始めると同時に
神様のもとへ駆けあがって行ってしまったぶるくん。


慈恵院で御経をあげてくださったお坊様が
「ろうそくが身を削って周りを照らすように
 ぶるくんも身を削って、みなさんの心を照らしてくれた。
 だから、残されたみなさんも誰かを照らすことが出来るような生き方を。。」
とお話ししてくれました。

そして、散り急ぐ桜たちは
また生まれてくる新しい命になるために
はらはらと降り続いているんですね。

ぶるくん、ぶるくん、
君を想うとまだ泣いてばかりの私だけれど、
君がくれたたくさんの灯りを絶やさないでいられるように
君がくれたたくさんの心の栄養を枯らさないでいられるように


頑張るよ。



神様のもとでぶるくんが幸せでありますように。。。。。。






Last updated  2013.03.25 23:47:58

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

ハートのごちそう会 ハートのごちそう会さん
日々の思い。 モモとべべさん
浅倉ユキ(あな吉)… ふのり★★★さん
  時はやさしく… なおまる3363さん
akishima 便り puspamさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.