000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

韓国ソウル!文家の掟

カマ夫杯X’masディナー決定戦


みなさん クリスマスは楽しく過ごしましたか?

私はクリスマスイブは仕事。
それでも9時ごろには終わって 
珍しく早く帰ってきたカマ夫と二人で
ワインをあけて乾杯しました。
で、プレゼントをあげました。
もちろん

カ マ 夫 か ら の プ レ ゼ ン ト は な か っ た

けどね。T_T

で、今日は韓国は祝日のためのんびり過ごす。
一応クリスマスらしく 外で食事でもしようということに。
ナニ食べる~?の質問にカマ夫の目はキラッと光った。

「じゃ、紙とボールペン持ってきてっ!!」

え?なんで?

「計画立てるのっ!!」

・・・・・。
日記には書いたことなかったけど、カマ夫は究極の

 計  画  魔 である。

計画魔とは何か。
それはどこか行こう、何かしよう、という話が出ると
必ずナニやら書き出すのだ。
夏休みも私はコテージを予約してのんびりしたいと思ってたのに
ヤツはPCでとことん調べまくり、次の日には計画表まで
目の前に突き出された。それもかなり詳しく。時間まで。


私たちは 修 学 旅 行 の 自 由 行 動 仲 間 なのかい・・・?

が、今日のはちと趣が違った。
カマ夫曰く、

「ディナーワールドカップよ~!!」

カマ夫は二人のディナーにもかかわらず

 一 人 で  勝 手 に  12種類の料理を選び出し、

それをA・B・Cの3つのグループに4つずつ分け、
リーグ戦を始めたのだ。
例えばAグループは
カルビ・さしみ・ピザ・アグチム。
そこでカルビVSさしみ戦が始まるのだ。どうやるかというと
大変くだらなくて読んでいただくのも気が引けるんだけど
その料理のポイントを挙げてくのだ・・・

「さー、Shaqも何か呼ばれて~!」

たぶん、ポイントを挙げろという意味^^;

「いや~、こぉれはスンゴイせめぎ合いだぁっ!
むじゅかし~~~~~~~~~~~~~っ!!」
(これはサッカー解説者から学んだ言葉)

「ああっ!Shaq、私がそれイヤだって知ってるじゃんっ!」
(全部おまえが勝手に選んだんじゃねーかっ!)

「あっ!鶏肉は厳しいです。インフルエンザもらって
死亡します。」
(今韓国では鳥インフルエンザが大問題)

こんな調子でほとんど私が負けた。
決勝トーナメントは さしみ・ポッサム・韓定食の戦いに。
ここにイタリアンとかフレンチとかが出ないのが
いかにも庶民って感じでしょ。
どこがクリスマスディナーじゃって感じ。

ここで激闘の末、韓定食が優勝!
で、私の会社の前にあるちょっと高級な韓定食のレストラン
に行ったら、今日はある代議士の息子の結婚式の家族会?で
貸切だった・・・・

仕方なく 歩いて行けるポッサムがおいしい店に行った。
ところがそこも満席。20分待ちと言われた。

カマ夫が待つのはいやってことで、結局私たちが行ったのは

いつもランチでよく行く

しゃぶしゃぶカルグクスになってしまった。
平日ランチと同じかい・・T_T


でもこれ、おいしいの。
しゃぶしゃぶを野菜がたっぷり入った辛いスープの中に入れて
食べ、次はうどんみたいなのをその中に入れて食べ、最後はおじやにして食べ。
1回で3度おいしいってやつ。
しかも安い。
クリスマスディナー、しめて2万ウォン(2千円)・・・
スーパー小市民な私たち。

彼女にプレゼントをあげるために泥棒までする高校生も
捕まるくらいだというのに、
カマ夫はプレゼントも買わず、クリスマスディナーも
2千円で終わらせた。

それにしても 何のためのリーグ戦だったのか。
あれだけで30分は使ったというのに・・・
どんどんランクが下がっていったのは計算か・・・?

こうしてカマ夫&Shaqのクリスマスは終わった。

ちなみにカマ夫は今、ゲーム中。
自己解説しながらやってる。

「す~ばらしい守備よっ!みーごーとーなーカットォッ!」
「ここからシューッ!!いやん!」




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.