1118872 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

韓国ソウル!文家の掟

ふたりっきりのブルガマ

韓国は週末ずっと雨だった。

私とカマ夫は 昨日ブルガマへ行った。
ブルガマとは Tシャツを着たまま入るサウナ
みたいなものなんだけど、お風呂もあるし
汗蒸幕もあるし、寝る場所も食堂もあって
お手軽な健康ランドって感じか?

で、昨日は家からはちょっと遠いヨイドというところにある
ブルガマまで足を伸ばした。
もう2人の趣味みたいなものでソウル市内、郊外
いろいろなブルガマを回って歩いてる。

昨日行ったWというブルガマはきれいだし、広いし
とてもよかった。

・・・・・・・んだけど、やっぱりカマ夫がね。
かましてくれたよ。。。( ̄ー ̄;;)


60℃くらいに設定されている部屋へ2人で入って
他の人たちと同じように
ゴロッと横になって ストレッチみたいなことしてた。


「shaq ちょっと手伝ってよ」

とカマ夫が言った。
それで良妻・shaqはストレッチを手伝った。
片足を持って横に倒してギュッギュッと押してやった。


その時 カマ夫が 






     ああっ!!!!!!!!!!!Σ( ̄□ ̄ii  









と言った瞬間、



 
小さな穴から出口を探してたものが爆発した。





家でかましてるような 豪快なプー。Σ( ̄□ ̄ii  



その真後ろにいてギュッギュッと
彼の片ケツを押していた私はモロ そのプーを受け

愛する夫のプーにもかかわらず




 ぎょあぁぁぁぁぁっぁぁぁっぁあっぁぁ!!!!!





と絶叫してしまった。


テメェッ!!!(ノ ̄´皿` ̄)ノ°


その時その部屋には5,6人しか人がいなかったんだけど
おじさんたちは ヒッヒッヒとか笑い、(* ̄m ̄)マサニコンナカオデ・・

事件から1分ぐらいしてから
女性達は ポツポツとその部屋を出て行ったよ。
そしておじさんたちも出ちゃって



だ れ も い な く な っ た よ ・・・・・T_T




そりゃあ 出るよな・・・・

あんな密室で


しかも湿気満タンで


風船が割れるような音聞かされたらな・・・


臭いは全然わからなかったけど

私も急に酸素が薄くなった気がしたもんな・・・T_T





私が

「ちょっと!ここは家じゃないんだからねっ!」!!(ノ ̄´皿` ̄)ノ°


と怒るとカマ夫が言った。




「今のはね 、計  算  だ  っ  た  ん  だ  よ」




・・・・・・( ̄д ̄)はぁ?


「あのプーでふたりっきりになるチャクチョン(作戦)よ。( ̄∀ ̄ )」



・・・・・・・・・・。
おまえは新婚ほやほやボケナスエロ夫か?!!(ノ ̄´皿` ̄)ノ°
もちょっとましな言い訳考えろよってんだ。


5分くらいしてから 私たちもその部屋をでたんだけど
でたら さっきその部屋にいた女の人たちが
こっちを見て笑いながらなんか話してた。


ちょーハズカシかったよ。

どうしてくれるよ、うちの夫・・・・


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.