1126085 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

韓国ソウル!文家の掟

ソウルの不思議な交通事情-弾丸バス篇

観光でソウルに来たことのある方は、市内バスの色を
覚えているだろうか。
そう、答えは黄色。そう、きれいなのに 好きだと言ったら
”きちがい色”とか”クレイジーだ”と言われる黄色だ。
黄色好きの方には失礼だが、私は黄色は人をクレイジーにさせる
と思う。なぜなら ソウルのバスはまさにクレイジーだからだ。

昨日 書いた道路偏で道幅が広いことはわかっていただけたと思う。
それを悪用している(いや、有効に使っているとも言う)のは
バスだ。直線道路では 弾丸になる。とにかく速い。
日本のどこの公道でバスが80キロで走るだろうか。
もう てめーら、どけどけ!状態だ。信号無視も珍しくない。日常だ。
止まるのも 急ブレーキになりやすい。
ソウル人でもバスの中でヨタヨタする。
でも謝らない運転手。何様だ・・・
私の友達に 市内バスに乗って、車酔いして吐いたヤツがいる。
ほんの数分で車酔いさせるほど 揺れがすさまじいのだ。

当然 クラクションは鳴りっぱなしだ。クラクションを鳴らしたら
罰金があるという噂のロンドンに行ったら、韓国の運転手は即刻クビになるに違いない。
信号が青になって前の車が動かなかったら
プップー! 自分がむりやり車線変更するときは 
かなり横柄な運転するくせに 他の車がバスの前に入り込むとプップー!
本当にうるさすぎ。まわりを威嚇しすぎ!

ソウルでは バス停に時刻表などない。いや、あるにはあるが
何分ごとに来るというすごいアバウトな時刻表だ。
しかも時刻表でもアバウトなくせに 実際はそれ以上にアバウトだ。道が混んでいれば もちろん来ない。
これは仕方がないことだ。
ところが、反対にすいていたらどうか。
なんと連なって来るのだ。
前のバスが行ったばかりだから ちょっとゆっくり・・・なんて考えはあまりないようだ。
へたしたら 10分間に5・6台来たりする。
地下鉄の駅などにバス停は いろいろな路線のバスがくるため、メチャ混んでいる。
バスが止まるのもけっこう大変だと思う。
だからと言って なぜ乗る客の方が走り乗らなければならないのか?
ソウルの主要各所のバス停では 乗客たちは車道にはみだしてまで自分が目指すバスを見つけ、
そして追っかけなければならない。
無情にも走ってる人を見ながらも 去ってしまうバスのなんと多いことか。

バスの運転手さんたちは、
夜になると酔っ払いとケンカしたり、運転中に携帯で電話したりやりたい放題のように見えるが、(やりたい放題だけど)
実は優しい運転手さんも多い。
バス停じゃなくても 止まっていたら乗せてくれる人も多い。
ハルモニ、ハラボジが乗ってきたら、手を貸してあげる人もいた。
有線に合わせて大声で歌ったり、前に座っている客とだべる
フレンドリーな人もいる。
運転ももっと フレンドリーになってほしいものだ。

観光でソウルに来た人も ぜひ弾丸バスに乗ってみてね。



2005年現在、ソウルのバスはクレイジーな黄色ではなくなり
路線によって赤・青・緑・黄色の4種類になっている。
上で黄色は人をクレイジーにさせる、その証拠がソウルのバスだ。
と書いているが、それは誤りであった。

色が変わっても ソウルのバスはあいかわらずクレイジーだった。

はじめの頃はびびって乗ったバスも
今では 早くていいじゃん!と思うようになったShaq。
もう日本に戻れない体になってしまった・・・・TT


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.