1113640 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

韓国ソウル!文家の掟

PR

Profile


shaquill

Freepage List

ALL ABOUT カマ夫


日韓カップルそれぞれの事情・初公開・自分


私の夫はゲイ


バカ夫との別れ


カマ夫・禁句連発の旅


今日のカマ夫


私の体を利用しないで!


最近のカマ夫


たったひとつの贈り物


カマ夫の逆襲・Shaqの韓国語


カマ夫の愛・2時間弱で崩壊


キムタクラ BYカマ夫


カマ夫が眠いとき


カマ夫杯X’masディナー決定戦


カマ夫が出張で学んだこと


カマ夫流「地上の星」は食物連鎖の歌


カマ夫とトム・クルーズ


サムライ


カマ夫の「プロジェクトX」


おなら大王


Shaqは会社でコイしてます


Shaqとカマ夫の慣用句対決


カマ夫が男になった日


カマ夫のリトル・マーメイド


かぶれやすい男


ふたりっきりのブルガマ


病室でもカマ夫ワールド展開中


あなたいつから父の愛人に?


カマ夫流ホームシックの治し方


カマ夫に怯える日本人


カマ夫・NARUTOにハマる


shaqとカマ夫はラブラブ


カマ夫の松田聖子


おっさん


カマ夫のお笑いブーム


カマ夫・もう一息


ホットライン


ALL ABOUT Shaqの家族


和田アキコなShaq父


冷凍まぐろなShaq母


マヨラーな兄


韓国のお母さんは超きれい好き


shaquill's gallary


KOREA恐るべし


小市民ワイロの実態


やくざリングで結婚しよう!


ソウルの不思議な交通事情-バイク篇


ソウルの不思議な交通事情-裏通り篇


ソウルの不思議な交通事情-弾丸バス篇


韓国で酒を飲む時は・・・


韓国の看板は・・


韓国の工事は人を怒らすためにある


韓国で変だと思ったモノ(トイレ篇)


韓国で変だと思ったモノ(コーヒー篇)


韓国で変だと思ったモノ(街角ダンス篇)


生まれてくる子供の性別を知るには?


あなたは他人の子供に注意できるか?


韓国はなぜギラギラなの?


これが学生の親の仕事なのか?


June 25, 2006
XML
テーマ:韓国!(12507)
カテゴリ:カテゴリ未分類

土曜日の朝に行われたW杯スイス対韓国戦の
ニュースは 結構日本でも取り上げられているのかな?
この日記を読んでくれている方たちは
おそらく 少しは韓国に関心がある方たちだろうから
知ってるとは思うけど
現在 韓国では その試合中の疑惑の判定?で
盛り上がりまくってる。
一つ目は スイス選手にハンドリングがあったのに
審判がそれを流したこと。
もうひとつは後半 スイスがオフサイドだったのに
主審がそれをオフサイド判定せず(副審は旗を揚げていた)
結局ゴールが決まってしまい、2-0になったこと。
韓国では テレビ局3局が同時に放送していて、
私はその試合をMBCという局で見てたんだけど
ゴールが決まった時は 解説者もゲストもおかしい、おかしいの連発で
リプレイが出ると ゲストのチャボングンさんが一瞬 言葉がなくなったのが
印象的だったよ。
その後SBSにすると、割と冷静にオフサイドじゃないと
言っていたけど、それでも納得できない様子で何度も
そのシーンの話を続けてた。
一番笑えたのが 再放送で見たKBSスポーツというケーブルチャンネルで
国営放送のKBSの中継とはまた別に、韓国で毒舌で有名なキムグリという人が
解説?になってない解説をしてるんだけど、これがボロクソに言いまくりで
爆笑だった。解説じゃなくて すでに一サポーター?化してて
無言は続くし、審判やスイス選手にすごい悪口言いまくるし、拍手するしで
確かにこれは地上波では無理かな?という感じだった。

試合が終わったあとの ソウルは恐ろしいくらい静かだったよ。
私は土曜日午後から仕事があったけど、
全然人が歩いてなくて(みんな応援疲れで寝てたと思う)妙な静けさだった。
ところが その影では 壮絶な抗議作戦を展開していたらしい。
同僚のケータイに FIFAの公式サイトに24時間以内だかに抗議文を
500万送れば再試合になるとメッセージがきた。(私のには来なかった。なんで?--;)
NEVER(韓国最大ポータルサイト)を見ると、
抗議文の内容を英語でわざわざ書いてあって、このとおりに書いてFIFAに送れと
伝令?(笑)が出てたよ。
私は思わず

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

と笑ってしまった。
絶対なんかするとは思ってたけど。
火がつくと 韓国人は後先考えず突っ走るからね。
あとでニュース見たら FIFAの公式サイト一時ダウンして
韓国IPは遮断されてるっていうじゃない。
さすが韓国。またしても ネットでテロですよ。
NEVERニュースはおもしろいよ。
もう言ってることやってることが 矛盾しまくりだから。
フランス戦が終わった時、フランスがノーゴール判定に激怒して
あのゴールのせいで流れが変わった、みたいなこと言ったら
「いつまでも現実を認められないのは潔くない」とか
「かつて5-0で勝ったアジアの小国の実力に冷や汗」とか
「試合後に文句を言うのはスポーツマンらしくない。認めるべき」
とか言ってたのに
いざ 自分たちがその立場になったら
このざまですから。
気持ちはわからなくもないけど、
フランスも再試合したいくらいの気持ちだったのは同じだし、
2002年のスペインやイタリアだって 同じくらい悔しかったと思うけどね。
なんでそこまで考えが至らないのか、不思議だよ。

でもね、もっとひどいのは
パクジソンが試合後のインタビューで
誤審だとしても、それも試合の一部だ
と発言した記事のレスに

「パクジソン死ね!」とか「もうお前の出る試合は見ない」とか
ひどいこといっぱい書いてたの。
今まで韓国のヒーローみたいに扱われて褒めちぎってたのに。
しかも試合でも素晴らしいプレイしてたのに、キレたファンはそんなこと忘れたらしい。
そして 同じくオランダで活躍中のイヨンピョが
「審判は家に帰れば自分のしたことに気づくだろう」
みたいなコメントをしたら、レスは「そのとおり!」「がんばれ!」となってる。
客観的にみて パクジソンの方が サッカー選手として尊敬できると思うんだけどね。

今のところ、韓国ではFIFA副会長のチョンモンジュンさんが
公式的にFIFAに抗議するということになったらしい。
韓国ネチズンによると、FIFAの会長はスイス人で
シニア・バイスプレジデントがアルゼンチン人らしい。だから
判定もスイスよりで審判を買収した可能性があるそうだ。

はっはっは・・・・
なんかこれみた時、語るに落ちるっていうかさ。
じゃ、2002年のとき チョンモンジュンさんが審判買収したって噂を
あんたたちが肯定してるようなもんじゃないの?
と思っちゃったよ。
彼も副会長だもんね。そういえば、その後モレノ審判って国際試合でジャッジ
してるんだろうか?

で、実際のところ、あれはオフサイド?オフサイドじゃないの?
カマ夫はオフサイドじゃないって言ってるけど、そうなんですかね?

それから W杯に関連したニュースで
こっちのネット記事では ドイツでフランス戦が終わったあと
韓国人サポーターたちが朝まで韓国の伝統楽器で銅鑼みたいなうるさいやつを
鳴らし続けてドイツ人を怒らせたり、銅像に上ってビールを飲んだとかで
ドイツに移民したり留学している韓国人たちから苦情が来てると出てたよ。
なんかほとんど韓国の応援団は素晴らしいとか褒めまくった記事ばっか
だったけど、実際はこんな感じ?
それと韓国のテレビ局がイギリスのフーリガンたちにお金払って
ビール瓶を投げたり、暴れてる姿を撮影したってイギリスのサイトを紹介してたよ。

まともな韓国人たちまで同じ眼で見られるのはかわいそうだよね。
それにしても、外国から認められたり、褒められたりすることが至上の喜びであるはずの
韓国人がなんでこんなことしちゃったのか これまた不思議だよ。



今韓国はこんな感じですが
実際のところ、私の周りは 試合も見ずに寝てたって人も多いし(カマ夫も)
早くW杯終わってよかった、なんていってる人も多いです。
日本同様、マスコミがあおってるってことかねぇ。
ああ、私は明日の株価の方が気になるよ。
でも私はW杯、寝不足になりながらも毎日楽しみにしてる。
おもしろくて。いい試合たくさん見たいよね。






Last updated  June 25, 2006 11:55:04 PM
コメント(32) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

ナースDavidの館 David RNさん
タルギウユ ヘバラギママさん
☆うつぼチックな夜明… うつぼちゃんさん
思った事を書いてみ… gota101さん
★ハワイで暮らす日々… ジャスミンHAWAIIさん

Comments

 ゆみ416@ Re:くそったれ韓国人(12/30) 分かります。私もいま、正に、壊れる寸前…
 REX@ 絶対に信じては駄目! 在日の韓国人の中には、確かに親日の人も…
 katsu@ Re:くそったれ韓国人(12/30) だいじょうぶですよ、やっちまってくださ…
 死ねw@ 死ねw チョンが抹消すえば」100%平和www…
 ゆず@ Re:履歴書(08/02) お元気ですか? ブログがずっとお休みで…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.