751572 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

“しょう”のブログ

PR

X

Profile


shchan_3

Category

Comments

渡邊昌@ Re:児玉龍彦(内科医、東大先端研)の「提言」(04/12) 児玉さん、ご活躍なによりです。国立がん…
shchan_3@ Re[1]:致死ウイルスに向き合う 児玉龍彦(05/14) コメットさんへ >私は原発除染の時から…
コメット@ Re:致死ウイルスに向き合う 児玉龍彦(05/14) 児玉龍彦さんを信じているんですね。 私は…
shchan_3@ Re[1]:憲法改正に関する玉木代表の発言について(07/27) KUMA0504さんへ  お久しぶりです。コメ…
shchan_3@ Re[1]:ポスト京都議定書に向けてIPCCの論議(12/14) 京都議定書失敗から学ぶ研究生さんへ  …

Favorite Blog

2回目のワクチン接種 New! moririn65さん

新じゃが登場 New! けんとまん1007さん

「目でみることば」… KUMA0504さん

北欧の資本主義 meisinn2006さん

・「政権幹部」とは… あならいざぁさん

Calendar

2008.03.25
XML
カテゴリ:悲鳴をあげる学校
小野田さん(小野田教授)の提起 3

3 日本の学校は本当に「閉鎖的」なのか?

 教育や学校にかんするさまざまな事件が起きるたびに、マスコミなどは「教師たる者は、かくあるべし」とか「だから学校は、硬直的で閉鎖的と言われるんだ」と評することが多くなってきました。たしかにいくつかの側面からは、そのように見えることは事実です。

 しかし学校は、体罰や管理主義教育の問題が表面化してきた一九八〇年前半までとは異なり、かなり柔軟な姿勢になり、また地域に開かれた取り組みを進めてきているところも多くなっています。

 私のところにマスコミ関係者が多くきますが、話をしてみると、今の学校がどのようになっているのか、あるいは教職員が機能しているかについては、じつはよく知らないことに、こちらが驚きます。しかしマスコミ関係者も「世間」の一つであり、同時に非常に強く「世間を形成」する存在ですから、このズレはかなり大きいものといえます。

 日本の学校は、閉鎖的なのでしょうか。学校と家庭との関係では、相当すぎるほどのコミュニケーション・チャンネルをもっているのですが、それが正当に評価されないまま、一方的に固定的なイメージで語られていないでしょうか。

 日本の学校ほど学校から家庭に対していっぱい情報が提供されている国はないのです。紙による情報提供は世界でいちばん多いと思います。(…)授業で使うプリントの類以外に、家庭向けの文書資料が大量にあるのです。

 つまりコミュニケーション・チャンネルというのは、まず紙を用いたかたちで豊富にあるでしょう。授業参観は学期に一回あります。そして、個人懇談、学級懇談もあるわけです。

 膨大なコミュニケーション・チャンネルを持っています。さらにもっと言えば、担任の先生などのところに、夜中に電話がかかってくることもあります。

 「先生すいません。うちの子が家出してしもうた。どないしょ?」と保護者から。すると先生は、それが夜中の一二時であろうが一時であろうが、電話に飛び起きます。

 電話が鳴ったとたんに「うちの田舎のじいちゃん、そろそろ危ないと言ってたけど、危篤の知らせかな?」という思いも持ちながら、真夜中に電話を受けます。

 するとクラスの「生徒の家出」ということで飛び起きて、「それじゃあ、こちらでできるだけのことはやりますから」といって、学校の緊急連絡網を使って生徒指導の先生に連絡します。

 また、校長や教頭にも連絡するなどのことをやります。つまり学校での勤務時間だけでなくて、時と場合によって二四時間体制で受付をするわけです。これが日本の学校の実態です。こういう国はほかにありません。

 ここまでやっていて「学校が開かれてない」という言い方には、私は「それはないんじゃないの」と言っています。もっとも開かれているのが日本の学校なのです。

〔コメント〕

 「一億総教育評論家」という言葉を使う人が前々任校でいました。すべてといっていい人が学校に通った経験を持っているわけですから、「学校について自分はよくわかっている」と思いがちです。

 しかし、例えばPTA活動に熱心な保護者で「教職員(先生)とひざをつき合わせて色々話をして、はじめて生徒の時には見えなかった教育現場の実情がわかった、」と言われる人も多いです。

 「イチャモンから結び合いへ」が重要テーマなのですが、それを実現していくためには、教職員と保護者とがしっかり話をすること、直接の話が難しい場合にも両者が互いの現状に対してしっかりと想像力を働かせることが大切だと感じます。

 それに逆行するような政策を強引に進めていった「安部前政権」のやりかたにはいまだに憤りを感じているのです。


ご訪問いただきありがとうございます。一押ししていただけるともっとうれしいです。
   ↓
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

(教育問題の特集も含めてHP“しょう”のページにまとめていますのでよろしければ…)






Last updated  2019.03.23 20:08:47
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.