780850 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

“しょう”のブログ

PR

X

Profile


shchan_3

Category

Comments

渡邊昌@ Re:児玉龍彦(内科医、東大先端研)の「提言」(04/12) 児玉さん、ご活躍なによりです。国立がん…
shchan_3@ Re[1]:致死ウイルスに向き合う 児玉龍彦(05/14) コメットさんへ >私は原発除染の時から…
コメット@ Re:致死ウイルスに向き合う 児玉龍彦(05/14) 児玉龍彦さんを信じているんですね。 私は…
shchan_3@ Re[1]:憲法改正に関する玉木代表の発言について(07/27) KUMA0504さんへ  お久しぶりです。コメ…
shchan_3@ Re[1]:ポスト京都議定書に向けてIPCCの論議(12/14) 京都議定書失敗から学ぶ研究生さんへ  …

Favorite Blog

「カムイ伝第二部」… New! KUMA0504さん

大蕪の甘酢漬けと富… New! けんとまん1007さん

・連合芳野会長は労… あならいざぁさん

日本の教育は、これ… 今日9729さん
       世に… che-gさん

Calendar

2012.12.14
XML
カテゴリ:震災、原発事故

 この間、福島第一原発事故の検証にかかわる記事を二度にわたってアップしました。

 検証・福島原発事故・官邸の100時間

 官邸の作成していた「福島原発-最悪のシナリオ」 

 木村英昭をはじめとする朝日新聞の記者が「事故検証」のルポルタージュをまとめた意義の一つは「報道機関の信頼を取り戻す」ことでしょうが、それは同時に「垂れ流された不確かな情報」をただしていくことにもつながります。

 私は、上記記事に関連した用語でネット検索をしてみたところ、以下のような興味深いものを見つけました。 

 「デマ情報を流した安倍晋三の配信」と、それをほとんどそのまま報道した新聞

 内容が関連する別のブログ記事

 これが事実であるとすれば大きな問題だ、と私は考えましたが・・・。政治家個人による情報配信は事実として行われているようです。

  「福島原発事故について誰も責任を取らないだろう」という趣旨の発言をしたのは小出裕章氏ですが、私自身も 「本来責任を取るべき人たちが責任逃れをするために、時の政府・首相を攻撃したのではないか」、という疑問を強く感じて記事にまとめました

 1年以上前のものですが・・・。

 同趣旨の意見もネット上にありました。

 国会における「事故対応の追及」の問題点(yahoo知恵袋 ベストアンサーの意見)
 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ人気ブログランキングへ 

教育問題に関する特集も含めてHPしょうのページ​に
(yahoo geocitiesの終了に伴ってHPのアドレスを変更しています。)

 「しょう」のブログ(2) 〕もよろしくお願いします。生活指導の歩みと吉田和子に学ぶ『綴方教師の誕生』から・・・ (生活指導と学校の力教育をつくりかえる道すじ 教育評価1 など)







Last updated  2019.03.15 22:55:45
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.