619938 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

“しょう”のブログ

PR

Profile


shchan_3

Category

Comments

shchan_3@ Re[1]:憲法改正に関する玉木代表の発言について(07/27) KUMA0504さんへ  お久しぶりです。コメ…
shchan_3@ Re[1]:ポスト京都議定書に向けてIPCCの論議(12/14) 京都議定書失敗から学ぶ研究生さんへ  …
KUMA0504@ Re:憲法改正に関する玉木代表の発言について(07/27) 教えてくださってありがとうございます。…
京都議定書失敗から学ぶ研究生@ Re:ポスト京都議定書に向けてIPCCの論議(12/14) COP3、京都議定書が日本にとって大失敗に…
shchan_3@ Re[1]:沖縄と連帯するとっとりの会(12/20) KUMA0504さん、お久しぶりです。  米国…

Favorite Blog

黒猫マーちゃん脱走 New! moririn65さん

2019年9月に観た映画B New! KUMA0504さん

柿のある風景 New! けんとまん1007さん

・二階氏「まずまず… あならいずぁさん

「京都アニメ」放火… meisinn2006さん

Calendar

2019.09.02
XML
カテゴリ:時事問題

 9月1日のサンデーモーニングで青木理氏は次のように述べました。
 「日本が輸出規制を始めたのは参議院選挙の告示前、(日韓)両方の政権が強硬な態度をとることで政治利用してきたという面がある」、「冷静になって中長期的に考えてみたら日韓両国にとって得になることは一つもない・・・経済を傷つける・・・」、「韓国は意見が多様化してきているが日本の場合はほぼ韓国批判一色」、「政治とメディアが本来煽っちゃいけないのに(対立を)煽っていい気になっているという風潮が日本ではむしろ強まっている」 

 全くその通りだと考えていますが、例によって「反日か」といった攻撃が多数あるようです。しかし「何一つ得にならない」というのは経済界の本音でしょう。いくつか新聞等の記事を引用しておきますので、ぜひご一読ください。

韓国輸出規制に賛成少数
主要企業アンケート

​ 8/12 付「四国新聞」、「日本海新聞」他​

 政府の韓国に対する輸出規制の評価について「賛成」と積極的にとらえる企業はなく「どちらかといえば賛成」も6%にとどまった。韓国で日本製品の不買運動が拡大するなど影を落とす中、協議を通じた早期解決を求める意見が多かった。
(・・・)
 政府は安全保障上の問題を理由とした輸出管理の厳格化で妥当な措置と主張するが、政府間の対立が深刻化する一方で冷静に受け止める企業が目立った。
 「安全保障上の懸念が明らかにされていない」とのコメントもあった。(・・・)


【韓国】【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」[経済]
  収束見通し、日系が悲観的見方
​​

​8/21 付 NNA ASIA​

 日韓関係の悪化を受けて、NNAと韓国紙・亜洲経済新聞は両国でビジネス展開する企業(在韓日本企業64社、在日韓国企業74社)への影響についてアンケート調査した。その結果、日韓企業の61.6%が「実害は避けられない」とみていることが分かった。事態収束の見通しについては、日系企業の5割が「来年以降も続く」と回答するなど、韓国企業より悲観的に見ている。

​​韓国との関係を戦後最悪にした安倍政権!韓国叩きで頭を抱える観光地! 
          悲鳴をあげる製造業!国益を毀損する亡国への道   2019.8.31
​​
 
​(取材・文:フリージャーナリスト横田一 記事構成:IWJ編集部より)​

 「15年間積み上げてきたものが一気に崩れた」と頭を抱える観光地!最大顧客の韓国人が7月以降5分の1に激減!

 国内のメディアには「日韓関係悪化でより大きな打撃を受けるのは、韓国側」といった「日本優位説」が流れているが、データ(統計)に目を向けると、日本側の損失が大きいことは一目瞭然だ。

 韓国に対して日本は世界各国でトップ5前後の黒字を上げ続けており、2018年も約4300億円の「旅行(観光+出張)黒字」と約1兆4000億円の「貿易黒字」などを合計した総黒字額は、1兆9404億円にも及ぶ(財務省の「国際収支状況」)〔ただし、韓国への「売上」総額は差し引きの「純黒字」をはるかに超える:引用者〕。

​ そんな「お客さん」の韓国との関係が戦後最悪の状態にまで冷え込めば、当然、右肩上がりで増え続けてきた訪日韓国人は減少に転じ、部品や材料を韓国に輸出して儲けていた日本メーカーは売上減に陥ってしまう。九州の観光地を韓国人に紹介してきた観光コンサルタント会社社長は、「15年間積み上げてきたものが一気に崩れた」と頭を抱えていた。

 「九州で韓国人に人気ナンバー1は大分県湯布院温泉ですが、例えて言えば、日本からフッ化水素などの材料を輸入しているサムスンなどの社員が福岡経由で湯布院を訪れ、旅館でお金を使うので地元食材の調達が増え、宿泊施設の増改築を請け負う工務店の仕事も増えていく。日本にとって韓国人は二重の意味で『お得意様』ということです。日本から材料や部品を買った韓国メーカーが製品を輸出して儲け、そこの社員が日本を訪問してお金で落すからです」

 外国人観光客増加は、観光業者だけでなく、その地域の農家や建築業者にも経済的波及効果があるということだ。ちなみに政府が「ビジット・ジャパン」の取組みを始めた2003年当時、湯布院を訪れる外国人観光客の割合は1%未満であったが、「現在は約7割で日本人の倍以上で、その外国人観光客の約7割が韓国人です」(先の会社社長)

 湯布院温泉旅館「牧場の家」の女将・浦田祥子さんも、こう話す。
 「離れ形式の客室が12棟あるのですが、これまでは半分ぐらいが韓国の方でしたが、7月に入って割合が急に減り始めて8月は1割以下になってしまいました。予約のキャンセルが相次いで、新規の予約もほとんど入らなくなりました」。

 牧場の家も外国人観光客が約7割で、その7割(全体の5割)が韓国人だったという。これまで右肩上がりで増えて最大の顧客となった韓国人観光客が7月以降、右肩下がりに転じて5分の1にまで激減してしまったのだ。

 浦田さんは7月9日、フェイスブックで「韓国政府と日本政府のニュースを見て悲しくなります」と切り出して、その思いを書きつづった。
 「韓国・香港・上海・台湾・・・お客様は旅行という楽しみで来られています。互いの理解を深められる一つとして『旅行』があります。どの国も方も素晴らしく、FB友達もたくさん出来ました。お客様は『私達は日本が好きで、旅行を楽しんでいますよ』と仰って下さいます。一人一人は素敵な方ばかりなのに、どうして国でまとめるとこんな事になってしまうのでしょう。
(・・・中略・・・)「国はその後の平和が見えているのでしょうか。心穏やかに政策をしていただきたいです」。

​ 先の会社社長もこう話す。「韓国人観光客に旅館で一生懸命おもてなしをしていたのに、何も悪いことをしていないのに韓国人のお客さんが激減してしまったのです。7月に湯布院の旅館を回った時に、『政治は政治、経済は経済と区別して影響が及ばないようにして欲しい』『政治のとばっちりを経済が受けている』という声を聞きました。我われわれ観光関連会社も『日韓関係悪化で誰が得するのか。何のメリットもない』という同じ思いです」。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村人気ブログランキングへ

​​ 教育問題に関する特集も含めてHPしょうのページ​に
(yahoo geocitiesの終了に伴ってHPのアドレスを変更しています。)

​​
「しょう」のブログ(2) もよろしくお願いします。生活指導の歩みと吉田和子に学ぶ『綴方教師の誕生』から・・・生活指導と学校の力教育をつくりかえる道すじ 教育評価1 など)​​​​​​​
​​​​​​​​​​​







Last updated  2019.09.02 22:33:14
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.