000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2006年4月に読んだ本

今月はあまり読めないかも。。。

*51冊目 4月2日
「泣かない女はいない」 長嶋 有
長嶋さんの本、初めて読みました。
読んでてとっても心優しくなれた物語でした。
睦美は最後まで桶川さんに告白できなかった(しなかった?)
けど、それはそれでいいラストだったなぁ。

*52冊目 4月3日
「明日に手紙を」 赤川次郎
あるメーカーが作った不良品の洗濯機で、女性が感電死してしまった
事から物語が始まる。
会社の裏側、取引、何だか読んででムカつきつつ赤川さんの本は
面白くて今回も一気に読めた。

*53冊目 4月4日
「ウェディング・キャンドル」 谷崎 光
谷崎さんの本、初めて読みました。
5人の女性が登場する短編集。
共感出来る物語あり、考えさせられる物語アリ。
「雪の手紙」「中の島・緑」印象的でした。

*54冊目 4月7日
「小春日和」 野中 柊
双子の姉妹、小春と日和は映画好きの母親の影響でタップダンスを
始めそれがきっかけで一躍CMスターに。。。
子供の気持ちと、大人の気持ち今の自分だったら凄く分かる
部分が有ったり懐かしかったりの物語でした。

*55冊目 4月13日
「天使に見捨てられた夜」 桐野夏生
桐野さんの本初めて読みました。
長編作品だったので読むのに時間掛かりましたが、内容の濃い
物語でした。
失踪したAv女優の捜索依頼を受けた、女性探偵村野ミロが
主人公。
ラストの犯人は私の予想外でとても面白かった!

*56冊目 4月15日
「ベターハーフ」 唯川恵
ベストではなくベターである。
最高ではないがまあまあのパートナー。
結婚は奥深いけどそんなベターな相手で有れば結婚は大成功と
言える物語でした。

*57冊目 4月18日
「子育てハッピーアドバイス」明橋大二
これは、子育て中の旦那さんにも読んで欲しい本です。

*58冊目 4月20日
「超・殺人事件」 東野圭吾
小説の中で、小説を読んでる感じでした。
「超理系殺人事件」は理系が苦手なので飛ばしてしまった(~_~;)

*59冊目 4月21日
「1リットルの涙」 木藤 亜也
ドラマを観て、読んでみたくて借りました。
亜也さんの日記を読んで、こんなだらだらした自分が恥かしく
なり精一杯頑張ろうと思いました。

*60冊目 4月22日
「悪意」 東野圭吾
これは、トリックによるトリックで最後はこうなるでしょ?
と思ってたのにそうくるかぁ~!?
で終った。面白くて一気に読めました。
東野さんの作品にハマってしまいそう。。。

*61冊目 4月24日
「ボランティア・スピリット」 永井するみ
ボランティアをテーマに描かれた短編集。
さまざまな人間模様、登場人物が全て物語りに繋がってて
とてもテンポ良く読めた作品。

*62冊目 4月25日
「私が彼を殺した」 東野圭吾
犯人が分からない~。。。
いつか絶対謎解くぞ!

*63冊目 4月28日
「プラナリア」 山本文緒
無職をテーマにした短編集。
誰の心の中にも有る葛藤や思いが上手く描けてました。

*64冊目 4月30日
「天国はまだ遠く」 瀬尾まいこ
現実全てが嫌になり、自殺をしようと北の山奥の民宿を
訪れた千鶴。
睡眠薬で自殺を図ろうとするものの、失敗。
その後、山奥の生活が快適だけどここが自分の居場所
ではないと気付く。成長したのね。
民宿経営者の田村さんとやり取りが可笑しい。
これ、最後は恋に発展するのかな?と匂わせた爽やかな
ラストだった。

*65冊目 4月30日
「私の頭の中の消しゴム」 木村元子
映画を観て、原作も読みたくなり借りてみた。
原作は日本のドラマがベースで、読んでて泣けてきた。
永作さん&緒方さんのドラマも観てみたくなりました。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.