272077 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2006年5月に読んだ本

連休の間に沢山読みたい^m^

*66冊目 5月1日
「優しい音楽」 瀬尾まいこ
3作品収録されてます。
どれも凄くインパクトの有る作品でした。
面白くて、一気に読んでしまいました。

*67冊目 5月2日
「火の粉」 雫井脩介
元裁判官の勲は、一人の男に無罪判決を下す。
そこから物語りは始まる。
そして、無罪を下された武内が勲の隣に越して来て、以来
不可解な事件が起こる。
人間の表と裏、二面性。。。
ラストはとにかく恐ろしくて鳥肌モノだっけど
凄く面白くて、分厚い本なのに一日で読んでしまった。

*68冊目 5月4日
「不運な女神」 唯川恵
短編集。それぞれの物語の登場人物が出ていて、その人物との
繋がり人間関係が見えて面白かった。

*69冊目 5月6日
「青の炎」 貴志裕介
愛する妹と母を守るために、17歳の少年は犯罪者に。
一見完璧とも思える殺人だったが。。。
少年は、ただ家族を守りたかっただけなのに。。。
ラストは衝撃で、そして切なかったです。

*70冊目 5月8日
「海と川の恋文」 松本侑子
一人の人を一途に思い続ける、男と女。
最後まで、ラストがどうなるのかとても気になった作品。
ラストは泣きそうになってしまった。
純愛。。。なのかなぁ。それだけじゃない二人の絆を感じた
作品でした。

*71冊目 5月10日
「妻の女友達」 小池真理子
小池さんの本は何冊か読んでますが、この本は私が今まで
読んだ小池ワールドとは少し違う?感じ。
面白くて一気に読んだけど怖いです、とても。。。

*72冊目 5月12日
「予知夢」 東野圭吾
予知夢をテーマにした作品。
天才科学者湯川と、刑事草薙のコンビがいい。
相変らず、予想を裏切る展開にびっくりでした。

*73冊目 5月14日
「死者は空中を歩く」 赤川次郎
大富豪に殺しを依頼された4人。
大屋敷で繰り広げられる殺人事件。
赤川さんの作品は途中に笑いも入ってるのでそこがツボです。
長編でしたがテンポ良く楽しく読めました。

*74冊目 5月16日
「雨恋」 松尾由美
自殺をしようとして、自殺を思いとどまった女性が思わぬ
不運が重なりそのまま自殺で死んでしまう。
自殺を辞めたのに、どうして自分は死ななければならなかったのか
そんな思いを残し、彼女は雨が降る日に自分が自殺した
マンションに現われます。そこに住んでいる彼は真相を解明
していきつつ彼女に徐々に惹かれていって。。。
切ない恋愛小説です。

*75冊目 5月17日
「心のかけら」 広谷鏡子
12歳年下の男と恋に落ちる女性の物語。
彼は心の病で、徐々に二人の心は離れて。。。
これは面白くて一気に読んだけど、主人公の比沙子は
年上だからと何だか痛々しい、ラストは前向きな感じで
良かった。

*76冊目 5月20日
「濡羽色のマスク」 赤川次郎
杉原爽香シリーズ、29歳になった爽香。
今回は、政治絡みの物語。今回のシリーズも個性的なキャラが
登場。
このシリーズの登場人物がどんどん成長してるので面白い。

*77冊目 5月21日
「空中庭園」角田光代
団地住まいの、京橋家の人々それを取り巻く人達の
短編集。
角田さん独特の世界だなぁと思った。
この作品は小泉今日子さん主演で映画化されてるので
是非観たいです。

*78冊目 5月22日
「虹色のヴァイオリン」
杉原爽香シリーズ。31歳になった爽香。
爽香の素性を知ろうとする殺し屋も現われて。。。
これは続きが気になります。

*79冊目 5月23日
「あなたがほしい」 安達千夏
女性を愛してしまった、女性の話。
読んだけど、個人的に自分の中に入ってくるのが
難しい作品でした。

*80冊目 5月23日
「しようよ。」 島村洋子
「すきじゃないわよ、したいだけよ」って感じの
短編集です。

*81冊目 5月26日
「回想電車」 赤川次郎
短編集。
人の怖さ、優しさ、誰でも経験しそうな?少し不思議な
そんな物語が9編収録されてます。

*82冊目 5月29日
「だれかのいとしいひと」 角田光代
短編集。
角田さんの本は何冊か読んだけど、本当に独特の世界観
不思議な世界に引きずり込まれるような気がします。
この短編集の中では「誕生日休暇」が凄く印象的でした。

83冊目 5月30日
「夜」 赤川次郎
突如襲った大地震に、田舎町の新興住宅地が取り残され
暗闇の中で猛獣が暴れ、犠牲者が。。。
パニックサスペンスなんだけど、所々赤川さんらしい
ユーモアもある物語でした。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.