000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2006年6月に読んだ本

雨の季節~。お家で読書!

*84冊目 6月2日
「蹴りたい背中」 綿矢りさ
人気モデルオリちゃんをこよなく愛するにな川。
そんなにな川が気になる長谷川。
年頃の男女の気持ちが手に取るように分かる物語。
こんな気持ち、有るよね?って思うツボが沢山有った。

*85冊目 6月6日
「白夜行」 東野圭吾
結構分厚くて、読むの大変かな?と思ったけど
ドラマを観てたから、結構すぐに読めた。

*86冊目 6月7日
「小豆色のテーブル」 赤川次郎
杉原爽香シリーズ、24歳。
爽香が狂言誘拐に巻き込まれて。。。
恋人明男の判決も読み応え有りました。

*87冊目 6月8日
「オアシス」 生田紗代
父親の単身赴任をきっかけにすっかり自堕落生活を
するようになってしまった母とそれを支える二人の娘
の面白おかしなストーリー。
ちょっと不思議な物語でした。

*88冊目 6月9日
「恋バナ 青」 Yoshi
一気に読みました!凄く読みやすくて、恋は切ないけど
恋がしたくなるそんな本です。

*89冊目 6月9日
「恋バナ 赤」 Yoshi
こちらも一気に読みました。
「告白」良かったぁ。泣けました。

*90冊目 6月10日
「怪談人恋坂」 赤川次郎
雨が降る日に何かが起きる。。。
執念がテーマの、人間の弱さと悲しみを浮き彫りにした
作品。

*91冊目 6月11日
「世界中が雨だったら」 片山恭一
3篇収録されてるんだけど、殺人絡みの作品なので
どれも心理的に少し怖い?作品でした。
中でも「琥珀の中に」はとても印象的でした。

*92冊目 6月15日
「秘密」 東野圭吾
感想は6/16の日記に。
面白かったので、映画も観たいです。

*93冊目 6月17日
「防風林」 永井するみ
面白かったんですけどね。。。
読んでたら最後の展開が分かりました(^_^;)

*94冊目 6月19日
「どちらかが彼女を殺した」 東野圭吾
最愛の妹を自殺と見せかけ殺害された現役警察官
が犯人に復習の為、証拠品を押収しそして事件を捜査する。
東野作品ではお馴染みの加賀刑事も登場。
犯人を読者が当てるんだけど、悩んだけど今回は
ほぼ分かったかな。
いやいや、面白くて一気に読んでしまった。

*95冊目 6月19日
「生きがいの創造~生まれ変わりの科学が人生を変える~」 飯田史彦
友達から凄く前向きになれるからと借りた本。
読んでみたら、生まれ変わり死への考え本を読んで
それは怖い事ではないんだと少しだけ気持ちに変化が。。。

*96冊目 6月20日
「拒否する教室」 赤川次郎
短編集。
ちょっと不思議で、怖い物語集です。

*97冊目 6月21日
「水晶婚」 玉岡かおる
結婚をテーマにした、短編集。
玉岡さんの本は初めて読んだけど、短編集という事も
有ったのか?とてもテンポがよく読めました。
共感出来る部分や女の怖さも盛り沢山~。
とても面白かったので、又違う作品も読んでみたいです。

*98冊目 6月23日
「十四番目の月」 海月ルイ
誘拐がテーマの本。
海月さんの本は初めて読んだけど、話の展開
登場人物の気持、背景、感情。。。
なかなか上手く描けてて感情移入出来ました。
なかなか犯人が分からなくて、推理に悩んだけど
犯人が分かる展開も、とても分かりやすくて
面白かったです。

*99冊目 6月25日
「薔薇の木枇杷の木檸檬の木」 江國香織
これは、とても読みやすかっだてす。
登場人物がとても多いけど、それぞれの関係や繋がり
行動や気持ちとても分かり易く描かれてました。
とてもインパクトの有るタイトルだったから
このタイトルの持つ意味は?と最初に思いました。
読んでいて、はは~んと思いました。

*100冊目 6月26日
「冬の旅人」 赤川次郎
短編集です。
人気シリーズの三毛猫ホームズと、おかしな大学生
永井夕子が共演して事件和解する物語も有ります。
赤川さんらいユーモアだなと思いました。

*101冊目 6月28日
「雪が降る」 藤原伊織
藤原さんの本は初めて読みました。
短編集なのでとても読みやすかったです。
本のタイトルにもなってる「雪が降る」
印象的な物語でした。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.