000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年1月に読んだ本

今年も沢山読むぞ☆

*1冊目 1月4日
「探偵倶楽部」 東野圭吾
お金持ちの人を対象にした会員制の探偵倶楽部。
あらゆる事件を解決する傍ら、人間味溢れる男女の探偵。
事件が起こって、その後どうなるのか?と展開が面白かった。
短編集。

*2冊目 1月6日
「白愁のとき」 夏樹静子
若年性アルツハイマーに侵された男性が自分の「精神年齢」を
見つめ直す物語。
私も考えさせられる事が沢山でした。

*3冊目 1月9日
「さすらい」 赤川次郎
赤川作品少し重めの異色のサスペンスでした。
読み出すとラストが気になって止まらなくて、2時間で一気に
読んでしまいました。

*4冊目 1月10日
「家路の果て」 夏樹静子
マイホームが引き起こした悲劇を描いた作品。
夏樹さんの作品って、凄く読み易いのと凄く難しいの
極端だなと思ったのがこの本の印象でした。

*5冊目 1月11日
「おだやかな隣人」 赤川次郎
平凡なサラリーマン一家の隣近所に越してきた一家は
家族構成、年齢までが全く同じで。。。
赤川さんの作品は、深刻な場面の中にもくすっと笑える
場面が沢山ですいすい読めます。

*6冊目 1月12日
「雪に消えた悪魔」 赤川次郎
花園学園女子高生、由利子、旭子、香子の人気シリーズ。

*7冊目 1月13日
「29's~イブの憂鬱~」 唯川恵
29歳の誕生日を迎え、憂鬱な独身女性の心情と成長を描いた
作品。

*8冊目 1月15日
「彼女の命日」 新津きよみ
強盗目的の通り魔に殺害された葉子は、自分の命日10/1に
心を病んでる女性の中に入り込みこの世に戻り、自分の死後
の様子を見に行く物語。
5年後の物語まで有って、何年経ってもその中に入り込んだ
女性の事が気になって様子を見に行く葉子が逞しくも切ない。
とても面白い作品でした。

*9冊目 1月16日
「天使の耳」 東野圭吾
交通事故をテーマにした短編集。
これで解決か?と思いきや、どんでん返しも有って
「えーっ?」東野さんのトリック凄い。。。
と思いました。心理的に怖かったです(~_~;)
私も運転する身、安全運転に心掛けねばと身にしみる
思いで読みました。

*10冊目 1月18日
「きららの指輪たち」 藤堂志津子
老後の事を考えて同じマンションを買った4人の女性の
物語。
テンポも良くて面白くて読みやすかったです。

*11冊目 1月20日
「愛がいない部屋」 石田衣良
石田さんの本を読むのは初めててでした。
恋愛短編集で、とても読みやすかったです。
悲しい結末の作品で、とても強い印象が残った本です。

*12冊目 1月24日
「黒い森の記憶」 赤川次郎
赤川さんの作品は何冊も読んでるけど、今回はホロッ
と笑うシーンもなくちょっと怖い話でした。

*13冊目 1月26日
「花を捨てる女」 夏樹静子
短編集です。
どの物語も、ラストはどんでん返しが有って夏樹さんの
世界を堪能しました。

*14冊目 1月31日
「ピース」 樋口有介
小さな村で起きた一連の異常な殺人事件。
色々な思いが交差して、ラストまだ犯人が分からない展開。
犯人が捕まりこれで一件落着?
と思いきや、ベテラン刑事の坂森の妄想が読む方も混乱
させられました。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.