000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年6月に読んだ本

雨が降る日に読書タイム

*59冊目 6月4日
「同窓生」新津きよみ
大学時代の同級生と開いた同総会、そこで史子は記憶のない
同級生の名前を出され自分の記憶が混乱してしまう。。。
そこには、他の同級生の深い憎しみが絡み合って。。。
複雑な記憶の底から恐怖が滲み出すサスペンス。

*60冊目 6月6日
「日傘のお兄さん」 豊島ミホ
なっちゃんが幼稚園の頃憧れていた日傘のお兄さんはネットで
有名な噂の「ロリコン日傘男」と言われ警察に追われる身
だった。
15歳になったなっちゃん、そんなお兄さんと一緒に思い出の地
島根へ。。。他4編短編集。
なんでもない日常、あ、こんな話実際に有りそうというような普通に
スーッと入ってくる物語ばかりでした。

*61冊目 6月8日
「コッペリア」 加納朋子
恋をした相手は人形だった。。。
人形に生き映し舞台女優と出会ってしまう、長編ミステリー。
話しが前後したりしたので、少し読み辛かったけど異色の
作品でした。

*62冊目 6月11日
「雨のち晴れ、ところにより虹」 吉野万里子
吉野さんの本を読むのは初めてでしたが、凄く日常に近くて
心に残る言葉も有ってとても読みやすかったです。
6篇の短編集。

*63冊目 6月13日
「4 TEEN フォーティーン」 石田衣良
友情、恋、性、暴力、病気、死。。。
出会った全てを受けとめて成長していく14歳の少年達を
描いた青春ストーリー。
続編が読みたいですね。

*64冊目 6月14日
「指輪をはめたい」 伊藤たかみ
30歳までに結婚しようと思ってた男性が、ある日指輪を持ったまま
スケートリンクで転倒し脳震盪を起こし、三股かけてた彼は誰に
プロポーズをするつもりだったのか忘れてしまう。
これは凄く読みやすかったです。
最後、誰が彼と結婚するのかが気になりました。

*65冊目 6月17日
「桜さがし」 柴田よしき
京都が舞台の物語。
中学時代の仲良し男女4人の青春ミステリー。
8篇入った短編集。

*66冊目 6月19日
「マリオネットの罠」 赤川次郎
森の館に幽閉された美少女と大都会の空白に起こる連続殺人の
関係とは?
サスペンスホラー。
読みながら、ちょっと怖くなったと言うかあまりいい気持ちで
読める本ではなかったですけど、ラストのどんでん返しもあり
とても面白かったです。

*67冊目 6月21日
「担任」 新津きよみ
臨時教員として小学校4年生の担任を持つ事になった直子。
そのクラスは1年前に女の子が行方不明になった問題の有る
クラスだった。
空席の女の子の席にぼんやり女の子の姿が見え始めて。。。
テンポ良かったですね、先生の大変さも良く分かったし^^;
新津さんの本は何冊か読んだけど、とても印象に残りました。

*68冊目 6月24日
「黒笑小説」 東野圭吾
東野さんのブラックユーモアな短編小説です。
東野さんユーモアセンスも抜群やね。
どの作品も面白かったけど、個人的には「ストーカー入門」
「臨海家族」が好きです。
なんか、思わずクスッと笑えちゃうんです、お勧めです☆


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.