000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年7月に読んだ本

夏休み突入、読めるかな~?

*69冊目 7月3日
「透明な一日」 北川歩実
14年前の放火事件を巡り、過去を暴いていく主人公。
そこには色々な思惑が隠されていて。。。
これ途中で頭がこんがらかって(~_~;)
でも最後のドンでん返しは圧巻でした。

*70冊目 7月6日
「今夜は眠れない」 宮部みゆき
平凡な一家にある日突然5億円もの大金が舞い込んで。。。
ばらばらになった家族の絆を取り戻そうと、中学生の息子が
奔走する。
宮部さんはミステリーの印象が強いですよね。
でもこの本は中学生の目線で描かれててとてもユニークでした。

*71冊目 7月12日
「百年の恋」 篠田節子
33歳エリート銀行員の梨香子が結婚したのは3低と言われる
オタクな男だった。
梨香子は片付けられない女だったのです。
噛み合わない二人の結婚、男の本音。。。
これ面白かったです、共感出来る部分も有り。
読んでたら止まらなくなった本です。

*72冊目 7月13日
「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ
恋に落ちた二人のオムニバス形式の物語。
それぞれのタイトルが80年代にヒットした曲ばかり!
勿論舞台も80年代で、恋の切なさ甘酸っぱさ。。。
読んでて80年代にタイムスリップしたみたいでした。
恋がしたくなるな。。。


*73冊目 7月19日
「観覧車」 柴田よしき
失踪した夫を待ち続ける妻、、夫の居場所を残しておきたい
思いから探偵事務所を引き継ぐ。
最愛の夫は事件に巻き込まれ時効を待ってるのだった。。。
これ続編が読みたい。
唯と旦那様のその後が気になります。

*74冊目 7月20日
「センセイの鞄」 川上弘美
十数年振りに高校時代の恩師と再会したツキコ。
以来憎まれ口を叩きながらセンセイと肴をつつき、酒をたしなむ
日々。
センセイと私のゆったりした日々が流れていく。
季節感も溢れる物語でした。

*75冊目 7月21日
「ララピポ」 奥田英朗
短編集で、この物語は全て繋がってます。
もの凄いユーモア有って、「空中ブランコ」に続き、
奥田さんの作品は本当に面白いと思いました。
もっともっと読みたいです。

*76冊目 7月24日
「いつかパラソルの下で」 森絵都
父親の忌まわしい過去、亡くなってから知らなかった事の
方が多かった。
そんな父親の過去を3兄妹が故郷を尋ね父親の過去を
明らかにしていく。
物語自体はとても前向きで、ふんふん♪といった感じで
読めました。
とても前向きになれる小説でした。

*77冊目 7月27日
「晴れ、ときどき殺人」 赤川次郎
渡辺典子さん主演で映画にもなりましたよね。
ラストの犯人が気になって、読みながら分かってきました。
映画も観てみたいな。
時代を感じるんだろうな。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.