000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年9月に読んだ本

秋の夜長に。。。

*88冊目 9月1日
「イン・ザ・プール」 奥田英朗

トンデモ精神科医伊良部登場!深夜のプールに忍び込みたいと思ったこと、
ありませんか?水泳中毒、ケータイ中毒、持続勃起症…
ヘンなビョーキの博覧会。新・爆笑小説。

*89冊目 9月4日
「ビタミンF」 重松清
38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。
40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。
妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。
36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。
一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。
「また、がんばってみるか」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。

*90冊目 9月5日
「ぼくと、ぼくらの夏」 樋口有介
高校二年の夏休み、同級生の女の子が死んだ。
刑事の父親と二人で暮らすぼくは、友達の麻子と調べに乗り出したが……。
開高健から「風俗描写が、とくにその“かるみ”が、しなやかで、
的確であり、抜群の出来である」と絶賛され、
サントリーミステリー大賞読者賞を受賞した、青春ミステリーの歴史的名作。 

*91冊目 9月8日
「求愛」 柴田よしき
フリーランスの翻訳者・弘美は、親友の死の真相をつきとめたことを
きっかけに、探偵事務所の調査員となる。
自殺願望の女子中学生、浮気疑惑のエリート医師夫人、
砂場に生ゴミを埋める主婦…、
ささやかな毎日を懸命に生きる女たちと関わって、
弘美自身が掴んだ人生の真実とは…!?自殺した親友から届いた、一枚の絵葉書。
雨で滲んだ文字が語る、予期せぬ悲劇…。
異才が贈る、感動のサスペンス・ロマン。

*92冊目 9月10日
「カカシの夏休み」 重松清
ダムの底に沈んだ故郷を出て二十年、旧友の死が三十代も半ばを過ぎた
同級生たちを再会させた。
帰りたい、あの場所に―。家庭に仕事に難題を抱え、
人生の重みに喘ぐ者たちを、励ましに満ちた視線で描く表題作始め三編を収録。
現代の家族、教育をテーマに次々と話題作を発信し続ける著者の
記念碑的作品集。

*93冊目 9月15日
「卒業」 重松清
ある日突然「僕」を訪ねてきたのは、自殺した親友のひとり娘だった。
少女の手首にはリストカットの傷跡が…。
表題作ほか、それぞれの「卒業」に臨む4組の家族の物語。

*94冊目 9月16日
「送り火」 重松清
生きるのが辛い、虚しい。思い描く幸せには遠いけど、
大切な人を思ってがんばって生きる人々の、ほんのり怖くて
あったかい物語9篇。

*95冊目 9月18日
「11文字の殺人」 東野圭吾
「気が小さいのさ」あたしが覚えている彼の最後の言葉だ。
あたしの恋人が殺された。
彼は最近「狙われている」と怯えていた。
そして、彼の遺品の中から、大切な資料が盗まれた。
女流推理作家のあたしは、編集者の冬子とともに真相を追う。
しかし彼を接点に、次々と人が殺されて…。

*96冊目 9月20日
「その日の前に」重松清
僕たちは「その日」に向かって生きてきた
男女が出会い、夫婦になり、家族をつくって、幸せな一生なのか。
消えゆく命の前で、妻を静かに見送る父と子。感動の重松ワールド 。

*97冊目 9月24日
「マドンナ」 奥田英朗
ああ、なんてかわいいオジサン達なんだろう。
42歳課長、部下に密かにときめく。
46歳課長、息子がダンサー宣言。
44歳課長、営業から総務へ異動。課長さんたちの日常。
そこにある愛しき物語5編を収録。

*98冊目 9月27日
「朝顔はまだ咲かない」 柴田よしき
高校一年のときから、ひきこもりとなったあたし、
鏡田小夏。
あたしを訪ねてくるのは、親友の秋だけ。
秋は、奔放なイマドキの女の子。
今日も、恋の一部始終を報告にやってくる。
そう、ひきこもりのあたしにだって、恋にも将来についても悩みはある。
そんな二人の女の子が遭遇した、七つの出来事を描く青春ミステリ。







Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.