000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年10月に読んだ本

秋の夜長。。。

*99冊目 10月1日
「ドラママチ」 角田光代
女が求めているのはドラマなのだ!
妊娠、恋愛、プロポーズ…。女はいつも何かを待っている。
中央線沿線の「マチ」を舞台に、小さな変化を「待つ」ヒロインたちの
8つの物語。『オール読物』掲載を単行本化。

*100冊目 10月2日
「町長選挙」 奥田英朗
離島に赴任した精神科医の伊良部。
そこは、島を二分して争われる町長選挙の真っ最中だった。
伊良部もその騒動に巻き込まれてしまい…。
「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」でお馴染みの、
トンデモ精神科医の暴走ぶり健在!

*101冊目 10月5日
「日曜日の夕刊」 重松清
日曜日、お父さんがいてお母さんがいて「僕」がいて、
お兄ちゃんとお姉ちゃんは恋人がいて―。
ある町の春夏秋冬、日常の些細な出来事を12の短編小説でラッピング。
忘れかけていた感情が鮮やかに蘇る。
夜空のもとで父と息子は顔を見合わせて微笑み、桜の花の下、
若い男女はそっと腕を組み…。
昨日と同じ今日なのに、何故だか少し違って見える。
そんな気になる、小さな小さなおとぎ話。

*102冊目 10月13日
「十字屋敷のピエロ」 東野圭吾
ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。
しゃべることもできない。
殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。
もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れる
ならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。
前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の
新感覚ミステリー。

*103冊目 10月16日
「象牙色の眠り」 柴田よしき
猜疑・憎悪・復讐。富豪・原家を舞台に次々と起こる
不幸な殺人事件。危うい家族の絆。
疑惑の涯に追いつめられた家政婦・工藤瑞恵。
原家の16歳の二男・祥と家政婦だけが知る衝撃の真実とは…。

*104冊目 10月17日
「哀愁的東京」 重松清
進藤宏。40歳。新作が描けなくなった絵本作家。
フリーライターの仕事で生計を立てる進藤は、
さまざまなひとに出会う。
破滅の時を目前にした起業家、閉園する遊園地のピエロ、
人気のピークを過ぎたアイドル歌手、生の実感をなくした
エリート社員…。進藤はスケッチをつづける。
時が流れることの哀しみを噛みしめ、東京という街が織りなす。
「今日」の哀しさから始まる「明日」の光を描く連作長編。

*105冊 10月21日
「月下の恋人」 浅田次郎
これで最後、恋人と別れるつもりで出掛けた海辺の旅館で
起こった奇跡とは?(表題作)
昭和が昭和であった時代。ぼろアパートに住む僕の部屋の隣には
間抜けで生真面目で、だけど憎めない駄目ヤクザが住んでいた…(風蕭蕭)。
これぞ短編。これぞ小説。名手が五年の歳月をかけて書き綴った、
心をほぐす物語。人を想い、過去を引きずり、日々を暮らす。
そんなあなたを優しく包む、浅田次郎待望の最新刊。











Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.