272563 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年11月に読んだ本

秋の夜長の読書タイム。

*106冊目 11月1日
「流星ワゴン」 重松清
38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。
僕らは、友達になれるだろうか?
死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。
その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議な
ワゴンに拾われた。
そして自分と同い歳の父親に出逢った。
時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。
やり直しは、叶えられるのか?

*107冊目 11月5日
「落下する夕方」 江国香織
梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。
それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と
暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれていく。
逃げることも、攻めることもできない寄妙な三角関係。
そして愛しきることも、憎みきることもできないひとたち…。
永遠に続く日常を温かで切ない感性が描いた、恋愛小説の新しい波。

*108冊目 11月7日
「誇り高き週末」 赤川次郎
70歳の大金持ちの選んだ相手はなんと28歳。
さまざまな思惑を抱えた一族が、花嫁披露の山荘に集まる日、
幽霊の元・妻もやってきた…。
それぞれの週末に起こる愛と殺意のオムニバス・ミステリー。

*109冊目 11月10日
「トワイライト」 重松清
小学校の卒業記念に埋めたタイムカプセルを開封するために、
26年ぶりに母校で再会した同級生たち。
夢と希望に満ちていたあのころ、未来が未来として輝いていた
あの時代―しかし、大人になった彼らにとって、夢はしょせん
夢に終わり、厳しい現実が立ちはだかる。
人生の黄昏に生きる彼らの幸せへの問いかけとは。

*110冊目 11月17日
「ワーキング・ガールウォーズ」 柴田よしき
37歳女性、入社15年目、独身バツなし。
ついでに恋人・人望ともにナシ…。
ですが、それが何か?働く女の本音と弱音をリアルに描いた、
本格「負け犬」小説、誕生。

*111冊目 11月22日
「疾走 上」 重松清
広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、
寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。
教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。
が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、
優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、
シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込まれる…。

*112冊目 11月25日
「疾走 下」 重松清
誰か一緒に生きてください―。
犯罪者の弟としてクラスで孤立を深め、
やがて一家離散の憂き目に遭ったシュウジは、故郷を出て、
ひとり東京へ向かうことを決意。
途中に立ち寄った大阪で地獄のようなときを過ごす。
孤独、祈り、暴力、セックス、聖書、殺人―。
人とつながりたい…。ただそれだけを胸に煉獄の道のりを
懸命に走りつづけた少年の軌跡。

*113冊目 11月27日
「年に、一度の二人」 永井するみ
来年の同じ日に、同じ場所で。
男と女は再会の約束をした。
7年間、秘密の逢瀬を重ねる主婦の物語「シャドウ」、
1年後の約束に思いを募らせるOLの姿を描く
「コンスタレーション」など、全3編を収録。






Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.