272329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2007年12月に読んだ本

忙しい師走だけど沢山読みたいな。

*114冊目 12月2日
「そのときは彼によろしく」 市川拓司
小さなアクアショップを営む「ぼく」のもとに、一人の美しい女性が
アルバイトにやってくる。
やがて二人の間にあった不思議な縁が、ぼくの人生を動かし始める。
市川拓司テイストたっぷりのファンタジックな青春小説。

*115冊目 12月10日
「エイジ」 重松清
ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある
中学の二年生。
その夏、町には連続通り魔事件が発生して、犯行は次第に
エスカレートし、ついに捕まった犯人は、同級生だった―。
その日から、何かがわからなくなった。
ぼくもいつか「キレて」しまうんだろうか?
家族や友だち、好きになった女子への思いに揺られながら
成長する少年のリアルな日常。

*116冊目 12月13日
「その向こう側」 野中柊
父親のいない家で育った鈴子は、母の長年の恋人だった
敏史さんから、母と結婚することにしたと告げられた。
大好きな二人。幸せでいてほしい。
だけど、胸がざわつくのはなぜだろう。
大学3年生の鈴子は東京の実家を出て、横浜の古い洋館に
部屋を借りて暮し始める。
洋館のオーナー・真希子さんは、美人でミステリアスな大人の
女性だが…初夏から秋へ。季節とともに揺れ動く心を繊細に描いた物語。

*117冊目 12月17日
「美丘」 石田衣良
美丘、きみは覚えているだろうか。
ぼくときみがいっしょに暮らしはじめた八月。
あの夏の光と夜のやさしさを―。残された命を見つめ、
限りある生を全力が走り抜けた美丘。
彼女が生きたことの証として最期を見届ける太一。
奇跡のラストシーンに向かって魂を燃焼しつくした
恋人たちを描く、号泣の物語。

*118冊目 12月21日
「ゲームの名は誘拐」 東野圭吾
敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城に
プロジェクトを潰された。
葛城邸に出向いた彼は、家出してきた葛城の娘と出会う。
"ゲームの達人"を自称する葛城に、二人はプライドを
かけた勝負を挑む。
娘を人質にした狂言誘拐。携帯電話、インターネットを駆使し、
身代金三億円の奪取を狙う。
犯人側の視点のみで描く、鮮烈なノンストップ・ミステリー。





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.