000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2008年2月に読んだ本

*8冊目 2月6日
「使命と魂のリミット」 東野圭吾
笑顔で手術室に入った父は、冷たい骸となって戻って来た。
誰も予想していなかった、術中死。
さっきまで、あんなに元気だったのに――。
それをきっかけに心臓外科医を目指した夕紀は、
実は誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。
その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う!

*9冊目 2月8日
「一瞬の、風になれ」 佐藤多佳子
春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した
二人のスプリンター。
ひたすらに走る、そのことが次第に二人を変え、
そして、部を変える―。思わず胸が熱くなる、
とびきりの陸上青春小説、誕生。

*10冊目 2月12日
「ぼくの手はきみのために」 市川拓司
幼馴染のひろと聡美。小さい頃は聡美が弱虫のひろを守ってくれた。
が、11歳の夏、聡美は突如、倒れてしまう。
さまざまな治療を試みるが、結局発作を止められたのは、
背中をさすってくれるひろの手だけだった…。

*11冊目 2月16日
「プロメテウスの乙女」 赤川次郎
近未来、急速に軍国主義化する日本。
少女だけで構成される武装組織『プロメテウス』は猛威をふるっていた。
戒厳令下、反対勢力から、体内に爆弾を埋めた3人の女性テロリストが
首相の許に放たれた……。

*12冊目 2月20日
「楽園 上」 宮部みゆき
「模倣犯」事件から9年が経った。
事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・
前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。
12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。
少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、
それを絵に描いていたという―。
フリーライター前畑滋子のもとに奇妙な調査依頼が舞い込んだ。
そして、16年前に起きた、少女殺人事件の全貌が明らかになる!

*13冊目 2月26日
「楽園 下」 宮部みゆき
土井崎夫妻がなぜ、長女・茜を殺さねばならなかったのかを
調べていた滋子は、夫妻が娘を殺害後、何者かによって脅迫
されていたのではないか?と推理する。
さらには茜と当時付き合っていた男の存在が浮かび上がる。
新たなる拉致事件も勃発し、様々な事実がやがて一つの大きな
奔流となって、物語は驚愕の結末を迎える。







Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.