000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

BEAUTIFUL DAY

2008年3月に読んだ本

*14冊目 3月7日
「ビネツ」 永井するみ
誰よりも美しくなりたい!と願う女性たちが集まる、
青山の高級エステサロン『ヴィーナスの手』。
サロン主・京子にヘッドハントされたエステティシャンの麻美は
“神の手”の再来とたちまち人気を博す。
ところが、かつてサロンでは“神の手”だったエステティシャンが
謎の死を遂げていた。
京子の夫で健康食品会社社長・安芸津と美貌の息子・柊也、
麻美に嫉妬する同僚、美を競い合う客―次第に麻美は周囲の
愛僧と欲の渦に巻込まれていく。

*15冊目 3月10日
「最悪」 奥田英朗
不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、
取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。
銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。
和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。
無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて
転がり始める。

*16冊目 3月17日
「最後に愛を見たのは」 夏樹静子
離婚した青山は、8歳の息子昇との不安定な生活で女手に
窮していたが、手伝いに来た愛人加代子は、不審な死を遂げた。
父親に去られた昇の同級生ミドリも、淋しい二つの家庭を
結びつけようと、幼い知恵を働かせていたが…。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.