198659 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ふぅりんまる日記

PR

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

emi@ 教えて下さい。 お花が敷き詰まった柄の石鹸モールドは自…
aimi*@ Re:初めましてです。(07/21) ノアピョンさん >ルビーママさんの所か…
aimi*@ Re:せっけん(07/30) セィさん >こんにちは。 >ご無沙汰し…
aimi*@ Re:楽しそう♪(07/30) +かもみ~る+さん >お菓子作り教室の…
aimi*@ Re:今年もありがとう!(07/30) みいさん >シャボネーゼの皆様には今年…

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

2011年07月30日
XML
テーマ:手作り石鹸(846)
カテゴリ:手作り石鹸



7月27日(水)、待ちに待ったたおさんの石けん講座に参加してきました♪

P1060989

場所は毎年恒例となっている甲斐市のベルクさん。
今年は台風が過ぎてから涼しい日が多く、この日もとても過ごしやすい1日でした。

P1060953

逆光で暗いですが教室の様子です。
今回はみいさんの計らいでシャボネーゼメンバーは分散され(笑)
和やかで楽しい時間を皆さんと共有出来ました♪

P1060969
目からうろこのグルグルと

P1060970
ロートを使ったマーブル模様
私たちのグループは基本の流し方でしたが

P1060974
2箇所から流したり

P1060971
3箇所から流したり

カットが楽しみな石けん作りになりました♪
一人で作ると慌てふためくデザイン石けんだけど
こうしてグループで一つの石けんを作る作業はスムーズだし何より楽しいね♪♪


P1060975

石けん作りの後は可愛い携帯容器でハンドサニタイザー作り♪
持ち運びに便利な容器なので使い終わったら虫除けスプレーに活用しようっと(^^)v

P1060977
今年のおみやげは、たおさんのお友達パオさんの可愛いデザイン石けん♪
とても手の込んだデザインに感動です!
パオさん、ありがとうございました♪


P1060990

講座の後は隣接されたドイツレストラン「ルーヴェ」でランチタイム♪

P1060981
本場ドイツのソーセージと天然酵母のパン
美味しくていろんな話に盛り上がった私たちのテーブル^^
まゆ★さ~ん!本当はこのメニューにフライドポテトが付いていたんだって!知ってた?(笑)


P1060987

ベルクの中庭では食事を終えたたおさんジュニアとはるにれさんジュニアが仲良く遊び
わんぱく小僧のごとく元気な姿に目を細める私・・・
これが孫を見る目線なのだろうか??^^;
年に1度の再会はたおさんに会えるのはもちろんのこと
ジュニアの成長がとても楽しみな私です(^。^)


taoさんと

最後まで残られた参加者さんたちとたおさんとの記念撮影♪
とても良い記念写真になりました(^^)


主催されたみいさん、ローガンズに仲間入りしてくれたたおさん♪
もっともっとゆっくりお話したかったアンデリーズさん、キシちゃん♪
シャボネーゼ仲間と初めてお会いできた参加者さん♪
皆さん、とても楽しい時間を本当にありがとうございました♪♪
また来年もたおさん講座でお会いしましょうね(^^)











最終更新日  2011年07月30日 11時40分21秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年07月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

 

前記事の後半から読んで頂くとありがたいです。
この↓文書は知人の経験した1年間の記録です。
どうか転載のご協力をお願いいたします。





小学校の授業補助のボランティア(2010年度(2011年3月まで週2回勤務)が、小学校のあまりのずさんなうさぎ飼育に学校側に改善をお願いしました。
年間を通しての何回ものお願いにも関わらず、何の対策もしない学校。
2010年3月1日、児童から「先生、今日も子うさぎが死んでました。子うさぎは内蔵も飛び出ていました。」と沈んだ声で報告を受けました。
朝、子うさぎの状況の報告を受けた飼育の先生は、自分で確認せずに「片付けるよう」指示したそうです。
これを機に、ボランティアはPTAに事情を話し、PTAが学校に話し合いを求めましたが、学校側(校長・教頭・主任)が話し合いを断固拒否しました。

生き物の生き死を見ることを否定しているわけではありません。
ただ、この学校の飼育状況は、愛情を掛けて世話をした命が寿命をまっとうして行く上で見る生死とはまったく別物でした。
子どもたちの声、希望も色々聞いていますが、「先生に言っても仕方ないから…」との声もあります。
それでも、ウサギの環境を改善しようと頑張っている子どもたちが毎年います。

思いやり・人を気遣う心・自分より弱い立場のものをいたわり、守る気持ち・・・
これを学ぶための教育現場で起こっていることです。

先生がた、あなた自身、もしくはあなたのお子さんがこの学校のうさぎを愛する飼育委員の生徒だったら、
そして、あなたがこの学校のうさぎだったら…相手の立場になって考えてみてくれませんか?

先生でない私がたまたま学校に勤務して見ることができた事実だからこそ、できれば多くの人に伝えたいと思ってます。皆さんの周りでも同じ様なことが起こってないか、注意を払って頂けたらと思います。

[2010年 小学校のうさぎ飼育記録]
http://blog.livedoor.jp/schoolrabbit/
(上記ブログにウサギの写真掲載)

【2010年春を過ぎた頃】
ふと、覗いたうさぎ小屋の劣悪な環境とずさんな飼育に驚く。
糞まみれの土の上で暮らし、フードや水はボウルや植木鉢のトレーで与えられていたため、うさぎが手を掛けて飲もうとするとひっくり返り、水が飲めない状態で長時間放置されていることも。
フードや水が土まみれなものも。雌雄を分けていないため、子供たちの目の前で子うさぎが生まれては死に、埋葬させる…これが繰り返されている。

学校側に、「これ以上うさぎが必要なのか?」と尋ねる。
「いらない・必要ない・これ以上は困る」と言う答え。
それならば、なぜ無駄に命を増やさないよう、無駄に死なせないよう対策を取ってくれないのか?
飼われている動物には野生と違うルールがある。
去勢・もしくは雌雄仕分けた飼育が必要なはず。
主任の先生に仕分けの許可の確認が取れたところで、飼育委員の子供たちに手伝ってもらってオス・メスの仕分けをした。
主任の先生は「一度やったけど、仕分けるの難しいんだよ。」と。
オスのうさぎを見分けるのは生徒にも私にも容易い事だった。

ほとんどのうさぎの耳は毛が生えていない。原因は耳ダニ。
長期間放置された耳ダニの死骸が耳にこびりついたまま、その上にまたダニが繁殖を繰り返していたことが原因。
死んだ耳ダニの死骸で耳の中が真っ黒で、重みで耳が垂れているうさぎもいる。

【雌雄仕分け作業 6月2日】

【獣医さんの小学校訪問 6月24日】
学校に掛け合い、私の主導のもと、獣医さんを呼び、飼育委員の子供の前で治療・飼育の講習をして頂く。
獣医さんも驚くほどのうさぎの環境の悪さ。

数日前、獣医さんの処置の日まで命がもたないうさぎが一匹いた。
耳ダニの細菌が三半規管に侵入したことで平衡感覚を失い、ぐるりぐるりとのた打ち回り、充血した目のうさぎ。そのうさぎをうさぎ小屋に置きっぱなし。
下校の子供たちが心配そうに眺め、うさぎの安否を尋ねながら帰って行った。

【6月15日 子供たちからこのうさぎが死んだと聞く】

【6月25日 うさぎ飼育のための冊子を2冊作り学校に置く】

【7月14日 獣医さん小学校訪問2度目 (耳ダニ駆除・成虫と卵の駆除のため2回目必要)】

【夏】
週2日の勤務だが、この一年私がうさぎ小屋を覗くと、水もフードもない日がかなりあった。
暑い夏、水のない状況はどれほど辛い状況か?うさぎに水を与えると一斉に集まりグビグビと音を立てて飲んだ。

【冬】
うさぎ小屋を覗くと、一面に腐り始めた菜っ葉が敷き詰められていた。
糞尿は敷き詰められた菜っ葉の上にされており、フードも水も与えられてないため、うさぎは菜っ葉のかろうじて食せる部分を食べている状況。
一人、片付けたが、腐った菜っ葉、糞、土でゴミ袋が2袋。

あまりのことに飼育担当の先生に以下のことをお尋ねする。
「何のためのうさぎ飼育ですが?」
「うさぎ飼育は情操教育のため。低学年の生活科のため飼われ始めた。」とのお答え。
「うさぎの管理・命への責任の所在はどこですか?」と聞いたところ、ロッカーの棚の上の埃の積もった資料を指差し、学校には誰が置いていったのか分からない資料がたくさんあります。重要か重要でないかも分からないから勝手に処分できません。うさぎもそのようなものです。」という答え。
「生き物の生死を見ることも情操教育の一環ですよ。」とも仰った。
「私は今年担当しただけだから…」というお答えも…。

【3月1日】
一緒に給食を食べていた6年生から、朝のうさぎ当番の時に起こったことに関して沈んだ声で報告を受ける。
子供たちが朝のお世話にうさぎ小屋へ入ると子うさぎが死んでいたそうだ。
飼育委員の先生に報告したところ、子供たちだけで埋葬するように指示をもらったとのこと。
そのうさぎの死体は荒らされており、内臓が飛び出ていたという。
うさぎの死体を子供だけで埋葬させたことに驚く。

【3月4日 3月1日の件をきっかけに教育委員会・指導主事の方にうさぎ飼育の状況を報告】

【3月8日 うさうさ掲示板(飼育の冊子やうさぎ飼育やうさぎと遊ぶ時のルール)を英語教室の前に貼る】

【3月9日】 
小屋の破れ穴を報告し、塞いでくれるようお願いしたところ、男性の先生が数人で直してくださる。一匹眼病(涙が止まらない)のうさぎがいると教頭先生に報告。
ボランティア業務最終日のため、もう一度うさぎ環境の見直しと去勢もしくは完全な雌雄隔離の飼育を学校側にお願いする。
校長先生から「4月からは新しい校長先生ですからそのあたりの兼ね合いも…」とのお答え。
状況を伝え、お願いするのは今回だけではないのに、毎回答えははっきりしないものばかり。

うさぎ小屋を掃除していた際に、学校に隣接する学童の先生とお話しする機会に恵まれる。
最近、子供たちが、学童にランドセルを置いたあと『うさぎと遊んでくる』と出て行くので、様子を見に来てくれる。
「お友達と遊ぶ時には乱暴なことをしてしまう子が、うさぎにはビックリするほど優しく、何時間でも抱いて撫でているのを見て感動した。」「うさぎと遊ぶ前には小屋の掃除を進んでやるので驚きました。」と仰ってくださる。
お掃除はうさぎと遊びたい人のためのルール。『うさぎさんと遊びたければ、うさぎさんのお家をうさぎさんが住み良いようにキレイにお世話できる人でなければダメだよ。』と約束したから。
このルールを子供たちが互いに口頭で伝え、『遊ぶ前にお掃除』を自主的に守っている。

【3月中旬】
獣医さんから「去勢の予約がキャンセルされてますよ。」と聞く。
学校(教頭先生)から業務連絡の電話を頂いた際にこの件を確認すると、「うさぎ小屋も整備しなきゃいけないと色々考えて去勢はキャンセルしました。」とのこと。
理由になっていない!
眼病のうさぎの手当てもされていない。

【2月後半~3月 子供たちにうさぎと遊ばせる時間を設ける】
私がうさぎ小屋の掃除をしているところに低学年の子供たちが来て、「うさぎと遊びたい!!」と言う。
 
【4月8日】
うさぎ飼育の協力をお願いするため、学童を訪問。
放課後、子供たちがうさぎと遊ぶことを学校側が許可してくれるのであれば、子供たちに遊ばせてあげたい…と学童の先生たちはとても協力的な態度を見せてくださった。
本当にありがたい。

【現在(3月)】
雄のうさぎは2匹。いじめられっ子といじめっ子に別れているため一つ小屋の中にフリーで飼えない。
以前はフリーだったが、四六時中いじめられっ子が追いかけられ、噛みつかれていた為、今はいじめられっ子を小屋の中の小さなケージに入れている。
私がうさぎ小屋を覗くときはほぼいつも、この小さなケージの地面は糞で埋め尽くされており、水・フードがない状況は頻繁。
この追いかけっこの状況やケージに入ったままのうさぎを見た子供たちからは何度となく「こういうのはどうにも(解決)ならないのかな?」と聞かれた。


お世話になった、動物病院(耳ダニ駆除の獣医さん)には、たまに生徒がトイレを借りに来るそうだ。
一人の男の子が「また、学校のうさぎが死んじゃった。」と寂しそうに言っていたそうだ。

飼育委員の男の子に「うさぎを何回も埋めてあげたことあるの?」と聞いたら、「数え切れないよ。。」と。

4年生の女の子に「あなたは優しいから来年飼育委員さんになって欲しいなぁ。」と言ったら、「この小学校のうさぎって、なんだかよく死んでる気がするから、そういうの見るのやだなぁ。」という答え。

私は週に2回(火・水曜)の勤務なので、全てを見ているわけではないし、学校にいる全ての先生にうさぎの事情を話せたわけでもない。
でも、この状況をおかしい…と思っている子供たちが多数いる。それが今の飼育状況だ。
飼育委員の子供たちはじめ、子供たちは一生懸命に世話をしているが、ルールも大人の手本もなく、いきなり生き物の親にはなれない。
飼育委員の先生だけでなく、校長先生、教頭先生、主任の先生には「生き物を飼う」という事を改めて考え直して欲しいと思い、うさぎの環境の改善をお願いしてきたが、はっきりとしたお答えも、改善しようとする意欲も見ることができなかった。
この一年、私が掃除をしていても様子を見にも来てくれなかった。


「誰かが飼い始めたから(うさぎが)いるだけってところもある…。」
そういうお言葉も校長先生から聞いた。

離任式(今年4月)で飼育委員担当の先生が私に「今年は(飼育委員)違うんですよ。
ね、(委員会は)一年なんですよ。」って笑顔でおっしゃったのですが、関わった先生たちは「やり過ごせば、見過ごせば、一年たてば、どーにかなる。リセットされる。」という意識もあるように感じました。

「ペットと家畜では飼い方も違うんですよね。」とのお言葉もありました。
牛・馬・羊などを飼うことを生活の生業にしている人たちに聞かせたい言葉です。
清潔な飼育環境を整え、病気の子はいち早く隔離し、対処しますよね。
命に関して誰より真摯に対応して「家畜」を世話しています。
先生がた、被災地の酪農家の方の涙を見たことはありませんか?

うさぎ・インコの状態がかわいそう…というのがベースにあるのは当然ですが、「間違ってますよ」「子供たちのためになってませんよ」と指摘されているにも関わらず、「もっともです」と口では答えながら、一年間、動かずに放棄・見ないふり…この姿勢はうさぎ飼育に対してだけなのでしょうか?

この先生たちの姿勢を見た子供たちが大人になった社会で、
どうやって捨て猫・捨て犬を減らせるというのでしょうか。
どうやって命の大切さを学べるというのでしょうか?

先生がた、20年・30年後、若者の助けが必要となった老いたあなたに、
この状況を見て育った子供たちは手を差し伸べてくれるのでしょうか?








最終更新日  2011年07月21日 13時41分32秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:愛しきもの


ずいぶん長いことご無沙汰しました。
更新しなくちゃって何度も思ったけど、なぜか書けないまま日々が過ぎていきました。
トップのりんちゃんの画像が病気発覚直後のものだったから
そのりんを見ると辛くなってしまうのも一つの理由だったので
元気だった頃のりんの画像に替えました^^


ブログお休みしている間、りんが居ない以外は変わらぬ生活を送っていました。
相変わらず、りんが恋しい気持ちは変わりありませんが
りんが居ない空間にも慣れてきました。


P1060937
(4.2キロのプチデブで~す^^;)

まる子も元気だけど、昨年から夏になると皮膚の状態が悪くなり(脂漏症ぎみ)
石けんでシャンプーしてもすぐにべたべたして臭いも出てくるので
夏の間は薬用シャンプーのお世話になってます。
少し前に右前足を痛がりびっこをひくので病院に行ってきました。
病院の先生と話をするのはりんの通院以来だったので
話しているとまた泣けてきました。
本音を言うと病院に行くのも辛くて、出来ればあまり行きたくないんだけど・・
今後もまる子がお世話になるので頑張らないとね!
足の状態はというと、昨年も同じ時期、同じ足が痛くなり通院したので
どうもまるちゃんは右前足の関節が弱いみたいです。
鎮痛炎症剤で痛みはなくなったようですが悪化しないように
フードを関節をサポートしてくれるものに変えました。

P1060940
しばらくお散歩禁止でしたが、ようやく大好きなお散歩が出来るようになりました♪
最近ブログお休みしていたのでデジカメを持つことも少なくなり
まる子の画像もだいぶ前のものです(汗)

シャボネーゼの会も月に1度開催され、とっても楽しい時間を過ごさせて頂いてますが
うっかりデジカメを忘れて画像を撮れないなど
以前はカメラマン気分だったのになぁ~(苦笑)
石けんはかなりの頻度で作っているので、そのうちアップしますね。

話は前後しますが、りんのことでは沢山の方にお世話になって
少し前になりますが、bibiママがお線香をあげに来てくれました。

P1060930
可愛いbibiちゃんに会えて嬉しかったよ~♪

P1060936

最初から最後まで泣きっぱなしのbibiママに、ようやく泣かなくなった私までもらい泣き。
美味しそうな?お花と桜のお線香を頂きました♪
ありがとう!bibiママ(^^♪


そしてまる子の姉妹にこまるちゃんのママからは
こんなに可愛いデコフォトを送っていただきました♪

P1060934
りんもまるも可愛くデコレーションしてもらって、娘と二人で大興奮♪
にこまるママ、ありがとう!

長年のブログ友達naoちゃんからは素敵な手編みのストールを送っていただき
画像取り忘れちゃった!ゴメン^^;
大切に使わせて貰ってるよ♪♪

シャボネーゼ仲間のぱあこさんからは手作りワンコ石けんと手作りワンコおやつをいただき

P1060932

P1060935
本当に本当にありがとう♪♪(貰いっぱなしで申し訳ない!^^;)


ここまでは近況報告です。

実は皆さんにお願いがあって今回記事を更新しました。


***********

皆さんは子供の頃、小学校でうさぎが飼われていた記憶がありませんか?
今現在、ある小学校でうさぎたちがとても可哀相な状況に置かれています。
私の知人が実際に体験したことを文書にして送ってくださいました。
読んでみるととても信じがたい内容ですが、これは本当に知人が体験したことです。
知人はこの状況をどうにか改善したくて何度も学校側に要望しましたが
状況はまったく改善されません。
それでネットを通じたくさんの方に知っていただき、皆さんの力をお借りして
この現状を改善出来ればと考えています。

長い文書なので次の記事に転載させていただきますので
どうか読んで頂いて賛同された方はブログ転載にご協力お願いいたします。
命の大切さを教える教育の現場で、あってはならないことが行われているのです。
可哀相なうさぎたちを助けるためにも
子供たちの健やかな成長のためにも
どうか皆さんの力を貸してください!
お願いいたします。











最終更新日  2011年07月21日 12時58分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年05月04日
カテゴリ:りんの闘病記


ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
りんが旅立った後、皆さんからの優しい言葉がとても励みになりました。
もっと早く更新したかったんだけど
撮りためたりんの画像を見るたびに思い出に浸ってしまって時間が過ぎていきました。


4月10日に亡くなり、13日(水)の午後お寺で火葬をしていただきました。
お寺に向かう前に、友達から頂いた沢山の花を取り分けて花束にし
庭に咲いているお花とハーブで小さな花束を作って持たせました。
フードやおやつ、小さい玩具と娘の手紙も添えて、りんは本当に小さな姿になりました。

P1060866


P1060872


娘と二人で小さくなったりんのお骨をひとつ残らず拾っても
小さな骨壷の半分くらいにしかありませんでした。
こちらのお寺ではいろんな色の布から選んで骨壷を包むことになっていて
りんのイメージカラーの黄色の布を選びました。
重厚さはないけれど、おかげで毎日家族が骨壷を撫でてます。
まるでりんの頭を撫で撫でするように^^
さくらママから届けられたピンクのお花が可愛さを添えてくれてます♪


りんが亡くなって毎日毎日泣いてばかりいました。
最初はまる子のお散歩は思っていた以上に辛くて、涙を流しながら歩いていました。
それでも日が経つにつれ、散歩ながら思い出すりんは元気な時の姿で
あぁ、ここでこんなことをしたなぁとか、そんなふうに懐かしく思えるようになってきました。
今でも毎日りんのカラーとリードを手首に巻き付けて、「りん、お散歩行くよ~♪」と言って
まる子と出かけます♪


りんが亡くなって暫くしてから、少し前にみいさんが話してくれたことを思い出しました。
「犬の石けんの里見先生もりんちゃんと同じ病気で愛犬を亡くしているんだよ。」
里見先生は犬の石けんを作られている方で、3月の中旬に甲府で講座を行う予定でした。
でもその直前に大震災が起こり中止になったのです。
りんの調子が良ければ講座に参加する予定でいました。
みいさんの言葉を思い出し、先生のHPの悪性リンパ腫と闘ったはなちゃんの記事を全て読みました。
はなちゃんが亡くなって葬儀屋さんから言われた言葉。
「この子は柔らかいね。苦しまずに逝ったんだね。」
その文章を読んで、私はまた涙が溢れてきました。
りんも亡くなって死後硬直が溶けてから、火葬するまでずっと柔らかかったのです。
お寺でも「この子の体は柔らかいですね。」と言われて
りんはどうしてこんなに柔らかいのかなぁ?ってずっと思っていたのです。
苦しまずに逝けたんだと思ったら嬉しくて・・
嬉しいという表現は変だけど、本当に良かったって思って泣けてきたのです。
娘に話したら娘も涙を浮かべていました。
里美先生の言葉の中に「はなちゃんは上手に脱皮して次の世界に旅立った。」と書かれていました。
あぁ、そうなのかもしれない。
もっともっと一緒に居たかったけど、りんも次の世界に向かって行ったんだ。
きっと虹の橋で笑顔いっぱいで過ごしているよね♪

りん、大好きだよ♪
また逢える日まで待っててね♪

P1030652









最終更新日  2011年05月04日 21時32分11秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年04月11日
カテゴリ:りんの闘病記


夕べ、4月10日(日)21:25分
りんは虹の橋へ旅立ちました。


昨日は私が朝から仕事だったため、お昼過ぎに娘が病院に連れて行き
点滴をしてもらい、「今日は体温が低いですね」と言われました。
体重は3520g。吐き気止めの注射もしてもらい
帰宅後は自分の力でトイレでおしっこをして
お水も器からガブガブ飲んだって。

私が午後4時過ぎに帰宅する前も後も「キャン、キャン」と何度も鳴いて甘える。
傍についてヨシヨシしたり抱っこすると安心したようにおとなしくなる。
抱っこ嫌いなりんがまるで赤ちゃんのように抱かれてる。

P1060847

夜7時半頃、抱っこしていると動きたそうにもぞもぞ動くので降ろすと
何も食べていないのにお尻から緩いウンチが・・・最後は血が混じってた。
その後すぐに嘔吐。お水を少し吐いちゃったね。
もう歩く力もないのに、まるで産まれたての子ヤギみたいによたよた・・
変な格好でペタンとしちゃったのでベッドに移すとおとなしくじっとどこかを見ていた。

P1060850
(りんの足が弱ってフローリングで滑るので敷いたマット。すごい部屋になったな~と
ブログに載せようと思い撮った画像)

P1060848
(亡くなる5分前に撮った画像、まさかこの後すぐに逝ってしまうなんて・・)


9時からの「ウルルン滞在記」を息子たちと3人で見ていたら、また嘔吐が始まった。
あわててティッシュを口元に持っていき背中をさすっていると
数回嘔吐した後に、まるで停止ボタンを押したかのように、りんの動きが止まった。
目を開いたまま動かなかった。
どんなに呼んでも揺すっても泣いても、りんは戻ってこなかった。
こんなにあっけなく逝ってしまうなんて・・
でも思ったほど苦しまなくて良かった。本当にそれだけが救い。
顎のリンパ腫が大きく腫れて気道を塞いで窒息する可能性もあると
先生に聞かされていたのでそれがとても怖かった。
でも最後まで呼吸は穏やかだった。


夕べは娘が夜勤で家に居なかった。
りんちゃん、なんでナギが居ない時に逝ってしまったの?
娘への連絡をしばらく迷っていたけれど、やはり連絡することにした。
娘は少しの時間を貰い急いで帰ってきた。
泣きながら、まだ温かいりんの体を抱きしめていた。
娘が、泣きながら「ホッとした。苦しまなくてホッとした。」
その言葉に私も本当にホッとした。
最後まで奇跡を願っていた娘の気持ちを考えると、この時を迎えるのが怖かったから
娘の言葉に心底安堵した。


娘が落ち着いて職場に戻ったあと、夜中に部屋を少し片付けて
りんの眠る場所に娘の友達から頂いたお花とお線香と
大食漢のりんが大好きだったものをテーブルに乗せられるだけ乗せて
1週間殆ど何も食べられなかったもんね。
今はもう思う存分おなかいっぱい食べてね♪

P1060853

P1060855

りんが亡くなった夕べは、まる子はりんの側に来なかった。
「まる、りんちゃんにバイバイするんだよ」って言うと
尻尾を下げたままテーブルの下の潜って丸くなってしまった。

今朝起きてからまる子もいつもの様子に戻り
お昼過ぎにはりんの側に行って顔を近づけていました。

P1060856


今日は朝から沢山の洗濯をして、娘と病院に挨拶に行ってきました。
先生には前夜留守電にりんの旅立ちを伝えておいたのですが
毎日お世話になった看護婦さんは驚いて涙が・・
診療中の先生も顔を出してくれて少しお話を・・
「いい子に恵まれましたね」って言ってもらいました。
「力及ばず申し訳ありませんでした」って
先生、先生のおかげでりんは苦しまずに最期を迎えられました。
本当にありがとうございました。


帰宅すると留守中にビートママからお花が届いていました。
その後、ふぅの元ママのモモンガさんがお別れに来てくれました。
そして、りんの元ママのまゆまゆさん、ルビー&すももママ。
午前中会えなかったビートママも。
そして直接りんの訃報を連絡していなかったのに
鈴ママ、のんたママ、オリバーママ、大ちゃんママが揃って来てくれました。

りんの闘病や最期の様子や、思い出話や近況など
泣いたり笑ったりして1日が過ぎていきました。
みんなワンコ大好きな友達なのでりんのために涙を流してくれます。
まるで人間のお通夜みたいだね。
でも本当に家族だもんね。愛しい愛しい家族だもんね♪

P1060862

みんなが愛らしいお花を届けてくれたので
りんのまわりはお花畑のようです♪

りん、短い犬生だったけど、りんは本当に幸せ者だね♪
こんなにみんなに愛されて惜しまれて
遠くのお友達にも沢山のメールやお守りお札を送ってもらい
お母ちゃんはみんなに言葉には表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。

1月4日に悪性リンパ腫と診断されてから3ヶ月と6日。
たった3ヶ月だけど、ものすごく長かった。
病名にショックを受け放心状態だった闘病初期。
ネットで調べるだけ調べてできるだけのことをしようと買い漁ったサプリやフードやハーブ。
炭水化物(糖質)を極力避けた手作り食。
抗がん剤治療が怖かった日々。治療の効果が現れると喜んだ日々。
りんの行動にかなり神経質になった日々。
りんが吠えたと喜んだ日。
りんが尻尾を振ったと喜んだ日。
りんが自分でお水を飲んだと喜んだ日。
りんがアイスクリームを舐めたと喜んだ日。

普通にできることがどんどん少なくなっていった日々も
わずかでも何かできると(食べられると)それだけで嬉しかった。
何もなければあっという間に過ぎてしまう3ヶ月だけど
毎日がりんと向き合う時間で埋め尽くされていました。

娘と二人三脚で出来ることは全てしました。
だから悔いはありません。
男性陣はあまり役に立たなかったけど、それでもいろいろ助けてもらいました。

今は悲しさ寂しさよりも安堵の気持ちが強いです。
りんはようやく楽になれた。もう苦しまなくていいんだもの。
水曜日の午後、りんはお寺で火葬されます。
きっとそれからが寂しくなると思うけど・・
闘病中はまる子の相手をあまりしてあげられなかったので
今後は思い切りまる子の相手をしようと思います。


長々とまとまりのないことを書き連ねました^^;
今まで応援してくださった沢山のお友達。
本当に本当に、本当にありがとうございました!
そしてこれからもまる子共々宜しくお願いします♪

P1060828








最終更新日  2011年04月11日 21時43分14秒
コメント(24) | コメントを書く
2011年04月08日
カテゴリ:りんの闘病記


りんは今、スヤスヤ眠っています。
前回の更新以降、日に日に悪くなっていくりんの様子を
書くのが辛くなってしまって暫く放置していました。


ステロイドを飲んだ日は少し元気になったので
桜が咲き始めた頃(数日前)は2回お散歩に行きました。
ほんの数十メートルだけど、ゆっくりトコトコ歩きました♪


P1060756
この日もすももちゃんやフランコ君に会えて嬉しかったね♪


病院帰りに土手を歩いたこともあったね。

病院帰り3
帰宅後すごく具合が悪くなっちゃって夕方までしんどかったね。
歩かせたことをとっても後悔しました。


もう外を歩かせるのは無理だなぁと思ったけど
とても暖かくて気持ちの良い日、抱っこしてお散歩♪

P1060771

P1060780
ちょっとだけ地面に下ろしたけど、一歩も歩かずペタンと座り込んじゃったね。

P1060785
でもきっと、春の匂いを感じてくれたと思う♪


P1060797

1週間前まではステロイドを飲んだ日だけはご飯を食べてくれたけど
今週に入ってからステロイドも効かず水曜日からは一切食べなくなりました。
苦いステロイドを無理やり口に押し込み、スポイトのお水で流し込むのも
効かないのでは可哀想なだけなのでやめました。

もうだいぶ前からおなかが張ってきていて、動くのもぎこちなく
抱っこしたいけど圧迫されて苦しそうなのでそれもあまりできず
おなかが苦しいからお水すらあまり飲めなくなりました。
それでも無理やり口にスポイトを入れてお水を少しずつ流し込むと
わずか2cc程度だけど飲んでくれるので
それを一日にしつこいくらいに繰り返していました。

P1060811


火曜日の夕方、いつものようにインターフェロンを打ってもらうために病院に。
お水も嫌がるようになってしまったこと
2、3歩動いてはぺたんとうつ伏せになるんだけどトイレシートの上や
冷たいフローリングの上で動かなくなってしまったときは
「こっちにおいで」って言うとヨロヨロと歩いて来るんですよ。
抱っこして移動させたいけどおなかが圧迫されて苦しそうな声を出すから抱けないんです。
先生に話しているとどうしても涙が出てきてしまいます。
「健気ですよね・・」と先生も涙目になってます。

まったく食べなくなってしまってお水も嫌がるようになってしまってから
私も娘もため息と涙だけで、笑うことがなくなっていました。


7日(木)は私が夕方から仕事で病院も午前休診だったので
夕方娘に病院に連れて行ってもらいました。
朝から嘔吐もはじまり、もしかしたら今夜はもうだめかもしれないと思い
先生に伝えたいことと、何かあったら職場に電話してとメモに残して出勤しました。
夜7時半過ぎ、仕事の合間に娘に電話をすると

「エコーでおなかを診て、これなら腹水を抜けると言って抜いてもらったよ。
そしたら600cc抜いたところで、りんがオェオェ吐き気をもよおしちゃったからやめたけど
体重が4400gから3820gになったよ。おなかも柔らかくなった!
その後インターフェロンと吐き気止めを注射してもらって
帰ってからお水をあげたらすごく飲んだよ~♪」

娘の話を聞きながら嬉しくて涙が止まりませんでした。
私は(たぶん先生も)もう何をしても無理だろうと思っていました。
でも娘の一生懸命さと、りんがまだお水を飲む気力があることで
もう少し頑張れそうだ、それなら少しでも楽になるようにと腹水を抜いてくれたんだと思います。
インターフェロンはリンパ腫の治療というよりも
これを投与していることによって安楽死を免れる可能性が高いということで始まりました。
私と娘が安楽死は絶対に嫌だということを先生に伝えてあるので先生が提案してくれた方法です。
そのおかげか、今のところ看ていられないほどの苦しい様子はありません。
少し前まではブルブル震えて痛み(苦しみ)に耐えていることもあったけど・・


腹水を抜いてもらった夜、仕事から帰宅してお水をあげたら器から飲んでくれました♪
久しぶりにりんのお座りする姿も見れました♪

P1060824
おなかが軽くなったよ♪

「キャン」って甘えるように昨日の夜から何度か鳴いてます♪
りんのお座りした姿や鳴き声に、また喜びを感じました。

今日(8日)は2時間かけて点滴をしました。
脱水症状も進んでいるし、何も食べてないので栄養分を補いました。
明日はまた腹水を抜いてもらう予定です。
あとどれくらい頑張れるかわからないけど
今はりんが生きていてくれることだけで嬉しいです。


P1060732








最終更新日  2011年04月09日 00時49分00秒
コメント(7) | コメントを書く
2011年03月27日
カテゴリ:りんの闘病記


昨日(3月26日 土)通院の日。
インターフェロンの注射予定でしたが
リンパの腫れがまた勢いを増してきて、ここ数日ステロイドを飲んでも
ほとんど食べてくれず、お水も飲みたがらないくらい状態が悪くなっていたので
予定より2日早かったけど(2日も待てない状態なので)
急遽抗がん剤投与することになりました。


診察台で立っていられないくらい力がない状態での抗がん剤投与。
大丈夫だろうかと不安な気持ちと
ようやくりんに効く抗がん剤が使えるんだという安堵感が入り混じっていました。
ここ数日水分補給が上手く出来なかったので少し脱水症状があるので
昨日は半日りんを預けて時間をかけてたっぷり点滴をしていただきながらの治療でした。
具合の悪いりんを残して帰宅するのは可哀想だったけど
家に帰るなり久しぶりにリビングに掃除機をかけました。
りんの状態が悪くなってから、りんの嫌いな掃除機を使う気になれず
いつもモップと雑巾がけで済ませていたので
まる子はりん以上に掃除機が嫌いだけど、そこは我慢してもらって
思い切り掃除機ガンガンかけてスッキリ!^^
全ての家事を終えて、りんのいない部屋はなんと寂しいこと。
病院から電話がかかってくるまでの4時間半は落ち着かない時間でした。


14時過ぎに先生からの電話で、シャワーを浴びていた息子を急かしてお迎えに。
先生は他のわんちゃんの治療中で、なかなかりんと対面できない私はやきもき^^;
10分後診察室に呼ばれ、お姉さんに抱っこされたりんは
私を見るなり尻尾ふりふり♪ りん~、頑張ったね!偉い偉い!
先生の説明では抗がん剤投与前の血液検査の結果は良好だそうで
こんなに具合が悪いのに内臓は問題無いんだって聞いて嬉しかった!


帰宅するとすぐにおしっこをして、自分で歩いてキッチンの水のみ場へ♪
ここ数日お水はスポイトで飲ませていたのでその姿を見るだけで嬉しい♪♪
抗がん剤治療の日はほぼ食べてくれないのでとにかくお水だけはまめに与える。
夜2度吐き気をもよおしたが、食べていないので何も出ない。
でもその後は落ち着いて朝までスヤスヤ♪


3月27日(日)朝、無理やりステロイドを飲ませる。
これで食欲が出てくれますようにと願い出勤。
午後帰宅すると尻尾ふりふり玄関先までりんがお出迎えしてくれた♪♪
わ~~っ♪りんちゃんまた復活したね!!
娘に聞くと少しずつご飯を食べているよ♪って(^^)v
いっぺんにたくさんは食べないけど、帰宅後ちょこちょこご飯を食べさせた。
ここ数日で1番食べてくれた♪♪
顎のリンパ腫もやはり小さくなっている!
最近はあまりの腫れに触るのも怖かったけど
昨日抗がん剤治療直後に触って大きさを確認しておいた。
その時と比べて明らかに小さくなっている。
やっぱりシクロフォミストが効く!
せめて10日に1度ずつでもこの薬が使えたらいいのになぁ・・。


もう一つ心配なことに、数日前からりんの背中のあちこちが化膿している。
昨日先生に診てもらったけど昨日はそれどころじゃない状態だったので
とりあえず消毒液を出しときましょうって言ってくれたが
あまりの待合室の混みように先生も忙しく、私もうっかりしてもらい忘れ
帰宅してから家にある消毒液をつけておいたけど
今日服をめくったら、乾いた血膿と一緒にやっと少し生えてきた毛がごっそり剥がれた。
500円玉くらいの大きさに赤くただれ痛そうだ・・。
明日また病院に行くので処置をしてもらわないと。


決して楽観できる状態じゃないけど
また手作りご飯をパクパク食べてくれるりんを見ることができました♪
足腰が弱っているのでウンチする時にふんばる力が無く時間がかかりますが
一時歩くのも辛そうな時に比べたらずいぶん楽そうです。
正直もう抗がん剤は無理かなって思っていたので
こうしてまたちょっとの間でも薬が効いて元気になってくれたら嬉しいです。
欲を言えばお散歩に連れてってあげたいな♪

最後にたくさん撮った画像の中から数枚載せますね♪

P1060639

P1060644
3月13日、暖かい午後のお散歩、この日以来お散歩は行ってません。


P1060659
こたつでうたた寝する私の上で寛ぐりんまる^^;


P1060691
具合が悪くなってから久しぶりにトイレ以外に動いたりんに嬉しくてカメラを向けた瞬間♪


P1060704
「りんはここにいるよ~」のサイン服
カーペットや毛布が茶系なので、りんが寝ているのに気づかず
踏まれそうになることが多々あり(汗)
ペットショップで派手なパーカーを買いました。
これなら目立って踏まれる心配無し!(笑)


P1060700
人には踏まれないけど、最近まる子によく蹴られますデス。










最終更新日  2011年03月27日 22時32分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年03月22日
カテゴリ:りんの闘病記


ご無沙汰しています。

前回の記事を更新した約3時間後に起きた大地震。
私の住んでいる場所は震度4程度でしたが
それでも生まれて初めて感じる揺れに恐怖を覚え
慌ててりんを毛布に包み娘と外に飛び出しました。
長い横揺れに船酔いのような気分になり
近所の方たちも外に飛び出していて宮城県沖が震源地だと知り
かなり大きな地震だったんだろうなと思ったけど
まさかここまで酷いことになるとは夢にも思っていませんでした。
あの日からTVで流れる映像に言葉もなく、ただただ被災地に住んでいる方々
そして動物たちの無事を祈るばかりです。


こんな状況でりんの病状をブログに書き留めるのも申し訳ない気持ちで
また少しでも節電に協力するつもりで、あまりPCを開かずにいました。
でも、りんのことを心配していて下さっている方に向けて
今日ようやく更新する気持ちになりました。


りんは頑張っています。
頑張っているけど、16日(水)から徐々に容態が悪化しています。
顎のリンパ腫は数が増えカチカチに硬く腫れ
今では体中あちこちのリンパ節が腫れています。
食欲はほとんど無く1日中ベッドで過ごしています。
病院へは1日置きに行き、インターフェロンの注射をして貰っています。
17日(木)にL-アスパラギナーゼという抗がん剤の皮下注射をしましたが
まったく効果はありませんでした。
唯一効果が感じられる抗がん剤はまだ前回投与した時から一定の日にちが経っていないので
まだ打てないとのことです。
1日置きに飲ませるステロイドを飲んだ日だけ、副作用のおかげで食欲が出て
少し元気になるかな?という日々を送ってます。


りんが体を動かすのは、1日1~2回のオシッコの時と
体が痛いのか、どこが苦しいのかわからないけど
強い震えが起きてじっとしていられず、ベッドから飛び起きてじっと立ちすくみ
歯を食いしばって痛み(苦しみ)が去るのを堪えている時。
その時は堪らずりんを抱っこしてこわばった体をさすってあげることしかできません。
後ろ足の間接付近のリンパ節が腫れているので、歩き方もぎこちなく力ないです。
ベッドでじっとしていても時々舌を出しハァハァと息が荒くなったり
今までのようにぐっすり眠れるということが少なくなっています。


それでもまだ目力は衰えていないし、「うぅ、うぅ。」って何か訴えたりしています。
娘と二人、しつこいくらいにスポイトで水を飲ませたり(拒否されるほうが多いけど)
手作りご飯やフード、ゆで卵、牛タンジャーキーなど
りんが少しでも食べてくれるように何度も口元に持っていきます。
ステロイドを飲まない日は本当にわずかしか食べてくれないけど
少しでも何か食べてくれた、お水を飲んでくれた、オシッコした。
そんなことで娘とホッとしたり喜んだりしている毎日です。


今の願いは
どうかりんがこれ以上苦しみませんように・・
ゆっくりと眠れますように・・
おなかいっぱい食べられますように・・

それから震災に遭われた方々が1日でも早く普通の生活を送れますように・・
私も今は気持ちと時間に余裕がありませんが
できることをしていきたいと思っています。


りんがまた元気になって、私にゆとりが出てきたら
撮りためた画像もアップしたいと思ってます。
心配かけちゃう内容ばかりだけど、私も娘も元気で頑張ってます!
みんなも頑張って下さいね!(^^)!









最終更新日  2011年03月22日 17時24分00秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年03月11日
カテゴリ:りんの闘病記


3月9日(水)、再び病院に行ってきました。
待合室で待っている間、病院のお姉さんも心配してくれて
腫れがかなり引きました、元気も復活しました♪って言ったら喜んでくれました^^
診察室に入ると、先生も月曜日の状態と明らかに違うりんの様子にビックリしてました♪
ただ、やはり完全にガンが消えているわけではないので
今後も同じことが起こる可能性があることを告げられました。


P1060593
(月曜日の朝、直接目で見ているりんが信じられなくてデジカメで撮って確認する始末。)


食欲が出てきたのでステロイドの注射はやめて飲み薬で1日置きに飲ませることに。
そして先生の提案で週1回インターフェロンを注射することになりました。
名前は聞いたことがあるけどういうものかよくわからない薬。
先生の説明ではガンを直接やっつけるものではないけど
ガンの進行を遅らせる、りんの苦痛を和らげる効果があるかもしれないということです。
先生も手探り状態で何か良い方法がないかと考えてくれてます。
人間のインターフェロンと違い副作用はないということと
注射を打つだけなので負担が少ないということで、私もお願いしました。
抗がん剤、インターフェロン、ステロイド、肝臓保護の薬、サプリメント。
薬だらけで可哀想だけど、りんに少しでも長く元気でいて欲しい。


P1060597
(月曜日の夜にはこんなに腫れが引きました)

P1060600
(火曜日の朝)


今回(水曜日)は抗がん剤治療はなかったので、久しぶりにまる子も病院に付き添い。
りんは水曜日の朝こたつに逃げ込んで出てきてくれないので
まずはまる子にリードを付けて「散歩行くよ~」ってごまかして連れ出しました^^;
病院の帰り道はりんまる揃ってお散歩コースをてくてく歩いて帰りました♪


3月9日病院帰り2

3月9日病院帰り3

3月9日病院帰り4

先週の水曜日と今回、病院の帰り道、りんの大好きなおじちゃんに会いました♪
出張で時々こっちに来るおじちゃんにはウォーキング中によく会いました。
会うたび可愛がってくれて、りんは本当に嬉しそうに大はしゃぎします。
半年以上会えなかったおじちゃんに、私も会いたいと思っていたので嬉しかったです♪
「りんちゃん頑張れ~」って応援してくれてます^^


病気発覚から一切買わなかった果物を解禁しました♪
お正月に頂いた沢山のりんごもだめにしてしまいました(ゴメンネ)
りんの大好きな果物たちを遠ざけていたけど・・
もうあげちゃおう~♪ってことで


P1060624
目を剥いてがっついてるのはイチゴ♪(~o~)
イチゴが苦手なまる子も食べたので、よほど甘いイチゴなのかと
娘と食べたらすっぱ~い!!
こんなにすっぱいイチゴを喜んで食べるなんて!と大笑いしました(^。^)
朝はバナナに薬を埋め込んであっという間にぺろり♪


P1060614
(こんな可愛い目で見つめられると何でもしてあげたくなっちゃう♪♪)


毎朝起きてすぐにりんのリンパ節の確認をします。
今まで顎の下にあった腫れは殆ど目立たないくらいに小さくなったけど
右耳の下(こめかみ辺り)の腫れが顕著に目立って大きくなってきてます。
顎と違い皮膚のたるみのない部分なのでカチカチに硬く腫れていて痛々しいけど
りんの元気と食欲は変わってません♪
明後日は兄の三回忌で実家に行かなければならないので、どうか悪化しませんように。
娘が留守番してくれるので安心ですが、できるだけ早く帰ってきます。


P1060620


もさもさまる子も本日3ヶ月ぶりにトリミングです♪
水曜日に病院で体重を計ったら4400g!(汗)過去最高です^^;
トリマーさん、ビックリしちゃうだろうな~(苦笑)


P1060608
先日ルビーママに頂いた可愛い可愛いプレゼント♪
りんまるの名前と誕生日が書かれています♪ そっくりでしょ?
家族みんなこの可愛いマグネットを見て微笑んでます♪ありがとう~~♪♪


P1060631
そして遠くのお友達から送られてきた手作りカレンダー♪♪
頂いたメールやカレンダーに添えられた手紙に優しさが溢れていて
嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいです。Kさん、ありがとう♪♪


りんが病気になってから、沢山のお友達から溢れるほどの優しさと勇気を頂いてます。
りんの状態に一喜一憂を繰り返していますが
りんが頑張ってくれる限り私も家族もしっかり頑張っていきます!(^^)!


※こんな時ですが、りんの状態が安定していたら、来週水曜日(3/16)PM1:00~4:00
犬の石けん講座に参加したいと思ってます♪
甲府市で行われるので、まだ迷ってるお友達も、もし都合がついたら参加しませんか?
私の願いは自分の作ったワンコ石けんで、毛が伸びたりんをシャンプーすることです♪
毛が抜けちゃったから、今年に入って1度もお風呂に入れてないからね^^;

P1060628
「だいぶ伸びたぞ。顔だけは・・」^^;











最終更新日  2011年03月11日 11時30分52秒
コメント(5) | コメントを書く
2011年03月08日
カテゴリ:りんの闘病記


昨日は皆さんにご心配をかけてしまってすみませんでした。
私自身も急激なリンパの腫れに、もう悪い方向に向かうだけだろうと
半ば諦めていました。


でも、りんの生命力と抗がん剤の力はすごいです!
夕べは私の腕枕でじっとしたまま眠っていて
私は熟睡は出来ずうとうとしながらりんの様子を見ていました。


今朝起きてキッチンでご飯の支度を始めたら、りんが来てくれたので
普段の4分の1の量のご飯をあげると食べてくれました♪
時々ぷるぷる震えるのは変わらないけど動きが機敏です♪
おたふくかぜのようなすごい腫れも嘘のように小さくなりました。
もちろん完全にリンパの腫れが消えたわけではないので
またいつ大きくなるか・・すぐに大きくなるのかもしれないけど
それでも元気になったりんに再会できたことが今はすごく嬉しいです♪


今朝は安心して仕事に出かけることが出来ました。
時々電話でりんの様子を聞くんだけど、娘の第一声が明るいのでホッとしました♪
帰宅すると元気にリビングのドアの前でお出迎えしてくれました♪
朝ご飯は少しだったので、お昼ご飯をあげると、朝より沢山食べてくれました♪
その後、近所のルビー&すももママがお見舞いに来てくれて
りんの元気な姿を見てもらえて良かった~♪
ルビーママからの素敵なプレゼントは画像を撮ったらまた載せるね^^


明日また病院に行くけど、このまま腫れが大きくならないで先生を驚かせてあげたいな♪
先生も昨日はもう諦めている様子だったので・・。
肝臓の薬ももう無理に飲ませなくていいですよって言われたし
私ももういいやって思ってたけど・・
また元気に食べてくれるようになったのでお薬も飲ませました。
ただ食事やおやつはう~んと緩くして、りんの大好きなバナナをあげようと思います^^


皆さんに心配かけちゃったので取り急ぎの更新です^^;
りんが病気になる前は、いつもと変わらないお散歩や画像もあまり撮らなくなっていたけど
病気になってからは四六時中画像を撮ってます。
この日記も毎日娘と二人でノートにメモしている「りんの様子」をまとめたものが殆どです。
元気なりんも具合の悪いりんも全て残しておきたくて書いてます。
読んで頂いてる皆さんには心配かけちゃって申し訳ないですm(__)m


今日はとても疲れているので更新後はちょっと横になります♪
心配かけて本当にごめんね。そして心からありがとう♪♪






最終更新日  2011年03月08日 18時30分35秒
コメント(8) | コメントを書く

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.