000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

支援屋ver2 営業ブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


kpuichi

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…

フリーページ

全78件 (78件中 71-78件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8

カテゴリ未分類

2010年03月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
やっと退院できた。
しかしまだ静養せなならん。
ここの日記はボチボチ再開していくなり。

--
*****************************************
* 支援屋@高橋弘一
* ホームページ → http://www.kpuichi.ecweb.jp
* メール → ??????@kpuichi.ecweb.jp
* 連絡先 → 070-6649-2723
***************************************************







最終更新日  2010年04月02日 17時00分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
RT@kpuicchiマーケティング実習 keizoku なう!
ふるぼっこくらい覚悟していたのになにも手応えがない
 #kpuichi_memo さてはラーニングの弱点はすでに常識?












最終更新日  2010年03月12日 19時35分37秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年02月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
マーケティング実習なう!
さすがにまだ早いか?
しかし痛い目に合うのがラーニングの極意なり! #kpuichi_memo






最終更新日  2010年03月12日 19時34分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
支援屋です。

今日、横浜商工会議所 貿易・卸部会に参加させていただきました。

スタッフの皆様、部会の皆様 暖かく迎えていただきましてありがとうございました。

今日の目玉は..なんといっても日本コカ・コーラ会長 魚谷様の講演に尽きます。

大変勉強になりました。

この記事は備忘録として使わせていただきます。

...営業の前にマーケティングですね。

知ってたはずだったんですが体で覚えていない。

だから先に営業と考えていました。

反省しました。

先に戦略ありきです。

大局的な目標なくして最後の勝ちは望むべくもありません。(なんのために劉邦さんの話を読んでいたのさ?)

したがって明日からこの日記の記事は当面マーケティングの話に鞍替えします。

まずは備忘録


マーケテイングミクスは4Pから4Cへ...


Product(製品)⇔Customer solution(顧客ソリューション)
Price(価格)⇔ Customer cost(顧客コスト)
Place (流通)⇔ Convenience(利便性)
Promotion(プロモーション) ⇔ Communication(コミュニケーション)

だそうです。

咀嚼は次回から


支援屋でした。


支援屋ver2






最終更新日  2010年02月09日 22時25分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
データコンバージョンツール

支援屋です。

今日ご紹介させていただくのは「データ移行支援サービス」です。

支援屋のデータ移行サービスは新しいソリューションに現行のデータを移行するためのあらゆる作業を支援します。データ移行ツールの作成、データのクレンジング、新システムへのデータインポート作業などが含まれます。

データを経営戦略で活用するためにはデータの精度を向上させることが必定です。
新しいソリューションを適用するタイミングがデータの精度を見直す良い機会になります。データを見直し、整理する+必要な項目を適切な値で埋めるなどデータ整備には手間と時間がかかります。また大変な根気が必要になります。

泥臭い作業は支援屋にお任せ下さい。


支援屋でした。

支援屋の製品とサービス
支援屋のサービス
お問い合わせ
支援屋ver2






最終更新日  2010年02月07日 20時43分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
支援屋です。

横浜商工会議所の情報関連産業部会に参加してきました。
横浜商工会議所情報関連産業部会B
山下泰裕先生(史上最強の柔道家!)の講演、ためになりました。ありがとうございました。


今回は情報関連産業の経営者の面々が集う場です。
同業者の集まりです。言い方を変えるとCompetitor?いえいえまだまだそんな、生まれたばかりで間もない支援屋が競合者足り得るわけないじゃないですか。
新参者で躾の至らない無頼者ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。
横浜商工会議所情報関連産業部会A



で...今回も何もできなかった...営業としての修行が足りないなー

支援屋でした。


支援屋の製品とサービス
支援屋のサービス
お問い合わせ
支援屋ver2






最終更新日  2010年02月03日 11時58分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類

タイムアンドマテリアル(Time and Materials)契約

契約単価(時給)×作業依頼業務にかかった時間での契約
ITpro ビジネスにとって価値のあるIT化のためにより引用

支援屋です。

サービスの価格について少し語りたいと思います。

冒頭のタイムアンドマテリアルの用語定義は2007年11月のITproに掲載された自己陶酔型宇宙人語全開な記事から引用させていただいております。(毒舌失礼!

支援屋のサービスは、タイムアンドマテリアル契約での提供を原則とさせていただこうと考えています。支援屋の高パフォーマンスなプロフェッショナル技術者は難解な課題を迅速に解決します。したがってご負担いただく費用は結果的に少なく済ますことが可能です。

支援屋はこの形態で十分な価格競争力を保持できると考えています。

あれ?価格の語りじゃないですね。失礼しました。



ところで記事中の
”「一括受注形態が崩壊するなんてそんなバカな」と思われるかもしれないが,一度この流れが起こると,途端に津波のようにパラダイムシフトが押し寄せるだろう。もし,このような津波が日本にやってこないとすれば,日本のIT業界自体が崩壊の道をたどるようにも思える。

この予測 あたってますね。


支援屋の製品とサービス
支援屋のサービス
お問い合わせ
支援屋ver2






最終更新日  2010年02月01日 12時29分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年01月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
支援屋です。

今日は支援屋のサービス提供のスタイルについて語らせていただきたいと思います。
少しラフな感じで。

支援屋はIT関連のサービスを提供することを生業とする技術者が集まるコミュニティです。
元々、プロフェッショナル技術者(支援屋は企業から独立して個人で事業を営む人をそう呼びます)は各々営業スタイルの違いこそありますが基本的にはSIerが定義したタスクを案件として提示され、これを請負う形で仕事をするのが一般的です。(ここでは偽装請負に相当するような仕事は論外とします。)
この営業スタイルの弱点はサービスを最終的に受け取るユーザーにプッシュ型の営業を仕掛けることが出来ない点にあります。理由は我々が請負うタスクはエンドユーザーから形として見えにくいことが大きいと考えています。(他にも理由は存在するのですが今回は語りから除外しましょう)

支援屋は、サービスを受け取るエンドユーザーがサービスの効果を見ることが出来る形はなんであるのかを考えました。
最もシンプルな答えは「お客様が困っていること」を「解決すること」。これがDFDのレベル0です。
次に「お客様が困っているのは何に拠るのか」→「その要因の要因は何処か」と問題をバラバラにしてそのバラバラにしたものにアテるものは何か」→「アテるものをどう組み立てていくともっとも効果的なソリューションになるのか」とアプローチしていきます。(マズい! 宇宙人語全開だ)

この問題解決のアプローチの工程を一つ一つエンドユーザーが受け取りやすいように梱包し取り扱い説明書をつけることで、お客様は謎に包まれたITサービスを見ることが出来るようになります。
したがってサービスを個々に享受することも可能になります。
そしてサービスを組み合わせてコンポーネント化することも可能になります。

我々支援屋コミュニティを形成するメンバーも、提供するべきサービスの形がわかるのでモチベーションも上がり、元々保持している高いパフォーマンスを100%発揮できるようになります。結果、品質の高いサービスを低コストで提供することが可能となります。

このサービスをバラ売りするスタイルはお客様が効果が見えて提供する我々もやるべき仕事がはっきり見えるスタイル。

我々支援屋は、このスタイルがお客様と支援屋の深い信頼関係を構築するものと信じています。

支援屋の製品とサービス
支援屋のサービス
お問い合わせ
支援屋ver2






最終更新日  2010年01月31日 19時45分09秒
コメント(0) | コメントを書く

全78件 (78件中 71-78件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.