1397844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シフォンのダイアリー

PR

プロフィール


shifon87

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

カテゴリ

コメント新着

まるまる@ Re:振袖帯結び・バラ立て矢(01/19) 初めまして…とても素敵な帯結び^ ^出来ま…
悪女6814@ Re:かに道楽とポケモンGO(07/24) こんばんは☆彡 素敵なブログにまたまたお…
横浜のひだり@ 私もポケモンGO 今、私の携帯を持って、 夫がポケストップ…

お気に入りブログ

グラス系植物のおす… New! ブルーミント5さん

ペンタス・ビンカ・… New! vabimariさん

草が元気なのは酵素… New! ゆうちゃん5702さん

『真心が届く』(Byイ… snowstarlandさん

サスティナブルビュ… korridaさん

香りと彩りを楽しむ… sasakamabokoさん
ガーデニング&DI… makey2003さん
Garden 花 水 季 *asako*さん
山奥の小さなナチュ… woof001さん
小桃のクラフト生活… 小桃 工房さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

着付け

2016.07.22
XML
カテゴリ:着付け
 2016-07-22-17-47-16.jpg
浴衣の帯結びです。
大人用の兵児帯を使った
大輪の花のような結び方。
2016-07-22-17-39-09-715.jpg 
手先に花を作ります。
手先の片端を2~3周くるくる巻き
ギャザーを寄せながらそわせます。
続きを同じ高さの輪にして、
ギャザーを寄せながらそわせます。
しっかりとゴムでとめます。
2016-07-22-17-42-27-391.jpg 
 手先の花を背中心に置いて
胴に2巻きし、手先を上に結びます。
三段ゴム紐で花を押さえます。
たれ元を広げて、
左羽根に六つ山ヒダを作り、
三段ゴム紐の一本目に入れます。
同様に六つ山ヒダの右羽根を作り、
三段ゴム紐の二本目に入れます。
左下と右下にも同様に作ります。
たれ先は下からくぐらせて
上に出して、ギャザーを寄せます。






最終更新日  2016.07.22 18:43:17
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.15
カテゴリ:着付け

camerancollage2016_07_15_162835.jpg

〈幅17センチの浴衣帯を使った場合〉 

手先裏を見て、62センチ計り

クリップしておく。

右上角をクリップの位置に折り下げる。

表に返す。 

上側を2~3センチ位、2回巻く。

クリップでとめる。

camerancollage2016_07_15_163812.jpg

下側も2~3センチ位、2回巻く。

2つのループを合わせる。

左下に出来たループを2つのループに

そわせて持ち、残りの帯縁を

ループの元にそわせる。

残りを向こうへ返し、ゴムで止める。camerancollage2016_07_15_182414.jpg 

たれ先裏を見て、下角を三角に

折り上げる。

下側2~3センチ位、2回巻く。

camerancollage2016_07_15_182706.jpg 

上一枚でループの上に一つヒダをとる。

残りを上に沿わせる。

向こう側も同様にして、ゴムでとめる。

camerancollage2016_07_15_182936.jpg 

手先のカメリアヒダを 背中心に置き

胴二巻きして、手とたれを交差し、

三段ゴム紐で押さえる。

camerancollage2016_07_15_183032.jpg 

カメリアヒダより少し大きめに

右羽根を作る。

左側は3センチほど内側に折りこんで

幅を細くし、一つ追いヒダをとり、

三段ゴムの1、2本目に下から入れる。 

camerancollage2016_07_15_183123.jpg

続きを広げ、 右縁を羽根と同じ長さに

揃え、右縁を起点に裏へ折り返す。

camerancollage2016_07_15_183225.jpg 

下側から、3~4センチ位、2回巻く。

三段ゴムの1本目に入れる。 

camerancollage2016_07_15_183337.jpg 

たれ先のリーフヒダがねじれないよう

持ち上げ、三段ゴム紐の三本目に

下から入れる。

camerancollage2016_07_15_183452.jpg 

左下の羽根は左側を少し内側に

折って幅を細くする。

三段ゴム紐にヘアゴムを結びつける。

もう少し太いゴムの方が良い。 

ヘアゴムを内側に通し、右羽根と

バランスよく形づける。

camerancollage2016_07_09_233304.jpg 

出来上がり

camerancollage2016_07_15_183912.jpg 

もうひとつのアレンジ。

2つのヒダを同様に作り、胴に2巻き

して交差まで同じ。 

カメリアヒダは右寄りに置く。

camerancollage2016_07_15_184029.jpg

左羽根に2つ山ヒダを作り、

三段ゴム紐の1、2本目に入れる。

camerancollage2016_07_15_184219.jpg 

一回り小さい2つ山ヒダの左羽根を

作り、三段ゴム紐の1本目に入れる。

続きで2つ山ヒダの右羽根を作り、

三段ゴム紐の2本目に入れる。

camerancollage2016_07_15_184317.jpg 

たれ先のリーフヒダの裏を見て、

三段ゴム紐の3本目に下から入れる。

camerancollage2016_07_15_184429.jpg 

リーフヒダを表に返す。

お太鼓部分に余りが出たら、上と同様に

ヘアゴムを三段ゴム紐につけて

長さと形を調節する。

 

 







最終更新日  2016.07.15 20:59:19
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.09
カテゴリ:着付け

camerancollage2016_07_09_233304.jpg

 振袖の帯結びの本を見ながら

浴衣帯でもできるかなとやってみました。

「カメリア」 

パーティーの🎉みたいでお気に入り 

本に5個 載ってるうち、これしかお稽古してなかったので

あと2~3個、浴衣帯でトライしてみます。

 

 







最終更新日  2016.07.09 23:46:45
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.07
カテゴリ:着付け

23687012.v1467632417.jpg 

この浴衣の帯結びの作り方を教えてほしいとのコメントがありました

同じ帯は嫁いだ娘の家にあるので、別の帯でやってみます。

camerancollage2016_07_07_124716.jpg 

手先60センチ程とって、2つ折りにし、胴に2周、前板を入れながら巻く

たれも半分に折り、手先を上に結ぶ

結び目を一周目の帯の中へ沈める

たれ元は裏に返しておく camerancollage2016_07_06_233914.jpg

手先を三角に折り上げる

花に使う色(ピンク)と違う色(赤)

camerancollage2016_07_06_234400.jpg 

さらに折り下げ、折り上げる

camerancollage2016_07_06_234645.jpg 

 ピンクの山を上にして、あと2つ山を作り、3つ山半ひだにする

camerancollage2016_07_07_001540.jpg 

少し先で3つ山ひだを作り、3つ山半ひだと外側をたっぷりにしたドレープにつなげ、画像のように親指を外側に持つ

camerancollage2016_07_07_002329.jpg 

手前にくるっと回して、両手の親指の爪を合わせ、ヘアゴムで止める

camerancollage2016_07_07_123630.jpg 

バラの花の中心をすぼめて整え、 3つ山半ひだは裏に返して葉にする

続きで小さな3つ山ひだの羽根を作り、ヘアゴムで止める 

羽根の右端を5ミリ程折り返し、茎にする

camerancollage2016_07_07_002729.jpg 

手先の元を裏に返しておく

三段ゴム紐を帯の上線につける 

camerancollage2016_07_07_002916.jpg 

 たれ先にもバラの花を作る

 たれ元から時計周りに輪を作り、たれ先のバラの花を三段ゴム紐の一、二本目に下から通す

camerancollage2016_07_07_003127.jpg 

輪にしたところに2つ山ひだを作り、ヘアゴムで止める

camerancollage2016_07_07_003708.jpg 

左羽根を三段ゴム紐の一本目に右羽根を二本目に通す

ゴムは中心でクロスする 

立て矢風に羽根を右下がりに傾ける

camerancollage2016_07_07_004355.jpg 

 手先のバラを三段ゴム紐の三本目に下から通す

たれ先のバラが左、手先のバラが右

三段ゴム紐は見えないように帯の中へ入れる 

お太鼓部分の羽根をふんわり広げて出来上がり

昔の浴衣帯は短いので、この帯結びには長さが足りません。 

バラの葉の下の羽根をはずすなどして、アレンジしてみてください。 

 







最終更新日  2016.07.07 14:38:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.28
カテゴリ:着付け

2年前の12月5日にUPした帯結びで

無地部分が見えてしまうとの

コメントがありましたので

一部改良して、撮影し直してみました

無地部分が見える原因としては

☆手とたれの交差後、無地部分が長い

☆手先柄が短い帯を使用

の2点が考えられます

今、2年前に使った帯が手元になく

サイズが計れませんので

別の帯を使ってみました

この六通帯は全長4m46cm

手先柄57cm、たれの柄は2m74cmです

胴に2巻きして、手先に三つ山ヒダを作り

クリップでとめておきます

たれ元を向こう側に折り下げ

折り上げて、手先と交差、帯上線に仮紐

手先を右肩に預け、三段ゴム紐をつけます

無地部分(上のクリップをつけた位置より下)は

衿を超えない長さです

無地部分が長ければ

仮紐の奥へ沈めて、短く調節します

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

たれ元から約20cmほどを輪にして

右羽根を作り、裏側に1タックとります

ゴム1本目に上から通します

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

続きを内側に折り上げて、お太鼓部分を作り

ゴム1&2本目に下から通します

残りのたれは左肩へ預けておきます

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

たれ先を右に輪を左にして

肩幅くらいの長方形に広げます

この帯は長いのでお太鼓部分が

こんなに長くなってますが

枕がつけられる長さがあればOK

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

たれ先に三つ山ヒダを作ります

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

ゴム3本目にたれ先を通します

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

手先を下し、ゴム2本目に上から通します

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

手先を折り上げます

この時、無地部分が出ないように注意

たれ先の向こう側でゴム2&3本目に

上から通して、下げます

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

手先が袖口あたりまで下がります

この長さがない場合は次のサブ羽根

2枚が作れません

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

手先の山を上にして

中央の輪の中、右から左へ通し

サブ羽根2枚を作ります

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

お太鼓部分の輪の中に枕を入れ

中央の結び目と隙間がないように

背中にしっかりとつけます

帯揚げと帯締めをします

どこから見ても三段ゴム紐が

見えないように羽根と帯揚げで隠します

2年前の帯ではシャープさを出しましたが

今回はサブ羽根の広げ方を

少しふんわりした感じにしてみました

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

出来上がり

創作帯結び
創作帯結び posted by (C)shifon

こちらは2年前の帯結び

帯の柄や仕上げ方で雰囲気が変わりますね

振袖帯結び
振袖帯結び posted by (C)shifon







最終更新日  2015.11.29 09:14:04
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.22
カテゴリ:着付け

今日は3種類の振袖帯結びをお稽古しました

2015年新趣帯結びより『カメリア』

手先にカメリアヒダ

たれ先にリーフヒダ

椿の花と葉ですかね?

いつもと違う角度の立て矢系

私にはパーティーなどでパーンとお祝いする

クラッカーのようにも見えて

楽しい気分になる帯結び音符

写真では左上のが見えませんが

くるくるクラッカーは全部で5個あります

ちょっと右上あたり三段ゴム紐が

見えそうになるところ、気を使いましたね

髪飾りなど何か帯飾りにするものを

持っておられる方におすすめの帯結び

振袖帯結び『カメリア』
振袖帯結び『カメリア』 posted by (C)shifon

カメリアヒダをたれ先に作り

片方文庫にしてみました

プロセスは少なめなのですが

カメリアヒダは巻き込んで作るため

その続きを整えないと次の羽根が作りにくく、

私にはまだまだお稽古が必要な感じ

振袖帯結び『カメリア』文庫系
振袖帯結び『カメリア』文庫系 posted by (C)shifon

『WAKUハート(手書き)WAKU帯結び』より

『モネの庭』のお稽古

睡蓮のイメージだそうです

手先にモネヒダ

元はたれ先でお太鼓を作る形ですが

練習の帯ではたれが余ったので

小さい羽根を1枚追加しています

振袖帯結び『モネの庭』
振袖帯結び『モネの庭』 posted by (C)shifon







最終更新日  2015.01.22 22:57:53
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.19
カテゴリ:着付け

振袖帯結びのお稽古をしました。

やわらかい帯に向く立て矢系。

中央に大輪のバラの花&葉3枚。

振袖帯結び バラ立て矢
振袖帯結び バラ立て矢 posted by (C)shifon







最終更新日  2015.01.20 00:21:31
コメント(1) | コメントを書く
2015.01.08
カテゴリ:着付け

成人式に間に合わないな~?と思っていた

振袖帯結びのフォトブック。

年内に届き、さらに追加注文したものも

昨日届き、間に合いました。

しか~し!

何度も何度も見直したはずでしたが

スマホの画面から選んで作業したので

画像貼り付けミス!

しかも帯結びの出来上がり画像を

採用する画像に絞る時に間違って

削除してしまったようで見当たりません。

同じ帯は今年成人式の姪に貸してしまって、

今、家にあるのは色柄がはっきりした袋帯のみ。

写真では肉眼で見るよりも

柄ばかりが目立ってしまい

ヒダがわかりにくいんです。

そこで帯の裏側の金色のほうを

使って結んでみました。

手順のページと出来上がりのページが

別の帯なのはどうかな~?と

全部の手順も撮り直すことにしました。

これをフォトブックと同じ大きさにするのに

何度もプリントをやり直し、ひと苦労。

なんとか、そこそこ同じ大きさに印刷できたので

これから5画像X12冊分、切り貼りしまーす。

スーパーファイン用紙を使ったけど

フォトブックに比べると画質が、ちと悪め。

ちなみにこの帯結びは

たれが長くて、羽根を4枚作ってもなお

余って困った時用にと考えたもの。

たれ元から羽根を左右2枚作った残り全部、

縦長の三つ山ヒダにたれ先まで折り、

左・右・左と、輪にして、広げるだけ。

手先でもう一枚羽根を作り、計6枚羽根。

参考になって喜んでもらえるといいな。

振袖帯結びのフォトブックの画像修正
振袖帯結びのフォトブックの画像修正 posted by (C)shifon







最終更新日  2015.01.08 14:59:48
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.09
カテゴリ:着付け

今日も振袖の着付けのお稽古をしました

まずは帯を結んでから『瑞穂』を折る練習

折れるようになったものの

この六通帯では標準サイズのボディでも

ちょっと出来上がりサイズが小さいかな?という

羽根の大きさになってしまい

事前に折るのは全通の帯のほうがよさそう

次にアレンジを考えました

みずほヒダを左右逆に折り

右下の羽根の中から引っ張り出した羽根(中央下)と

似たようなヒダを手先で折り(右上)

その続きをお太鼓部分にしています

たれ元でお太鼓を作らなくていいので

六通帯でもみずほヒダを本どおりのサイズで折れます

振袖帯結び
振袖帯結び posted by (C)shifon







最終更新日  2013.12.11 01:22:32
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.08
カテゴリ:着付け

今年の新趣帯結び『瑞穂』のアレンジを考えてみました

まず見慣れた右下がりの形にしたくて

みずほヒダを左右逆に折ってみました

前回の練習では手の元の無地部分で

お太鼓を作ったのですが、別の六通帯では

柄止まりの長さが違うようで

それができませんでした

そこでみずほヒダの寸法を少し小さ目に折り

オリジナルどおり、たれ元でお太鼓部分を作りました

『瑞穂』のアレンジ
『瑞穂』のアレンジ posted by (C)shifon

お太鼓部分が作れない場合のアレンジも考えてみました

↑ のみずほヒダを上下逆に置いています

手をお太鼓に使い

広げて長くした手先ヒダをお文庫系に下げてみました

同じヒダなのに全然違う雰囲気になりますね

『瑞穂』のアレンジ
『瑞穂』のアレンジ posted by (C)shifon

次は事前にみずほヒダを折る時間がなかった場合に

帯を巻いてから折ってみましたが

ここでも問題はお太鼓部分

まだすんなり折れませんので

もっと練習してみます

 







最終更新日  2013.12.08 10:30:42
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.