000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

滋賀県家庭教師ネットワークのBlog

PR

Profile


SN0035

Calendar

Archives

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

Category

カテゴリ未分類

(15)

家庭教師

(0)

学習塾

(0)

日記

(28)

システム

(3)

キャンペーン

(3)

教育相談

(1)

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.05.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。滋賀県家庭教師ネットワークの中西です。

GW真っ只中ですが、教室に来て自習や指導を頑張っている生徒がいます。
GW、お盆、お正月など関係なく、ご家庭・生徒の皆さんのご都合に合わせて指導が可能ですので、お気軽にご相談ください。
さて、今日は先日ご案内していました、滋賀県立高校入試問題(国語)の入試分析結果をお届けしたいと思います。

2018年 滋賀県高校入試問題 国語
大問①
ここ数年は自然科学系の問題が多く出題されていいます。
【本の一部】と【図鑑の一部】を読み解く問題だが、難易度は難しくなかった印象です。
選択問題が2問ありましたが、本文を読めていれば、消去法で簡単に選択ができるレベルです。難しい文章ではないので、読解力さえ鍛えていれば解ける問題です。

大問②
例年の出題傾向と同じで、【本の一部】とあかねさんがまとめた【読書の記録】から読み解く問題でした。こちらの選択問題も消去法で考えれば解けます。
本文中から抜き出す問題も、よく読めていれば難しくはありませんが、○○字以内で抜出して答えないといけない点に気を付けましょう。油断していると終わりの抜出しがミスになります。

大問③
漢字は「添削」以外は小学校4年生から6年生で習っていますので、全問正解できるように普段から漢字力をつけておきましょう。古典の量は少ないですが、ここ数年は出題されています。教科書レベルの問題を押さえておけば解ける問題です。


入試問題の得点分布からわかることですが、国語は例年、平均点から10~15点前後に約6割の生徒が集中しています。平均点も比較的高い教科ですので、ライバルたちと差を広げられないようにしないといけません。
対策としては、「読解力をつける」「漢字・文法・古典の暗記」などがありますが、国語は何をすれば良いの?という生徒の方も多いと思います。長文もただ漠然と読むだけではいけません。たとえば、接続詞の後には、筆者が伝えたいことが書かれている確率が高いので、チェックして読むなど、問題文の読み方にもコツがあります。また、国語も数学同様、演習で力をつけることが可能です。
具体的な指導方法は、当社のプロ教師が、皆さん一人ひとりにあった勉強法をレクチャーしますので、安心してください。
お気軽にお問い合わせください。


滋賀県家庭教師ネットワーク
草津市大路2丁目14-7 サンサンビル2F
TEL:077-566-4455






Last updated  2018.05.02 18:40:22
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.