006000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

これぞ!志学舎魂!!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/860jf47/ フ○…
バーサーカー@ ヌォォオオ!!!!!! http://bite.bnpnstore.com/3tboo5b/ お…

Freepage List

Headline News

「子どもと真正面から向き合って!!」


最近のニュースを見ていると極めて卑劣で残虐な事件が多い。今では事件を起こしているのは大人だけとは限らない。。小中学生までもが犯行に及んでいる場合もある。。なぜ彼らまでもがそんな事件を起こしてしまうのだろう。。それを追究しだすときりがない。「子どもが悪いから」「子どもを育てた保護者が悪いから」「経済的に困難だから働きに出ているため子どもをみれないから」。。。。どの理由も一理あると思うし、受け止めるべきであると思う。しかしそんなことを言ってても話は平行線。これからどうしていけばそういった子ども減らせるのかを考えるべきだと思う。
私はこれまでに様々な生徒に直面してきた。タバコ・シンナー・リストカット。。目の前で自殺をはかろうとする生徒もいた。こんなことを自分の子どもがやっていたらどうしますか?普通であれば「やめなさい」といってとめるでしょう。でも「やめなさい」でやめれるのであれば、みんなやめている。。事件も起こらないであろう。「じゃあどうすればいいねん!」っていう話ですよね。私は様々な教育現場に携わってきたが「最近の子は…」とみなさまが口にするように、私たちが育てられたように今の子を育てると、うまくいかない部分が多々あると思う。しかし今の子も昔の子も共通してもっているものがある。それは、、、

「素直さ」である。

私は数千人という生徒と接してきたが、これをもっていない生徒はいない。
しかし人間は自分を周りによく見せたがるので、自分を着飾ったり思ってもないことを口にしたりする。でも実際に向き合ってみると「この子めっちゃいい子やん」とか「素直やん」ということがほとんど。先ほどの自殺の子の話も、周りの人は「やめろ!」とか「あかん!」とかそんなんばっかり。。それで止まるんやったらとっくにとまってます。。
私が現場に到着し、私はその子の元へ突き進んだ。自殺すると口にはしていたが、特に凶器はもっていなかった。私は周囲の人間をなだめてから、その子と2時間以上に渡って会話した。そしてその子がこぼした言葉、、、

「うちずっと1人やねん。。親は働いてるし、話聞いてくれる人が誰もおらへん。友達も先生もずっとは話できへんし。。心の居場所も休まる場所もないねん。。うちなんか生きてても意味ないし。先生みたいにうちと面向かって話してくれる人がほしかってん。。」

この子もやっぱり素直な心の持ち主だと思った。今までにその苦しさがたまっていたのだろうか。その子は永遠と泣き続け、私の手を離さなかった。私はその子が気の済むまで泣いてもらった。現場の周辺にいた生徒も永遠泣き続けた。

そして私は「周りを見てみ?お前のためにこんなに泣いてくれてる子がおるやん。生きてても意味がないなんてゆったらあかん。自殺するなんてゆったらあかん。お前が死んだらみんなも俺も辛い思いするんやで?悲しくて苦しいんやで?それでも死にたいって言うか?」と優しく言うと、「そんなんうちいややぁぁ!ごめんみんな!うち、みんなと一緒に頑張って生きる!」

そう言いながらその場は最終的に「生きることの大切さ」を再確認した生徒たちが泣いていました。

私が保護者の方にいいたいこと。それは、

「子どもの話は絶対に聞いてあげて!真正面から向かいあって!!」

私は単なる「塾講師」で仕事をしているのではないし、それだけで終わらせるつもりは毛頭ない。「塾」である限り生徒に分かりやすく学習指導をし、志望校に合格させるのは当たり前のこと。それだけでなく生徒の純粋な心を引き出し、個性をのばせる塾を運営している。

そして1年たった今、、、

1期生が卒業した。合格率は100%。全員が志望校進学決定だ!


このブログトップの背景のように生徒1人1人がいつまでも輝いていてほしい。。
2007.07.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
本部移転にともなって、ブログも新規で作成いたしました。

このブログは7月いっぱいで削除します。

今日からはhttp://plaza.rakuten.co.jp/shigakushasoul/を見てください。






Last updated  2007.07.02 23:45:15
コメント(13) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.