571798 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

しげのガレージライフ

排気デバイスワイヤー調整レス

VJ21A、VJ22Aの腰上オーバーホールしたことがある方ならば経験あるでしょうが、シリンダーを組み込む時には必ず排気デバイスのワイヤー調整をしなければなりません。
構造上の問題で、どうしようもないのですが、NSRやVJ23Aは都度ワイヤー調整する必要がありません。
VJ21A、VJ22Aは、排気バルブをバラさなければワイヤー固定のステーを外すことが出来ませんが、23AやNSRはバルブをバラさなくてもステーをワイヤーごと外すことが出来ます。

しかし、VJ21Aや22Aも小加工でそのような横着が出来るようになります。
他車種に比べると、ちょっとワイヤーに負担がかかったり、作業性は悪いですが、頻繁にシリンダーを外す方にはお勧めかもしれません。
1.JPG

これが標準のワイヤーステー。
バルブ用のシャフト穴が小さいため、シャフトをシリンダーに残した状態では外れません。
そこで、

2.JPG

その穴をルータで削り、穴を大きくします。

3.JPG

左が加工済み、右が加工前です。
穴が大きくなっているのがお分かりでしょうか。

4.JPG

このとおり、シャフトが簡単に通ります。

5.JPG

排気バルブを組むときに、矢印部分に2tのスペーサ(ワイヤーステーの厚み分)を入れるのを忘れないように。

6.JPG

このような状態(ワイヤーステーにプーリーとワイヤーを付けたまま)で組み込むことが出来ます。

これで、ワイヤーを外さなくてもバルブプーリーを外せますので、都度ワイヤー調整する必要がなくなります。



注:21Aの場合、このステーを止めるネジを22A用のものと同じように皿タイプに変える必要があります。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.