4349180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

shigechan2008のブログ

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

時計

2022.07.04
XML
カテゴリ:時計
MacRumors​に出ている記事で、ネタもとはBloombergのMark Gurmanさんです。

ブ今後のApple Watch Series 8は、新しい内蔵センサーのおかげで通常の体温よりも高くて熱があると思われる場合、着用者に伝えることができるようです。
※画像はMacRumorsの記事から引用しました。

センサーがAppleの内部テストに合格したことを考えると、Apple Watch Series 8は新しい体温センサーを搭載するはずと述べています。今年のApple Watchには、いくつかの新しい健康追跡機能が期待できます。4月、私は、内部テスト中に機能が通過すると仮定して、Appleがシリーズ8モデルに体温検出を追加することを目標と報告しました。私は今、この機能は、標準のApple Watch Series 8とエクストリームスポーツアスリートを対象とした新しい頑丈なエディションの両方搭載されるはずとのこと。
​血糖値のセンサーは難航している感じですね。​






最終更新日  2022.07.04 11:29:12
コメント(0) | コメントを書く


2022.04.25
カテゴリ:時計
9TO5MAC​に出ている記事で、情報元はBloombergのMark Gurmanさんです。iPhoneにも衛星アクセス機能がつくと噂されて、結局採用はされませんでしたが、今年のiPhone 14や来年モデルのAppleWatchには非常時に衛星通信を利用したテキスト送信機能がつく可能性があるということです。

※画像は9TO5MACの記事から引用しました。

記事によると、”最近、Appleとその衛星パートナーと目されるGlobalstar Inc.がそのような機能の立ち上げに近づいているかもしれないという兆候がありました。2月、グローバルスターは数億ドルを投じて「潜在的な」匿名の顧客のために「継続的な衛星サービス」にサービスを供給するため、17個の新しい衛星を購入する合意に達したと述べた”そうです。

仮に非情通報の衛星通信サービスが北米大陸のユーザー向けだけだったとしても、これは便利な機能だと思います。






最終更新日  2022.04.25 12:40:08
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.23
カテゴリ:時計
​9TO5MACに記事が出ていて、確認したらアップルからも​修理サービスプログラム​が案内されていました。
リンク先のページにシリアル番号を入力して確認するようになっているので、Apple Watch Series 6をお持ちの方はチェックなさることをお勧めします。

※画像は9TO5MACのページから引用しました。

アップルサポートページの解説の一部をコピペしました。
ごく一部の Apple Watch Series 6 (40mm) の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明しました。​この問題が確認されているのは、2021 年 4 月から 2021 年 9 月までの間に製造されたデバイスです。​

お使いの Apple Watch Series 6 にこの問題が見られる場合は、その Apple Watch のシリアル番号を下のボックスに入力して、本プログラムの対象となるかどうかご確認ください。本プログラムの対象となるデバイスについては、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにて無償修理サービスを実施いたします。






最終更新日  2022.04.23 15:05:58
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.15
カテゴリ:時計
​カテゴリーは時計にしておきます。引き続き​9TO5MAC​からの情報です。

※画像は9TO5MACの記事から拝借しました。

iOS 15.4とwatchOS 8.5が公開されてからAppleは​サポート文書​(英文です)を更新して、”Apple Watchが機能しなくなった時に、ユーザーが自分でファームウェアアップデートを実行できる”可能性を示したとの事。iOS 15.4とwatchOS 8.5がそれぞれインストールされている場合に限るようです。
  1. 何らかの理由でApple Watchが機能しなくなった場合、リンクしているiPhoneにアラートが表示され、Apple Watchを復元するように求められる
  2. Apple WatchをBluetoothもしくはWi-FiをONして充電しながらiPhoneへ近づけて、再度ボタンを2回タップする
  3. Apple Watchに表示される手順で、復元する
  4. Apple Watchの画面に”iPhoneへ近づけるよう求めるアニメーションが表示され、赤のびっくりマークが表示されることもある
  5. この場合は、上記1.〜3.の手順を実行する
  6. これでも復元できない時は、Apple Storeもしくは認定修理店へ持ち込む

復元の手順は以上の通りです。念の為、リンクしたサポート文書をご確認ください。






最終更新日  2022.03.15 10:57:17
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.11
カテゴリ:時計
​watchOS 8.4.2が公開されたと、​9TO5MAC​に記事が出ています。

8.4.2は、Appleが発表した”ストーキングに対するAirTagの変更”に関わるアナウンスの後に公開されたもので、その変更を反映したものと思われますが、”バグフィックスとセキュリティアップデートをAppleWatchユーザーに提供する”のだそうです。まあ詳細不明ですね泣き笑い

※画像は9TO5MACの記事から借用しました。

watchOSと同時に下記のOSも公開されたので、アップデートをお勧めします。
  • iOS 15.3.1
  • iPadOS 15.3.1
  • macOS 12.2.1






最終更新日  2022.02.12 12:30:35
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.02
カテゴリ:時計
9TO5MAC​やAPPLE LINKAGEにも紹介されていました。アップルのセキュリティサポート文書(日本文)では、未だ解説されておらず内容不明ですが、9TO5MACでは”AppleWatch Series4以降だけに影響するバグを修正した”と解説されています。

ビルドは下記の通りだそうです。
  • watchOS 8.4:19S546
  • ​watchOS 8.4.1:19S550​
  • watchOS 8.5 Beta1:19T5212h






最終更新日  2022.02.02 12:02:34
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.11
カテゴリ:時計
​昨日拙ブログで取り上げた記事の続編?の様な記事が、​9TO5MAC​に出ています。

Apple Watch Series 7ではデザイン変更と血圧測定機能の搭載が期待されていたが、どちらも実現しなかった”と記事で述べられていて、まあApple Watchを買う気がない私でも思いは同じですねしょんぼり

※画像は9TO5MACの記事から借用しました。

​昨日の記事も併せて考えると、Apple Watch Series 8に期待できるのは、下記2項目のようです。
  1. 外観デザインの変更:iPhone 12シリーズや同13シリーズのような角張ったデザイン
  2. 電池容量の向上:公称持続時間17時間、近くにiPhoneがないときは4時間しか保たない
他社のスマートウォッチを見ると、電池持続時間2〜3日とか中には1週間くらい保つものもあったように思います。もちろんそれらの全てがApple Watchと同等の機能を備えているわけではないですけど。
普通に使っても電池が丸1日持たずに、ヘタをすると1日に2回くらい充電するのは、結構ストレスですよね〜。
と言うわけで、Apple Watchの電池寿命を向上するべきという意見には大賛成です。リチウムイオン電池の呪縛を離れて良いのではないかとも思いますが、じゃあNaイオン電池を使えるのか?と言われると、素材開発や性能革新が現在進行中ですから、無採用は難しいだろうなぁ。

そうなると、今までの噂から思いつくのは以下の内容ですね。​
  • Digital Crownの廃止する
  • 内部基板の小サイズ化によって、電池サイズと容量を向上する
電池寿命が36時間位に伸びれば、割と大きな革新だと思います。






最終更新日  2022.01.11 12:45:32
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.10
カテゴリ:時計
9TO5MAC​に出ている記事で、ネタ元はBloombergのMark Gurmanさんです。

※画像は9TO5MACの記事から借用しました。

今国内で販売されているApple Watch 7で測定できる健康関連機能は以下のとおりです:アップルの製品情報を参照しました。
  • 高心拍数/低心拍数の通知
  • 不規則な心拍の通知
  • 心電図モニター
  • 血中酸素濃度モニター
  • 転倒検知、非常通報
今後搭載が期待されている健康関連機能は、以下のものだと記載されています。
  • 血糖値モニター(血中ブドウ糖濃度):おそらく今後5〜10年ほどかかる見込み
  • 血圧測定:今後2〜3年以内に搭載される見込み
  • 体温測定:2022年のロードマップに載った機能だが、最近は話題に上る機会が減った

これらの想定に基づいて次期Apple Watch Series 8に搭載が期待される健康関連機能は、”より高度な睡眠パターンモニター、例えば睡眠時無呼吸状態の検知など”ではないかと、予想されています。

個人的には”睡眠時無呼吸状態の検知”って素晴らしいと思いますね。私は睡眠チェックした時に、睡眠時無呼吸症候群と診断され、半年くらいCPAPを使っていました。CPAPを使わないで済むほど症状が軽いうちに無呼吸症候群だと自覚できれば、治療も楽になるのではないかと思ってしまいました。






最終更新日  2022.01.10 16:39:11
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.30
カテゴリ:時計
9TO5MAC​で見つけた記事で、将来的には竜頭が光学センサーに置き換わり、ユーザーのジェスチャーなどを認識できるようになるかもしれないそうです。
記事にも書かれていますけど、機構部品が減れば故障の可能性が減って防水性や防塵性が上がりそうですね。

※上下の画像は9TO5MACの記事から借用しました。

元記事は​Patently Apple​が紹介したもので、”Appleが付与された特許”とあるので、日本で言う特許公告でしょう。リンク先には9TO5MACの記事よりも少し詳しい内容が、記載されています。






最終更新日  2021.12.30 12:35:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.23
カテゴリ:時計
​​appleinsider​に出ている記事で、”watchOS 8.3にアップデートした後にサードパーティー製充電器ではAppleWatchを充電できなくなった”という​、ユーザーさんの報告が多発している様です。

※画像はappleinsiderの記事から借用しました。

Apple純正の充電器だと正常に充電できるが、サードパーティー製だと充電は2%しか進まないそうで、値段の高いApple製をやめてサードパーティー製を選んだユーザーには、冗談がきつい感じですよね〜ぷー
なお不具合はamazonから販売された安価な充電器で多く発生している模様です。

そもそもwatchOS 8.3はパフォーマンスの向上とバグ修正が目的だったのに、新たなバグを生んでしまった可能性が高く、Appleが問題を認識すればソフトウェアアップデートで対応できそうです。






最終更新日  2021.12.23 08:57:38
コメント(0) | コメントを書く

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.