1432453 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Shige & Happy の 気まぐれ写真日記

PR

X

Calendar

Comments

Shige&Happy@ Re[1]:逆風の祭典が開幕(7/24)(07/24) 坂東太郎9422さんへ 訪問有難うございま…

Free Space

設定されていません。
ShigeとAnoneのワンダーランドへようこそ

「愛犬Anoneとの楽しい日々について」

「バイクツーリング、旅行、読書、写真、映画などの趣味について」

「ニュース、地理、歴史、社会科教育、日々の雑感などについて」

 あんなことこんなこと、思いつくままに撮りたての写真を添えて書き綴ります。

Shopping List

シーケンシャルウインカー シリーズ累計1万個突破の販売実績シーケンシャルウインカ…
シーケンシャルウィンカー、日産リーフに取り付けました。取り付けは思ったより簡単でした。必要な長さに…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2021/07/28
XML
カテゴリ:カメラと写真
単に大きく写すレンズではない

  昨年半ばからキャノンからソニーにマウント替えを進め、ほぼ必要なFEレンズはそろった。今はソニーのフルサイズミラーレス一眼と、オリンパスのマイクロフォーサーズを併用している。自分は植物や昆虫や小動物を撮る機会が多い。ほとんど中望遠レンズで撮っているが、マクロレンズも一本は揃えていたい。

 そこで最近、FE2.8 / 90 MACRO G OSSを購入した。最近のミラーレスカメラはシステムが小さいが、レンズの方はあまりコンパクト化に向かっていない。ソニーのこのマクロレンズもやや大きく重い。

「最近購入したマクロレンズ」

(α7RⅢボディが700g強あるので、合計すると1.3kg以上になる)

 最近は1.5㎏を超えると、手首にこたえるようになってきた。だから、最近はついオリンパスのマイクロフォーサーズのセットを持ち出すことが多い。フルサイズのソニーα7RⅢにこのマクロレンズをつけると大きく重いと感じる。ただ、この大きさと重さはフルサイズの解像度を得るためには仕方ないと思っている。

「サボテンの蕾」

(ピントを何処に決めて、ボケ具合をどうするかが大切になる)

 マクロレンズは被写体を選ぶレンズである。被写界深度がものすごく浅いために、ピントの合った部分以外は大きくボケる。だから、撮影者の意図がうまく伝わらないこともある。

「サボテンの花」

(上と同じサボテンだが、上の蕾の写真がボケの変化がなめらかで良い)

 マクロレンズはどんな被写体のどの部分を切り取るかで、写真の出来が大きく変わる。そこが面白いところだと思うのでいろいろ試してみたい。

​↓ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。​
​​
写真日記ランキング







Last updated  2021/08/01 06:24:22 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.