477818 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Shige & Happyの楽しい毎日

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


Shige&Happyさん

Change&challenge

フォローする

カレンダー

お気に入りブログ

終ったと思われるモノ New! 柳居子さん

ムルフェ New! はんらさん

花紀行(4972)-エリ… New! 宮じいさんさん

本日もAprilの合宿所… New! ヨンミョン1029さん

小雪の愛息子 New! ナナメチャンさん

コメント新着

 Shige&Happy@ 佐賀県玄海町の棚田百選 GKenさん この時期が、水田に水が入ってい…
 GKen@ Re:佐賀県玄海町の棚田百選…(5/2)(05/02) 浜野浦の棚田、知りませんでした。 素晴ら…
 Shige&Happy@ Re:1年前の船旅の写真…(3/13)(03/13) Gkenさん そうでしたか。とてもきれいな…
 GKen@ Re:1年前の船旅の写真…(3/13)(03/13) プリメイラの花、きれいですね。 ラオスの…
 shige&happy@ Re[1]:タヒチ島ぐるり一周…(2016/3/12)(03/12) GKenさん かなり期待外れでしたが、かえっ…

フリーページ

ランキング市場

ニューストピックス

全1815件 (1815件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017/05/09
XML
カテゴリ:今日の出来事

あいにくの雨

 兵庫県からやってきた中学生に民家体験宿泊を受け入れました。男子4名、あいにくの雨のために予定を変更して、最初は菜園のさやエンドウの収穫をしてもらいました。

「小さな菜園に大きな生徒が4人」

(明日の長崎班別自主見学のためレインコートを用意していました)

 雨に備えてちゃんと準備万端、先生の指導をきちんと守る子どもたちです。このさやエンドウは、夕食のトンカツの付け合わせとしてみんなにも食べてもらいました。

 つぎにいつも我が家ではお決まりのソバ打ち体験をしました。車で10分ほど、八幡岳の麓のそば屋さんに向かいました。

「1人25回、4人で100回こねます」

(この頃にはソバの香りがしてきます)

 ソバ打ちの後で、「蕨野(わらびの)の棚田」に登ってみましたが、まだ水が入っていない田んぼもあって見映えは今ひとつでした。こどもたちには珍しかったようです。

「棚田ハート」

(ほとんど水が入っていません、海沿いの浜野浦の棚田は田植えが終わっているのに)

 夜はホタルがいないか、夜道を車で10分ほどのホタル出没地に出かけてみました。しかしホタル乱舞の季節にはまだ早かったようです。

↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/05/11 12:45:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/07
カテゴリ:最近買ったもの

12種類のネジに対応するリボルバー型

 バイクのバッテリーの端子を、前回無くしたので六角穴のネジで締めていた。どうして緩めようかと思ったとき、ホームセンターで便利なドライバーを見つけた。

「外から見たらこんな感じ」

(この中に6本のネジに対応するビットが収納されている)

 ねじ回しの握りの部分が回転するようになっていて、上の状態では中にないっている6本のビットは出てこないようになっている。

「全開状態で収納する」

(それぞれ大きさの異なるビットを収納(装弾)することができる)

「6本のビット」

(この中から用途に合うものをドライバーに装着して使用する)

 これはまるでリボルバー型の拳銃に弾を装弾する感じである。そこがとてもギミックな仕掛けで面白い。6本のビットは前後で形状や大きさが異なるから12種類のネジに対応できる・

 値段は800円ぐらいだったと思う。握り手の部分がふくらんでいて力が入りやすい。前からあったのかも知れないが、自分にとっては新発見だった。

↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/05/08 09:52:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/05

1年間の眠りから覚める

 昨日(5月4日)、注文していたバッテリーが届いたので、取り付けようと思って開封した。ところが、以前注文した台湾製バッテリーと違い電解液は別体になっていた。説明書には「お客様には電解液を注入して販売してください」と書いてあるのに、宅配の場合は別なのだろうか。

 説明書を見たら、注入方法はわかったが注入しただけで、補充電しなくても大丈夫なのだろうか、補充電をするようにとはどこにも書いていないようだ。

「届いたバッテリー」

(本体と電解液が別になっている)

 ちょうど取りかかっていたところに、バイク仲間から電話があった。最近手に入れたというピカピカのWS650でやってきたので早速手伝ってもらうことにする。

「電解液の注入」

(バッテリーのキャップを外し電解液パックを差し込む~旧バッテリーでの再現写真)

 泡が出なくなるまで20分ほど放置する。そのあと、バッテリーのキャップをしっかりとはめて、スクーターのバッテリー室に挿入して端子を取り付ける。

「バッテリーの装着」

(手前のシガーソケットからはナビ用の電源を取り出している)

 手順通りに作業したら、無事年ぶりに目覚めた。その足で唐津城の藤の撮影にいって(5月4日の項参照)、そのあと近くの日帰り温泉に足を伸ばす。

「日帰り温泉にて」

(向こうが友人のWS660、中古だけど新車の輝きである)

 連休とあって温泉は混んでいたが、まあ思ったほどでもなく、ゆったりと体をほぐすことができた。湯上がりはしばらく広間で体を伸ばして疲れをとった。

「ここにも藤棚が」

(この季節、最近はどこでも藤を見かけるようになった)

 帰りは少し寒かったが、バイクの温度計では21度を示していた。もう夏は目の前だ。今年はロングツーリングも考えているので、このスカイウェイブにはもっとこまめに乗ってやらなくてはいけない。


↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/05/07 10:25:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/04
カテゴリ:カメラと写真
佐賀県の銘木100選、推定樹齢140年

 佐世保の藤山神社の藤が少し時期が早かったから、ちょっと遅いかと思ったが地元の唐津城の藤の様子を見に行った。それも、5月2日から4日までの、連休真っ最中の3日間だ。

 5月2日は1人で行ったので、ポイントを見つけながらあれこれじっくり撮ったが、残念ながら空には白い雲が広がっていて、満足のいく写真は撮れなかった。城の石段の登り口に、「今年の満開日は4月29日」と書いてあったが、まだ完全に花を開いていない房もあった。

「最近やや元気がなくなった」

(10分ほど石段を登ると、藤棚が見えてくる~5月2日)

高度成長期の末期の1960年代に、歴史的には存在を示す史料がないのに観光のために建設された桃山風天守閣である。半世紀が過ぎて、ここ数年は天守閣の重量に堪えきれなくなった石垣の改修が行われていた。現在は天守閣自体の改修工事が行われていて、天守閣には入館できない。そのためか、二の丸にある藤棚を見たら上まで登らずに帰る観光客も多い。

「天守閣と藤」

(一番狙っていたのはこのアングルだったが青空がない~5月2日)

 5月3日はカメラ仲間の友人と出かけたが、これが最悪だった。石段を登り切ったとたんゴロゴロと異様な音が響いた。まさかの雷だった。それから突然の雨がしばらく続いた。

「雨にも負けずクマバチ」

(藤の匂いに引き寄せられてくるのですが人は刺さないと聞いた~5月3日)

 雨が降ってきて暗いのでISO感度を3200まで上げても、シャッター速度は1/125秒がやっとである。これではクマバチをしっかり追うこともできない。

「一番下の花も開花」

(この状態になったら、上の花からあっという間に枯れていく~5月3日)

 こんなことをして、30分ほど待ってみたが、回復する様子もない。仕方なく、城下の老舗店に立ち寄って久しぶりに懐かしいラーメンを味わって帰った。

 5月3日、バイクの修理ができたので、バイク仲間と一緒に登った。この日は何とか青空と藤が撮れそうだった。広角レンズを絞り込んでのスローシャッターにも対応できるように三脚も持参した。

「何とか青空が」

(歴史上は無かった天守閣だが、写真的には落ち着きを与えてくれる~5月4日)

 そろそろ見頃が終わりそうな見上げて花房を撮った。16mm広角レンズでパンフォーカス的に撮ろうとして絞りを22にしたら、シャッター速度は1/8秒だった(ISO200、逆光補正あり)。花房がボケているのは風で揺れているためである。

「垂れ下がる花房を」

(フラッシュを持っていかなかったために、これも失敗作となった~5月4日)

 機材を万全に準備した上で、撮影場所、撮影方法のシュミレーションを十分にしておかないと納得のいく結果は出ない。

↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/05/07 09:30:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/02
カテゴリ:最近撮った写真

浜野浦の棚田

  昨日(5月1日)、唐津市鎮西町での会議の帰り、ふと思いついて隣町の玄海町に向かった。天気は下り坂で期待はしなかったが、棚田の状況を確認しようと思ったのだ。

 この日、地元の新聞で「浜野浦の棚田」の写真が掲載された。そのこともあってか、17時過ぎにはすでに多くの観光客やアマチュアカメラマンで賑わっていた。

 多くの人が、夕陽がちゃんと棚田の向こうに落ちてくれるか、かたずを飲んで見守っているという感じだった。平日だが連休の谷間とあって観光客も多かった。


(まだ太陽は高かったが、なんとか棚田を赤く照らしてくれた~18時28分)

 陽は落ちてきたが、水平線付近には雲かもやのようなものが垂れ込めている。これではとても海に落ちる夕陽は望めない。


(このあたりまでやっと太陽が形を残してくれていた~18時44分)

 田植えが終わったばかりの田んぼもあった。まだ田植え前の田んぼにも水が張ってある。夕日に映える棚田を撮るにはとてもいい時期である。

 しかし、この時期は梅雨入り前で空気が湿っていて気象条件はよくない。晴天に恵まれ日没時に夕陽に照らされた棚田を撮るためには、数少ないチャンスに恵まれなくてはいけない。

 帰り際、「写真を撮ってもらっていいですか」と若い女性2人組から頼まれた。「どこからきたんですか」と聞いたら「神戸からです」。「わざわざこの棚田に来たの」というと、「波佐見焼を見てからここに来ました」と言った。

 帰り道、車を走らせながら、もう薄暗くなったこの田舎の町、彼女らはあのあとどこに泊まったのだろうかと考えていた。浜野浦の棚田も全国区になろうとしている。

↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/05/03 12:32:58 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/05/01

スカイウェイブ、目覚めるか

 温かくなってきた4月中旬にボディカバーを外したが、バッテリー交換作業は進まない。連休前に発注したのがまずかった。連休明けにしかまだ届かないので修理できない状態で放置している。


(バッテリーが上がるとアンダーボックスが開かない、左側がバッテリー収納部)

 開閉が電動になっているので、こんな時には大変不便だ。ハンドルの後ろのカバーを外して手動のカギで開けるしかない。


(左側に、手動で開ける鍵穴が見えている)

 バッテリーは、前回は安い海外隣国製を使ったが充電があまりうまくできなかったようだから、今回は日本製を注文している。約1万6千円。高いけど仕方ない。


(3年前に交換した海外隣国製の密閉式バッテリー)

 バッテリーを交換しても問題なく走ってくれるか不安もある。2年ほど前に前輪のフォークとドライブベルトは交換している。フォークに錆は見られず問題ないようだ。何とかよみがえって欲しい。

 去年の有田陶器市行きでは全く問題なく走ったのだから…。

↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/05/01 01:00:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/30
カテゴリ:今日の出来事

旅立ちの日

 晴天の風の穏やかなとき、タンポポの綿毛が飛んでいく様子をよく見かけます。綿毛の一つ一つは繊細で芸術品のようです。


(準備完了となった花弁)


(もう風を待つばかり、種子の部分がよく見えます)


(真上から見ると、ひとつひとつが美しい白い糸の羽根をもっています)


(この花弁からは、ほぼ半分が旅立っていきました)


(こちらはあと残り数本になっています)


↓ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/30 09:42:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/29
カテゴリ:今日の出来事

今日は昭和の日

 「雑草にも名前があるんですよ」と言われたのは昭和天皇だと思うが、今日はその昭和天皇の誕生日「昭和の日」である。最近元気をだしてきて草取りが追いつかない庭の雑草を撮ってみた。

「カタバミ」

(普段は緑色の葉を低く拡げながら勢力範囲を拡げていきます)

 カタバミは根が意外と深いのですが、1本の根で勢力をひろげますから、1本引き抜いたら結構広い範囲が片付きます。そのカタバミにも、こんな可憐な花が咲くんですね。

「タンポポ」

(花はあっという間に綿毛になって飛んでいくので繁殖力が強いのです)

 花アブがせっせと仕事をしています。受粉も順調におこなわれて、このあと種が綿毛になって飛んでいくことでしょう。

 よく見るとめしべの柱頭がたくさん見えます。この雌しべの下に花弁と雄しべがあって、受粉すると雄しべの下の子房が果実となって飛んでいくのです。

↓ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/30 04:50:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/27
カテゴリ:最近撮った写真

かつて映画にも登場

 前を走っている黄色い気動車は、松山ケンイチと瑛太の主演映画「A列車で行こう」で登場しました。ロケがあった駅はこの踏切を抜けて、川沿いに山あいを進んだところです。

「偶然見かけたので…」

(車の助手席からのワンチャンスですが、アクアの存在が強烈過ぎました)

 手前に黄色いアクアが走ってきて、先の方に青い自動車運搬車と、偶然ですが道具立ては揃いました。自分としては絵はがき的写真よりこんなスナップ写真が好きなんです。

 この先にJR筑肥線「駒鳴(こまなき)駅」という無人駅があります。この駅でロケが行われました。映画はあまりヒットしなかったが、この黄色い一両編成の気動車は可愛いですね。

↓ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。


にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/29 11:22:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/25
カテゴリ:最近撮った写真
大村市の山の手

 昨日(4月24日)、期待はずれの藤山神社のあと、少し遠かったけど大村市の松本ツツジ園に行きました。自分としてはほとんど6年ぶりぐらいです。

「松本ツツジ園」

(これからはツツジがメインですが、芝桜もまだ十分に彩りを残していました)

 ツツジはまだ今からどんどん花盛りになっていきそうです。自然の山野だったところに、芝桜とツツジの花園を造成してあります。以前来たときよりも駐車場も増えていた。

「芝桜」

(とても小さな花弁ですが、一面に咲いているととても壮観です)

平日に来たのは正解で、休日は車が多くて渋滞したでしょう。大村ICから10分ほど登ったところですが、狭い農道を数百mほど走ることになるのでそこが渋滞するのです。

「空がきれいたっだので広角レンズで」

(点景でもいいから人物が入るとツツジ園の広さが表現できます)

 メタセコイヤを植えてあります。もう少し大きくなると、いいシーンをつくってくれるでしょう。八重桜ももっと大きくなると面白いかなと思います。

「八重桜」

(ほぼ中央に一本八重桜が立っていますが、もっと増やせば面白いと思われます)

 何枚撮ってもどうしても絵はがき写真的な構図にしかなりません。ファミリーで来て「きれいな花だったね」と記念写真を撮るにはいい場所でしょう。

「一本の木」

(この構図が一番気に入ったのですが、ツツジ園の写真には見えないでしょう)

今日は空が晴れていたので、まあまあ色合い的にはいい写真が撮れたと思います。偏向フィルターも使っていますが、それほど強い効果はかけていません。

↓ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。

にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/29 11:00:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1815件 (1815件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.