1052394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

式根島倶楽部

式根島で唄う

島節、というものがあります。

それぞれの島にそれぞれの歌があって、それぞれ節回しなども違うのですが、
先日教わる機会がありましたので、ご紹介しておきます。

 基本的には宴会の席などで唄って、途中からは即興で歌詞を作っていき、周囲は「あ、ハーイイハイ」と合いの手を入れていくという形式です。
 唄えない場合は、一杯飲むというパターンです。


1 来たら語りましょう 新島の浜で
  砂の数ほど こまごまと
  
   ア ハイハイトー

2 わたしゃ新島の くさやの干物
  主に焼かれて 身を焦がす

   ア ハイハイトー

3 頼む頼むよ めかけて頼む
  万事頼みます 末永く

   ア ハイハイトー

     ああ、こう文字だけ書いても
     全然感じが出ませんね(苦笑

実際は、

 はぁああああああー
 キタラかったりまっしょい 
 にいいいじいいいいい いいいいまあののおお
  はああああああまああああああアでええええー
 すうなあのかあずほおどおおお・ー
 こおまあごおまアとー

 アァ ハーイハーット


 みたいなかんじになるんですな。


 これが式根島だと、
 
 来たら語りましょう 式根の浜で~

 くらいのアレンジになりますし、
 それぞれ違うようです。
 先日練習していたら、神津出身の方が「節回しが違ってて面白い」といったきり、ずっとクスクス笑っておりました。


 難しいです。



 おまけで、伝説の『新島エレジー』という歌を教わったので歌詞を紹介しておきます。作詞作曲は不勉強にて不明、エレジーってくらいなので、微妙な味わいの懐かしい歌です。さあ、ゆっくりと、ごいっしょに。

 はまゆう香る 新島の浜に
 淡く芽生えた 愛の花
 ひとり胸に 胸に秘め
 しあわせの日を夢に見る
 はまゆうのように 咲きにおう

 白砂光る 新島の浜に 
 ほのかに燃えた 初恋は
 ひとり胸に 胸に秘め
 しあわせの日を夢に見る
 白砂のように 清いもの

 星影一つ 新島の浜に
 波間の消えた 影一つ
 ひとり胸に 胸に秘め
 しあわせの日を夢に見る
 星影のように 遠いもの


   ・・・ちょっと暗く、エレジーって感じで唄ってください。

ちょっと暗いので、大島のアシタバ音頭をつけておきます。
 4番まであるのですが、2番までで勘弁してください。


  

 1 伊豆の大島 アシタバは アドシタ 
   明日を夢見て 生きてゆく
   今日は踏まれて 摘まれても アソレ
   青い芽を吹く 心意気 アヨイショ
   萌えて 見事な 葉が開く

 2 島の三原の 御神火(ごじんか)に
   熱く抱かれて 白く咲く
   私アシタバ 想い草 アソレ
   若い二人の恋の花 アヨイショ
   好いて好かれて 身を結ぶ

        




 補足トリビア  作詩は芳川氏、作曲は斎藤氏とおっしゃるらしいです。



   
 

式根島倶楽部バナー006ミニ



 
   


  





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.