223564 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

思考を考える(脳と思考について追求し思考実験していきます!自分で自身を癒したい方へのメッセージです)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Shinapse

お気に入りブログ

芥川賞受賞 せいた… s_wadaさん

公務員試験「数的処… 超高速解法(数的推理)さん
【子育てサポート】… メラニズムさん
「乾坤一擲」 橋 亭 … チャフィーさん
ISD個性心理學 神戸… syunmei4459さん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

バックナンバー

February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ


ここは、全てをプラス思考で考える事を肯定するページです。不快感を感じる方は通過していってください。

思考を考えるとは脳を機能させて、脳で思考するということでもあり、脳で思考するということは、本来持っている

脳のパワー及び、可能性を機能(ON)させる事でもあるのです。しかしながら、脳を知る、または脳で思考するという事は単に左脳だけで得た専門書等からの脳や身体の場所や名称、機能等を知る事とは全く異なると思うのです。
よって、知識がなくても、脳を使って考える事により、新たな知識は『知』という形で身につくのです。

本当に発想する事、左脳と右脳をバランス良く機能させることに命題を置き、閃く事で発想を思考する仕方(連想思考法)を私のプログを通して、ご紹介したいと考えております。

例えばアインシュタインの脳内で何が起こっていたのか、あるいは彼がなぜ天才といわれるのかを、本当にわかっている人が少ないように、世の中にはモノの本質を見逃すこと、わからないことが余りにも多いのです。

私にはいくつかのポリシー(信念)があります。そのなかで、代表的なものをご紹介します

1. プラス思考に勝るものはない
2. 脳は常に進化し続ける
3. 脳は歳が行くごとに賢くなる(死ぬまで常に賢くなり続ける)
4. ポジティブなワードが更なるプラス思考を生む 


このブログを通して、脳が何を考えているのか、そして考える事の喜びを再度改めて実感していただければ幸いです。また、このブログを読み続けて頂き、あなた自信の力で精神的な苦痛(実はそんなものはない)から逃れることができ、真のプラス思考になると共に、脳と身体が常に健康に保って頂きたいと考えております。

尚、私がプラス思考について以外に関するコラムの内容の思考、発想、閃く事はあくまで思考実験なので仮定の域を出ないこともご了承下さい。

最後に、私のブログを読んでいただいている奇特な皆様へ

大変恐れ入りますが、私のブログを読んでいただく前に一つお願いがあります。

せめてこの時だけでも腹式呼吸に切り換えていただきたいのです。

そしてご自分の集中力を試すくらいのつもりで読んで頂くと思考の集中力がより短期間で養われることになり、どんな集中にでも応用が利くのです。

そうしたら私が伝えたい
『より多くの方々にポジティブに考えていただき、世の中から戦争や争いをなくしたい』

いやそこまでとは言いませんが、
『どちからというとネガティブな人が増加するよりポジティブな人が1人でも増えてもらった方がいいなあ』

という懇願のメッセージでもある、私が書いた下手な文章表現がわかっていただけるかもしれないという効果もあるのです。

そして率直なご意見をコメント欄や掲示板に残していただくと幸いです。

ちなみに、私は極端なプラス思考なので、反対のご意見がおありの場合は、はっきりと残していただかないと、全て賛成か、その事以外は基本的には賛成していただけていると勝手に解釈をさせていただきます。(爆)



癒し・ヒーリング Ranking私の思考に少しでもご賛同いただけましたら、ここをプチッとお願いします。

ポイントサイトリンク集


現金自動回収機ミリオンゲッターNEO2008 現金自動回収機ミリオンゲッターNEO2008


6年間常勝!返金保証付!FX為替テクニカルシステムトレード

December 14, 2007
XML
カテゴリ:脳と身体
私は、自慢ではないが便秘という経験が殆どない。

一応快便なのだが、残念ながら決してお腹が快調(腸)というわけでもない。

どちらかといえば、いつもゆるい方(下痢気味)である。

計算した事はないが、今までの人生で一日平均√3(約1.7320508)回くらいはトイレで(大きいほうの)用を足しているのではないかと思う。
(ちなみに√ルートを使ったのは特に意味はな … [続きを読む >>]





最終更新日  June 26, 2008 12:13:13 AM



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.