566428 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

灰色の空のむこうには…

PR

Rakuten Profile


しまずんばさん

全自動ミラクルコメディアン体質なお気楽極楽のー天気な男です♪

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
  パワースポット  釣り  読書  映画  歴史  家電  焼酎  ドラマ  アニメ  幕末 

Headline News

Calendar

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

MIDNIGHT★B… 青葉 蓮さん
○●Precious… ☆.。.:*・゜shooting star゜・*:.。.☆さん
豊かさを高める成長… Miyuki♪さん
川の流れのように ゆっちだもん8327さん
掌の砂、流れる雲、… ゆっちですよさん

Comments

無くなる@ Re:ゴミ箱 国際会議がある時の公共施設のゴミ箱封鎖…
たかし17@ Re:播磨三大城に行ってきました…(04/12) はじめまして。播磨うらやましいです。
しまずんば@ Re:激しくご苦労様ですっ(03/12) <名乗らんさん> まぁ、運転するのは苦じ…
名乗らん@ 激しくご苦労様ですっ いやはや長々と運転させて面目なかった・…
しまずんば@ Re[1]:広島城に行ってきました…(02/05) <名乗らんさん> 今回はお城に行ってきた…
2007.09.05
XML
テーマ:小説日記(279)
カテゴリ:探偵百傑
「うぃ~、お疲れさん~。現場検証すすんでる
 か~?」
「あっ、刑事っ!お疲れ様です!」
「鑑識さ~ん、何かホシに繋がりそうなものは
 出てきやしたか?」
「そ、それが…、まだ物証どころか、検証も
 出来てないんです…。」
「はぁ?いったい何をやってるでい!事件が
 起きてから何時間経ってると思ってるんだ!」
「実はですね…。」
「もういい!オレが検証もやってやらぁ!いったい
 最近の鑑識さんはどうなってるんでぇ。」
「あっ、刑事。その先はちょっと…。」
「何言ってやがる!事件はこの先の部屋で起きた
 んじゃないのかい。」
「いや、しかし…。」
「しかしもかかしもあるもんかい!現場を見ない
 ことにはホシも挙げれねぇじゃねぇか!」
「でもちょっと中には…。」
「おらっ、どきやがれっ!お前らは捜査の基本は
 現場百回だと習わなかったのかい!」

「お帰りなさいませ、ご主人さま~♪」

「は?なんでい、あれは…。」
「いや実は現場のほうはあのメイドさんが占拠して
 まして、我々の入る余地がないっていうか…。」
「お前ら、何をぬるいこと言ってやがる!事件が
 起きたら場所を確保するのがオレらの仕事って
 もんだろうが!素人なんざに先を越されやがって、
 オレがナシをつけてやる。」

「おう、姉ちゃん。ここはオレら、警察のシマに
 なってるんだが、ちょっとどいてくれねぇかな。」
「申し訳ございません、ご主人様。わたくしの仕事
 が遅いばっかりにお部屋のお掃除がまだ終わってない
 のです。」
「姉ちゃん、人の話を聞いてるかい?ここは事件が
 起きた部屋だから、オレらがシキるのが筋ってもん
 だろう?部外者はあっちに行っててくれないかな。」
「重ね重ね申し訳ございません、ご主人様。わたくし
 はのろまなカメでして、もう少しでお部屋の掃除が
 終わるところなのです。ご主人様が怒ってらっしゃる
 姿を見ると…、わたくし…、なんだか泣いちゃいそう
 ですぅ……。」
「いや、姉ちゃん、何も泣き出さなくても…。あ~、
 もうどうしたらいいんだぁ!」
「もう少しでお部屋のお掃除が終わりますので、いま
 しばらくお時間をいただけませんか?」
「あ~、もうわかったわかった。好きにしろぃ!くそっ、
 誰だ、こんなやっかいな姉ちゃんを入れたのは!」
「ご主人様、お待ちいただく間先にお風呂に入って
 お待ちいただけませんか?お掃除が終わりましたら、
 後でお背中を流しに行きますので。」
「お~、背中か…、それもいいなぁ。仕方ねぇ、先に
 ひとっ風呂浴びてくらぁ。」


「……、あの鬼刑事までオトすとは、彼女は何者?」


「お待たせしました、皆様。お部屋のお掃除が終わり
 ましたので、どうぞお入り下さい。」
「やっとこれで現場検証が出来る。早いこと取りかから
 ないと刑事に何を言われるかわからないぞ。」
「お待たせしました、ご主人様。」
「そらっ、素早く検証を済ませるぞ。」
「あっ、関係者の皆様も、どうぞ警察の方々からお話が
 あると思いますので、どうぞお通り下さいませ。」
「いったいいつまで待たせるのよ、まったく。」
「申し訳ございません、お嬢様。」
「おいおい、オレらは事件に関係ないっつーの!」
「お待たせしました、お坊ちゃま。」
「いったい、昨今の警察機構はどうなってるんだ!」
「お待ち下さい、下手人様。お部屋にこのボタンが落ちて
 いましたが、このボタンはあなた様のものですね?」
「は?失敬な!何を言ってるんだ!」
「隠してもわたくしにはわかります。そのブラウスの
 右腕のボタン。これがお部屋に落ちていましたわ。
 これは下手人様のものですね?」
「あっ…、いやこれは…。そう、前からなくなって
 いたんだ!」
「それは警察の皆様がお調べになったらわかること
 ですから、下手人様。わたくしはお風呂に行かれた
 ご主人様のお背中を流しに行かないといけないので
 これ以上は申し上げませんが。あ~、わたしは本当に
 のろまなカメですから、早くご主人様のところに
 行かないとお仕置きされてしまいますわ。後はよろしく
 お願いいたします。あ~、忙しいですわぁ~。」


後ほど、警察がボタンを調べたところメイドが指摘した
人物のものと確認、急ぎ事情聴取を行ったところ、その
人物は犯行を認めるに至った。メイドの名前は明度院
慈耶帆、本職はメイドさんながらも事件が起これば
現場に赴き、鑑識よりも正確に現場の状況を見極め、
些細な違和感も寸分違わず見つける探偵である。彼女の
現場検証能力は他の追随を許すものはないが、現場を
元通りに戻す途上に証拠を見つけるため現場の保持が
難しく、鑑識泣かせな探偵である。この後も事件の現場
にたびたび彼女が訪れることによって鑑識は検証を行おう
とすると「泣き」という必殺技を使うことで誰も近づけ
させず、数々の証拠を見つけることで事件の解決へと
繋がることになる。いつしか彼女の見つけた証拠は、
「冥土(メイド)の土産」と呼ばれるようになり、彼女
の仕事ぶりとは逆に彼女の手がけた事件はスピード解決
することとなる。



(参考資料)探偵百傑






Last updated  2007.09.08 23:44:24
コメント(0) | コメントを書く
[探偵百傑] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.