180627 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

さすらいのダイバー しもちゃん旅行記

台風直撃!  沖縄本島編

 台風直撃! 沖縄本島編

 期間:5月12日(土)~5月13日(日)          壺屋 焼き物の神様

 渡嘉敷島から船で避難?してきた私は、那覇のビジネスホテルにやってきた。
 一緒に潜った沖縄通のMさんが、何も解らない私に紹介してくれたのである
 Mさんも同じホテルに泊まっていて、「一緒に飲みに行きましょ」ということで外に出る。
 私が、明日の飛行機で帰る前に、牧志公設市場でおみやげを買うことを話すと、
 「明日13日は、日曜日で市場は休みだよ。」との事で、公設市場に行くことになった。
 
 インターネットうるま 牧志第一公設市場(前編)
  (後編)

 牧志公設市場は、その名の通り1階は市場になっていて、新鮮な肉や魚のほかに
 島らっきょう、海ぶどう、さとうきびジュースなど沖縄ならではの食材が売られている。 
 (私の大好き~な、みき(お米で作られた飲み物)やマンゴジュースも売られている。)
 2階はいくつかの食堂が集まっていて、手軽に沖縄料理を味わうことができるので便利。
 まずは昨日、下見をしておいたお店でおみやげを買いまくり~。
 
 その後、Mさんがアバサー(ハリセンボン)を一匹買ったので、料理してもらうため、
 市場のねぇねぇに連れられて2階に上がってきた。
 私の「イラブー汁(ウミヘビ汁)が食べたーい」の一言でお店が決定。でも混んでる~。
 相席はあたりまえーの沖縄なので、空いてるところに相席をお願いする。
 その席の方は群馬県から来た夫婦2組で、本島を観光して明日の飛行機で帰るそう。
 私たちも自己紹介して、渡嘉敷島の出来事などをお話しながら宴会に混ぜてもらった。
 
 オリオンビールと泡盛で盛り上がってる間に、お待ちかねのイラブー汁がやってきた。
 すまし汁の中には、ウミヘビの薫製がごろごろ入ってる~。
 もちろん、注文したのは悪食の私だけ。周りはちょっと退いてたかな?
 汁はめちゃおいしいけど、身の方は骨っぽく味も抜けてるので食べない方がよいかもね。

 そのうち、Mさんが買ったアバサーがから揚げとなって、お皿に超山盛りで出てきた。
 相席の人はすでにアバサーから揚げを食べていたので、私たちだけで食べはじめたが
 とても2人で食べきれる量じゃない。余ったのは、もちろん私が全部お持ち帰り~。

 おなかもいっぱい、いい感じで酔っぱらった私はホテルに帰るつもりだったが
 Mさんが「沖縄に来ると必ず行く所がある。」というので、同行させてもらった。
 どこに連れ行かれるかと思えば、それは「ジャッキーステーキ」というステーキ屋。
 ここはステーキ屋の老舗で建物も木造でかなり古く、なんとも言えない味がある。
 (この後の6月に、新しい店に移転しちゃいましたが。)
 
 「おいおい、まだ食べるんかい?」とツッコミを入れそうになったが、できるはずもない。
 一番小さいものを注文したが、かなりの厚さの肉が出てきた。しかも安くておいしい。
 なんとか完食した私はホテルに帰ったけど、Mさんはさらに夜の街に消えていきました。

 次の日、ホテルをチェックアウトして(たいてい荷物は預かってくれるので身軽~♪)
 国際通りを探検することに。飛行機が15時発なので、あまり観光できないと思い、
 それなら、国際通りを重点的に攻める作戦を立てたのである。
 しかし、資金が足りないなぁ~と思い郵便局を探していたら、国際通りのど真ん中に発見。
 そこは、1Fは郵便局・泡盛販売・三線屋、2Fは民謡居酒屋になっていた。
 
 インターネットうるま 地酒横町


 郵便局でお金を下ろして出ようとすると、「三線、無料で体験できます。」の看板が。
 入ると、いかにも沖縄の人って感じの人が「簡単だよ~。」と丁寧に教えてくれた。
 今まで楽器関係はすべて挫折しているこの私でも、ドレミが簡単に弾く事ができたので
 買おうか悩んでいると、店員(実は所長さん。)が詳しく三線について話してくれたが、
 「次に来たときは、たぶん買いますよ。」と言って所長さんに別れを告げた。
 
 おとついも行った花笠食堂で昼飯を食べてぶらぶら歩いていると、やちむん通りに出た。
 やちむんとは「焼物」のことで、この通りのある壺屋地区は焼物で有名らしい。
 活気のある商店街も良いが、石畳の道を歩くと、しっとりと心が落ち着いてくる。
 この中で「壺屋焼物博物館」というのを見つけたので入ってみた。
 ここでは沖縄の焼物の歴史が、わかりやすく学ぶことが出来るのでおすすめです。
 今回、沖縄に来るために食べ物関係の情報しか集めなかった私にとっては、
 とっても勉強になりました。ハイ・・・。 
 
 インターネットうるま やちむん通り
 

 最後の目的はやっぱり食べ物。(これで食いしん坊と思わないでぇ~。(*^.^*)  )
 沖縄のお菓子では「ちんすこう」が有名だけど、他にもおいしいお菓子がいっぱい。
 私が気になったのは「タンナファクルー」
 その直営店が国際通り近くの沖映通りにあるらしいので、行ってみた。
 
 インターネットうるま うちなーぐわーし(前編)
  丸玉のタンナファクルー

 直営店だから大きいお店だろうと思い、探して歩きまわったが見つからない。
 歩いている女性に尋ねたら大阪の人だったので、下手なナンパになっちゃうし~(ーー;)
 諦めかけたその時、見つけたお店はなんと、ビルの階段下の狭いスペースにあった。
 さっそく買って食べてみると、予想通りおいしぃ~。例えるなら「甘い味噌パン」
 気に入ったので、さらに大量購入。空港でも買えるけど、直営店で買うのがおすすめ。

 台風のおかげで、ダイビングよりも街歩きがメインになってしまったけど、それは
 それで良かったかなぁ~と。なにより沖縄が大好きになったのが、自分にとっての
 一番のおみやげになっちゃいました。(^-^)/

 
 ←渡嘉敷島編へ戻る





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.